fc2ブログ

ドルイドの老婆の過去世で若い女性を生贄にしていた

「ドルイドで喉を切り裂く生贄をしていた。みんなが怖れていた存在。犠牲になるのは若い女性。村の偉い人が指名する。きれいで若い女性。自分の中にやる方もやられる方もいる。やる方は80歳くらいの女性。表に出て来ないが力がある。生贄の時に酒と麻薬を使っていた。凄く意地悪そうなお婆さん。若い女性への嫉妬がある。」

瑠美さんは体の不調として腰痛がありました。腰痛は闇からのサインだと感じました。ヒプノセラピーの中で、腰痛のサインを送っているのは誰なのかを問うと「武士の人」と返ってきました。瑠美さんの過去世なのかを質問すると「過去世」と答えてきました。過去世の武士は何をしていたのかを聞くと「指示をする立場の人」と言いました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ源氏武士ドルイド生贄女性魔法貴船神社巫女

「キリストのお母様をやってくれ」と伝えてきた要介護の母親

「"キリストのお母様をやってくれ"と母親が言ってきたのは過去世のシスターのことだった。教会で話しているシスター。マリア様の後ろで演じていた。母親の中に過去世のシスターがいる。16世紀のフランス。子供を集めていた。女性や子供向けの話をしている。お菓子をあげて集めていた。集めて誰かに連れていかれた。」

光の講座の受講者・瑠美さんは、父親と2人で高齢者の母親の介護を行っていました。ベッドで寝ている母親が時々、奇妙な言葉を話すことに気づいていました。「私の中に仏様が3人いる」「キリストのお母様をやってくれ」と話していたのを覚えていました。母親の話はメッセージだと感じて、簡易ヒプノセラピーで探っていきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ仏様先祖八咫烏統合子供キリスト教マリア

「8/8輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」開催のご案内

自分が目覚めて輝き、光輝く地球をサポートするための「輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ 

2023年8月8日(火)、「輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」を開催します。輝く地球・光の講座を終了した方を対象としたスカイプ講座です。千葉県や北海道で起きた猟奇殺人的な事件が報道されています。生贄・悪魔崇拝・松取りの隠された闇の真実が表に出る時に来ています。祈りを通じて光を降ろすことで分離されて闇を光に統合することが重要です。エネルギーの世界の変化は現実世界の変化に繋がります。

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ輝く地球光の講座スカイプフォローアップ祈り光を降ろす統合覚醒

生贄のシステムをつくっていたアヌンナキ

「自分の中にアヌンナキがいる。アヌンナキは生贄のシステムづくりをしていた。生贄のシステムは大衆を支配するための仕組。気になっていた整体の先生が過去世で生贄になった。自分が先生の過去世の男の子を生贄にした。誇らしげにしているは誇らしげにしている。生贄になった先生の過去世の男の子は恨んでいる。」

良美さんはヒプノセラピーで過去世の人魚について話しました。人魚は不自由だったのかを問うと「閉じ込められている。絶望感」と答えてきました。場所はどこなのかを質問すると「北欧」と返ってきました。光に還ることで良いのかを聞くと「はい」と言いました。人魚が還るよう光を降ろすと「絶望感が薄らいでニッコリした」と伝えてきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフアヌンナキ生贄悪魔崇拝岡山桃太郎古墳支配統合

「8/18輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」開催のご案内

自分が目覚めて輝き、地球が輝くためのサポートする「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ

2023年8月18日(金)、「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」を開催します。現実世界をより良くするために、まずは自分のエネルギーを変えることが重要です。自分と家系の中の闇を光に統合することです。祈りを通じて闇を光に統合してエネルギーを変えていきます。純粋に祈ることで光を降ろしていくことが、自分と自分の周りの現実世界を変えることに繋がります。

more...

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ輝く地球光の講座スカイプ地球ヒーリングエネルギー統合光の時代

琵琶湖への水の道が封じられた人魚

「喉の左の腫れのサインは人魚みたい。水を操っていたが水を闇にされた。埋立てられた。土地にいる存在。川があって流れを変えられた。川特有のエネルギーがない。水のエネルギーをいじったから。家を建てるな。人魚であり龍でもある。琵琶湖まで行けない。光を降ろして欲しい。光を降ろすと、琵琶湖の方に流れていった。泳いで行った。」

光の講座の参加者の美佐子さんは、5月後半から喉の左側が腫れる症状が出ており、体調不良が続いていました。美佐子さんは電磁波過敏症でもあり、以前に経験した電磁波による不調かなとも思っていたといいます。体の不調は闇からのサインであり、闇を光に統合することが重要です。喉の不調の原因の闇を簡易ヒプノセラピーで探っていきました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ琵琶湖人魚水の道エネルギーアヌンナキ過去世

光を忘れるためのエゴの役割の重たいアヌンナキ

「アヌンナキは、部門の配置をする。キリスト教の部門。形は何にでもなれる。重い。軽くなりたい。利用した。軽くなりたいという願望を利用した。地球を闇にするための材料。エネルギー。重たいエネルギーは使える・・エゴ。エゴを知りたかった。ああなりたいというのがエゴ。エゴを表現する。重くならないといけない。光を忘れる。」

6月の光の講座(フォローアップ)は参加者の方々の重たい闇のアヌンナキの解除・統合がテーマになりました。4名の参加者の方々に対して、簡易ヒプノセラピーを行って、アヌンナキの闇のエネルギー体に光を降ろしました。最初は参加者の藍子さんでした。藍子さんは、腰痛と首痛の不調が出ていて、闇からのサインだと感じていました。

more...

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフアヌンナキ地底キリスト教エゴ重たいエネルギー統合プレアデス

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ