FC2ブログ

悲劇の美談として語り継がれる会津戦争の白虎隊

「白虎隊の7名が飯森山で自害を決行し、6名が死亡したという。敵に捕まり生き恥を晒すよりは、武士の本分を明らかにするために自刃を決行したとされる。白虎隊は、薩長土佐藩中心の新政府軍と徳川幕府軍との戊辰戦争の中で、会津戦争で起こった悲劇の美談として伝わっている。そこには隠された真実があると感じる。」

ウィキペディアによると、会津若松市は、福島県の会津地方東部に位置する市で、会津地方の中心都市です。江戸時代には会津藩の城下町として盛え、現在でも鶴ヶ城や白虎隊など、歴史上の事物が観光資源として有名です。会津盆地の南には会津高原と呼ばれる山間地が広がっており、尾瀬などの観光地が点在しています。

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 白虎隊 会津戦争 戊辰戦争 悲劇 美談 会津藩 飯盛山 新政府軍

福島県会津の地を覆う真実を隠蔽する大きな闇

「会津若松が気になっていた。大地震に襲われた福島県には何か大きな闇が覆っていると感じる。過去のワークで、会津仏教文化発祥の地・慧日寺の僧徳一、明智光秀とされる天海上人、鶴ヶ城を作ったキリシタン大名・蒲生氏郷に光を降ろしていた。松果体収穫の真実を嘘で隠蔽した大きな闇が存在する。」

最近、福島県会津若松市が気になっていました。過去のワークから会津若松市は、幾つものエネルギーライン(レイライン)が交わる重要な場所であることが分かっています。大事な光の土地である故に大きな闇で覆われて来たことも理解できます。日本を暗闇にするため会津若松のような光の地を封印する必要があったのです。

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : スピリチュアルライフ 福島 会津 真実 隠蔽 天海上人 明智光秀 蒲生氏郷

アルタイルから来た大きな鳥の姿をした闇の存在の統合

「元からバラバラだ。遊牧民族。名前は付けて欲しくない。アルタイルから地球に来た。地球で一番古い。遊んで来いと言われた。みんなデカいから。デカくなり過ぎちゃった。だからデカい所にいるんだ。あいつがいるな、こいつがいるなって分かる。みんな我が儘。欲張りで傲慢。インドまで逃げる。インドが隠れ家だから。」

クライアントの紗栄子さんのヒプノセラピーは続きます。紗栄子さんを通じて、背後にいる闇の存在に対して質問していきました。闇の仕事は何人かの集団でやって来たのか、それとも1人でやって来たのかを問うと「元からバラバラだ。遊牧民族」と伝えて来ました。闇の存在は、単独で仕事をして来たようでした。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ アルタイル インド 宇宙人 七夕 牽牛星 金鵄

地下の掃除が終わっていない

「喋るな。後戻り出来なくなる。そんなことはどうでもいい。森喜朗にでも聞け。終わりは来ない。地下の掃除が終わっていない。地下に潜ることが好き。お前たちが、地上をきれいにしても、地下に潜っている。ドカンとやらないと。奥さん使ってやってくれ。重くて大きな闇のエネルギー体は、日本の地下に潜っているようです。」

クライアントの紗栄子さんは、地元の土地の闇の解除・統合を目的とするワークは終了している感じだけれど、母親が急に燃え尽き症候群のようになったと話しました。仕事を終えた後などに「何故か疲れた」と言うようになったといいます。母親の異変はサインであり、簡易ヒプノセラピーで闇の存在を探っていきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 地下 東京 松果体 利権 地下壕 日本軍 医療施設

久留米を起源とする世界的なプラセンタ製剤会社の日本生物製剤

「プラセンタ製剤の世界的企業の日本生物製剤は、稗田憲太郎が興した久留米組織再生研究所を起源とする。松利権を有する久留米藩有馬氏との地縁で繋がる。稗田憲太郎は、ジョンズ・ホプキンズ大学に留学し、満州医科大学教授、中国医学院院長を歴任し、松利権の本家・ロスチャイルドの仕事をしていた。」

プラセンタ - Wikipedia》には、胎盤のプラセンタを使った医薬品メーカーの具体名が記述されています。「日本では、京大医学部の三林隆吉が、1943年に国家命令で高度栄養剤を開発し、1945年にはこのヒト胎盤を使った栄養剤について海軍が武田薬品工業に製造を依頼したところで終戦が訪れ製造中止した。」

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ プラセンタ 胎盤 久留米市 日本生物製剤 稗田憲太郎 韓国 松果体 アドレノクロム

日本の子宮である琵琶湖を封印する松果体収穫の闇

「白髭神社、陸上自衛隊今津駐屯地、滋賀県立琵琶湖こどもの国に光を降ろすワークを行った。いずれも松果体収穫によって琵琶湖を封印する役割をしていると感じた。琵琶湖は日本の子宮であり、重要な水という光の場所。日本を封印するために、子宮を闇にする松果体収穫の闇が歴史的に引継がれて来たことが分かる。」

白鬚神社 - Wikipedia》によると、白髭神社は、滋賀県高島市鵜川にある神社で、祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと:猿田彦大神)とされます。別称は「白鬚大明神」「比良明神」で、神紋は「左三ツ巴」です。全国にある白鬚神社の総本社とされ、沖島を背景として琵琶湖畔に鳥居を浮かべることから、「近江の厳島」とも称されます。

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 子宮 琵琶湖 封印 松果体 白髭神社 こどもの国 自衛隊 駐屯地

加賀藩の松利権を象徴する胎盤の漢方薬・混元丹

「加賀藩では胎盤を用いた漢方薬である混元丹を製造販売していた。越中富山の薬売りの呼び名から、富山は薬都でもあり、加賀藩は松と薬の利権を有していた。それ故、加賀百万石と呼ばれる豊かな財政基盤だった。飛び地の領地だった今津町は、琵琶湖の竹生島の港があり、竹生島で松果体収穫を行っていたと推察できる。」

プラセンタ - Wikipedia》には、胎盤の経口摂取の日本の歴史が書かれています。「漢方薬としては、前田綱紀は1670年(寛文10年)に、加賀の三味薬(万病円、紫雪、鳥犀円)の調剤販売を、中屋、福久屋、宮竹屋に許可したが、この中屋の初代の彦左衛門が混元丹を作り明治に入っても人気は衰えなかったが、混元とは胎盤のことである。」

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 加賀藩 利権 松果体 胎盤 プラセンタ 混元丹 竹生島

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間のセラピスト活動を行って来た葉山を卒業し、自然豊かな北の大地で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード