fc2ブログ

闇を光にしないといけない

「魂は青い火の球。黒い陰がある。頭の上から黒いローブを被ったタロットカードの絵のような人。ローブが取れて、白い長いウェーブの髪が見える。私はお前に怒っている。いいかげんにしろよ。お前がふがいない。闇を光にしないといけない。お前がふがいないから。弱いから、流されているから。」

クライアントの夏代さんは、ヒプノセラピーの魂の統合コースを受講しようと思った動機がありました。事前カウンセリングの中で、自分の中の邪悪なもの、認めたくないものを丸ごと統合して、受入れたいと話しました。20年間程、スピリチュアルな事が好きで、探求して来ました。最近、自分の冷徹さに気づいたと伝えて来ました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ光の仕事統合幼少期宝石

川と山の龍と一緒に安曇野から光と愛を広げる

「龍のイメージと共に日本の脊髄の言葉が浮かんだのは、大事な龍がいるから。山にもいる。川にもいる。川の龍は一緒にやっている。山の龍はまだ。山の龍は奥穂高岳に封じられている。黒い石板がある。それはワニの宇宙人だった。ワニが解除・統合され、龍が自由になるよう光を降ろすと銀龍が解放された。」

クライアントの啓介さんの魂との対話のヒプノセラピーを続けていきました。啓介さんはライターや出版を含む本の仕事をしていました。本の仕事について魂が望むことは何かを問うと「全てを愛に変える」と答えて来ました。そのためには何をしたら良いのかを質問すると「今まで通り」と返って来ました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ安曇野アンドロメダワニ宇宙人遮光器土偶穂高岳封印

ワニの宇宙人と配下のグレイが魂の光を封印していた

「魂は全体が円柱の中にある。グレイみたいな宇宙人がいる。シリウスから来た。搾取の闇の仕事をしていた。刈り取っている。稲を刈り取っている。人間の命と魂を奪う。人間を集めて稲を刈り取る。対象は奴隷や労働者。一方的に敵対している。光を吸い寄せている。ワニの命令で地球に来た。」

クライアントの啓介さんは、長野県に居住していて、北アルプスの山々を観ていた時に、龍のイメージと共に「日本の脊髄」の言葉が浮かんで来たと話しました。また、「自分を思い出せ」というメッセージが伝わって来たといいます。自分の今後の方向性を知り、内外からのイメージをより感じられるようにしたいということでヒプノセラピーを受講しました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフグレイ宇宙人ワニシリウスプレアデス過去世魂の光封印

人の闇の解除と連動していた浅間山の解放ワーク

「兄には凄く肥ったワニの宇宙人がいて、姉には浅間山を覆っていたワニの宇宙人がいたが、統合された。浅間山の火口周辺の3つの寺社に光を降ろした。黄色の鳳凰や黒い鬼が出てきた。浅間山火口に光を降ろすと下の方に入って行った。マグマの血液が沸騰していた。マグマは兄と関わっていた。」

クライアントの由美さんは、自分の中から喜びが出て来ないと話しました。浅間山や秩父の地が完全に開いていないと思いました。由美さんは、自分を含めた姉、兄、妹の4人兄弟が浅間山の解放に関係していると感じていました。自分で光を降ろすワークを行い、妻に先立たれた兄が一番気になっていました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ浅間山松取りマグマ血液封印ワニ宇宙人統合

スピリチュアルの源流・神智学の霊的指導者クートフーミが光に還る

「私たちは還りたくない。ミッションが大きいから。普通と違って大きい。ミッションは言えない。私は還りたくない。還れない。闇を広げる時、ミッションの中で選ばれし者としている。そのためには、光が強い彼の中から勢力図を変えていくこと。光を塗り替える。レプタリアンとドラコニアンの闇の本拠地。」

クライアントの雅雄さんを支配しているワニの宇宙人が光に還ることで良いのかを問うと「いい」と返って来ました。ワニの宇宙人が光に還るよう意図して光を降ろすと「凄く大人しくなった感じ。少し目が覚めてきた」と雅雄さんは答えて来ました。しかし、まだ、ワニの宇宙人がいる感じがしました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフスピリチュアル神智学クートフーミ霊的指導者宣教師レプタリアンドラコニアン

自分を明け渡して支配される闇の経験

「目に見えない存在からのメッセージをそのまま受入れることは、真実という光に対して盲目になること。チャネリングメッセージには嘘が混じっている。自分を明け渡さない。内容が真実か嘘かを選り分けることが大事。自分の感覚で真偽を見極めて真実を選ぶことが光を選択することに繋がる。」

クライアントの雅雄さんは、3年前から精神的に不調になり、病院で統合失調症の診断を受け、薬の服用を続けていました。しかし、薬の効果も見えずに毎日、起きているのが精一杯な状況でした。不調になった3年前の初期には、幻聴が聞こえる症状があり、それと対峙して来たといいます。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ憑依支配明け渡すチャネリングワニの宇宙人統合自動書記

過去世で村山修験の修験者として浅間山を封印していた

「光に還りたいのは、村山修験の人。山のてっぺんで1人コツコツと封じていた。浅間山山頂の岩に楔を打っている。純粋に頑張っている。使命を果たす強い意志を感じる。過去世で純粋な闇の修験者だった。姉には過去世で松取りの修験者がいた。浅間山の座禅窟に光を降ろすと他の魂と一緒に上っていった。」

クライアントの由美さんは、前回のセッションですっきりしたけど、まだ自分の中の喜びが出てこないと話しました。瞬間の喜びが出てくると自営業の仕事も順調に進むといいます。「喜び」について内観すると「噴火」に関係している感じと伝えて来ました。簡易ヒプノセラピーで由美さんの統合すべき闇を探求することにしました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ修験道浅間山富士山村山修験過去世封印村山浅間神社噴火

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ