fc2ブログ

天皇の生贄にされた子供たちの魂が光に還る

「スカイプの音声が途切れたのは、働き掛けている存在がいるから。助けて欲しいと伝えてきた。津島神社の稚児行列の子供たち。生贄にされた子供たち。社務所があって今も残っている。箱の中で団子状態で敷き詰められていた。4歳から5歳くらい。生贄として天皇に献上された。天皇は子供が一番好き。光を降ろすと明るくなった。」

ヒプノセラピーの中で、希美さんが気配を感じた鶴岡八幡宮の政子石には、宇宙人がいて「お金を欲しがる人の欲を集めていた」「自分のエネルギーにするため」と伝えられました。宇宙人はどこから来たのかを問うと「プレアデス」と返ってきました。プレアデスの宇宙人はどんな姿なのかを質問すると「頭が丸くてひょろっとしている」と答えてきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ生贄子供天皇津島神社封印宇宙人稚児行列

12/17(土)新・お話会(スカイプ)開催のご案内

「目に見えない宇宙人と共に地球を闇から光に変える ~自分が変わることから始まる~」についての新・お話会(スカイプ)の参加者募集のお知らせ

2022年12月17日(土)、「新・お話会(スカイプ)」を開催します。今回は、「目に見えない宇宙人と共に地球を闇から光に変える ~自分が変わることから始まる~」についてお話いたします。地球が闇から光への変化の段階を迎えています。光の地球に変えるためには、日本の役割を持つ人たちが闇から光に変わる必要がります。

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフお話会スカイプゴム人間替え玉真実気づく目覚める

弁財天として日本に裏インドの闇を広げた

「鎌倉・江の島を訪れた時に足首に異変を感じたのは、過去世で弁財天と深くかかわっていたから。音を使って人を集めていた。琵琶は誰もがうっとりする音が出せる。この人にくっついて琵琶を奏でていた。人寄せのため。ニビルから来た。インドの裏の組織に言われた。裏インド。日本に広めた。人集めは子供に限らず色々使える。」

光の講座の受講者の希美さんは、鎌倉・江の島に旅した時に足首に異変を感じました。鎌倉の鶴岡八幡宮に参拝した際、旗上弁財天社の社殿裏にある「政子石」に誰かがいる気配を感じたといいます。また、蒲鉾屋に立寄った時に店員から不快に感じる振舞をされたと話しました。いずれも希美さんの中の闇と関係すると感じて簡易ヒプノセラピーで探っていきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ弁財天インド裏組織子供サラスヴァティーニビル宇宙人琵琶

神戸や明石の海上の船で松取りをしていた夫の過去世

「本当は夫本人に気づいて欲しかった。カーリーと夫は海の関係。何かを運んでいる感じ。死体もそうで、松を取っている。船の中で松取りをしている。そんな昔じゃない。船の大きさは分からない。暗闇の中でやっている。神戸、明石の辺りの海。指示して自分もやっていた。海の他に山でもやっている。騙すのが上手い。」

ヒプノセラピーの中で、美恵子さんはスカイプの画面が映らないのは、「カーリーが邪魔をしている」と伝えてきました。邪魔しているカーリーは美恵子さんの夫と関係するのかを問うと「関係あります」と返ってきました。夫の中のカーリーなのかを質問すると「そうです」と答えてきました。どうして夫の中のカーリーがいるのかを聞きました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフカーリー過去世松果体神戸明石子供統合

アークの下で闇の仕事をしていたグレイの姿の宇宙人の統合

「サインを送っているのは宇宙人。人を操っていた。グレイに近い。手が長くて頭が大きい。中学生くらいの背丈の人。ベガから来た。人を操るのは遠隔で賄いきれなかったら入る。仲間もいる。闇にするために操っていた。アークの下で仕事をしていたが、もうやめたい。もっと土地とか、いろいろな場所を闇にする必要があった。」

輝く地球・光の講座(L3)の受講者の美恵子さんは、講座開始からスカイプ画面に本人の顔が映らない状態でした。過去のセッションや光の講座の中でも美恵子さんのスカイプの画面が映らない事象が起きており、闇の存在からのサインだと分かっていました。美恵子さんの統合すべき闇を探るために簡易ヒプノセラピーで探っていきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフアークベガグレイ宇宙人統合闇の仕事スターバックスカーリー

炎の中で天に叫ぶお金に術を掛けたシリウスの術師

「光に還りたい人は奥の方にいる。真っ黒。両手をあげている。天に向かって叫んでいる。苦しい。炎の中にいる。悪い事をして燃やされた。燃やされている感じ。奪うというより、お金を与えていた。火の中の人はシリウスの人。炎の中の術師。杖を持ったシリウスのお爺さん。火の中に自分を置いている。お金の価値観。疑似体験をしている。」

クライアントの美代子さんは、セッションを受講するきっかけは、「シリウス」のワードでネット検索して伴侶のブログに行き着いたことでした。「シリウスの時の自分がどうだったのか」を知りたいということでした。簡易ヒプノセラピーの前のカウンセリングでは、「何か真実を捻じ曲げられたことに対しての怒りがある」と話してきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフシリウス術師お金目玉支配地球暗闇統合

「12/15輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」開催のご案内

自分が目覚めて輝き、地球が輝くためのサポートする「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ

2022年12月15日(木)、「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」を開催します。現実世界をより良くするために、まずは自分が変わることが重要です。自分が変わって自分が出来ることを行動に移すことで周りが変わります。そのためには祈りを通じてエネルギーを変えていくことです。祈ることで闇を光に統合していくことが現実世界を変えることになります。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ輝く地球光の講座スカイプ地球ヒーリングエネルギー統合光の時代

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ