fc2ブログ

過去世で空海と一緒に居て歓楽街を封印していた

「空海と縁ある過去世で一緒にいた。封印して歩いていた。歓楽街を封じていた。術を使っていた。半分は命じられて、半分は自主的に任されていた。担当を伸ばせば全国を封じていたことになる。空海が日本各地の温泉を掘ったのは、人を集めて闇にするためだった。酒や女性で温泉街が歓楽街となり、松取りのエゴの闇に繋がる。」

光の講座の参加者の幸雄さんの母親は、長い間、精神を病んでおり、何か闇の影響を受けていると感じました。ヒプノセラピーの中で、母親の闇の存在は光に還ることで良いのかを問うと「還りたい」と答えてきました。幸雄さんの母親の闇を意図して光を降ろすと「母じゃない。祖母だな」と伝えてきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフクリシュナ聖地空海弘法大師封印歓楽街温泉エゴ

インドの聖地であるクリシュナの生誕地を訪れた意味

「何でイライラするのかは、そこに答えがあるから。母との分離のエネルギーを解除していく必要がある。心を閉ざしていり、冷めた目で見ている。あいつ、こいつ、と言って分けていた。見下していた。正しさを確かめようとしてしまう。イライラしているのは宇宙の私。管理していた。チームを束ねていた。作戦を立てていた。」

光の講座の参加者・幸雄さんは、インドの聖地・ヴリンダーヴァン滞在中に講座を受講しました。ヴリンダーヴァンは、インド北部にある都市で、ヒンズー教の神・クリシュナの生誕地とされる場所です。神々の解放を実践したいという望みを持つ幸雄さんは、過去世でクリシュナやヒンズー教に縁が深いと感じ、簡易ヒプノセラピーで探っていきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフインド聖地ヒンズー教クリシュナ支配分離統合

光と闇の分離が戦いとなり怨念の渦の暗闇につながる

「光と闇を分離するエネルギー体は、アンドロメダの存在だった。分離の仕事は誰かの命令ではなく、自分たちでやった。地球を乗っ取るためにやった。地球を支配して私たち人間を奴隷にする計画だった。アンドロメダの存在は、今の地球が闇から光へ変わる時にきていると分かっていた。光に還ることに同意して光に還っていった。」

輝く地球・光の講座の参加者の仁美さんは、2週間前にヒプノセラピーを受講しました。その際、家の外から聞こえる金属音が怖くて、心臓に突き刺さるような恐怖を持っていると話しました。セッションの終わりの方で「星の爆発に関係している」と私が直感して、仁美さんに伝えていました。仁美さんは、自分で内観して過去世のワークを行っていました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ分離アンドロメダプロキオン過去世怨念統合

「輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)」開催のご案内

自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座」のご案内と「輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ 

2022年4月5日(火)、「輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)」を開催いたします。スカイプを利用した、遠隔での光の講座の開催となります。闇から光に大きく変化している地球と共に、より良い地球にしようとする光の仲間が集うくことを願っています。

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ輝く地球光の講座レベル2スカイプ覚醒封印解除光を広げる目覚める

ウクライナの地下は魔物の巣窟

「人間を狙う。欲深い弱いヤツを仲間に入れる。腸を食べさせる。人間の腸を食べると仲間になる。そうすると人間を超える力を持つ。常に人だけど、1回食べたら麻薬のようになる。だからウクライナ。バフォメットの家来が還る。相当数いる。ウクライナと東京以外の所のバフォメットの家来が還る。東京の地下は最後の砦。」

クライアントの紗栄子さんは、20年以上の間、手紙のやり取りをしてきた友人の気になることが、ヒプノセラピーで聞きたい事でした。最近になって、その友人は、会いたいとしきりに要請してきました。紗栄子さんは、その気になれないので、過去世の闇に関係していると思い、自分なりに光を降ろすワークを行っていたといいます。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフウクライナ地下バフォメット悪魔崇拝魔物魔王尊金星食人

悪魔崇拝の根源となるバフォメットの闇のエネルギー体の統合

「引き返せない。自分は突き進んできた。地球は青くてきれい。地球にずっと住んでいる。数百年~千年とか。鉱山。石を掘る。地下で掘るやつを使っていた。地下で掘っている。鹿の頭の人を使っている。地球で生まれて地球が母体。人の恨みやエゴ、怨念で作られた。人間の欲望に忠実にやってきた。知恵を授けてきた。知恵も場所も与えた。」

クライアントの紗栄子さんは、左肩の痛みと手紙をやりとりしている知人のことの相談で、遠隔セッションを申込ました。しかし、申し込んですぐに胃の痛みに襲われて寝込んだ状態となり、2日先に延期することになりました。体の痛みや不調は、光との統合を望む闇の存在からのサインです。簡易ヒプノセラピーで紗栄子さんの中の闇を探っていくことにしました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ悪魔崇拝地下バフォメットサタンウクライナ食人統合エゴ

闇を光に変える時が来ている

「父親のところにいたのは、源の闇だった。警察を介して連絡をさせようとしてきた父親には、大きな闇が憑いていた。闇で支配して光を封じることを意味していた。魂からメッセージを与えてもらうと、"これからは、あなた方の時代。闇を光に変える時です。使命を全うできるよう心から望んでいます。ありがとう"と伝えられた。」

ヒプノセラピーの中でクライントの仁美さんは「苦しい」と伝えてきました。「苦しい」と言ったのは誰なのかを問うと「助けてくれ」と返ってきました。何があったのかを質問すると「殺された」と答えてきました。誰に殺されたのかを聞くと「分からない。身内に殺された」と仁美さんは涙しながら言いました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ過去世支配封印統合闇の帝王

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ