FC2ブログ

聖地チベットの旅 詳細リポート(3) ~観音菩薩が降り立った丘に聳える垂直のベルサイユ・ポタラ宮~

観音菩薩の転生とされる歴代ダライ・ラマ法王の居城・ポタラ宮と自然豊かな公園の中にあるダライ・ラマ法王の夏の離宮・ノルブリンカ

第3日目 2011年11月13日(日)チベット自治区・ラサ ポタラ宮、ノルブ・リンカ

前日の夕食の際に、旅行会社の現地スタッフの方から呼吸を促す薬(ダイアモックス)を頂いて服用しました。血中酸素濃度測定器(パルスオキシメーター)を借りて血中濃度を測定しました。通常値が90以上であるのにその時の私は70くらいの数値でした。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 聖地 チベット ポタラ宮 ダライ・ラマ 観音菩薩 ベルサイユ  にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

高山病対策としては、30分おきに約1分間深呼吸をすること。十分な水分の摂取、適度な運動を行い、暴飲暴食と昼寝をしないことも重要だといいます。特に、深呼吸と食事量を制限することがとても大切だと思います。前日の夜からかなり体調が悪くなっていきました。

頭痛、倦怠感、発熱など風邪に似た症状でした。このままではチベット観光を継続できないと思うくらいまでの状態でした。夢の中でうなされているとき、観音様が出てきて、「光になれ!」と言われたのを覚えています。日本にいる友人に遠隔でヒーリングをしてもらい、翌朝にはだいぶ体調が回復しました。

3日目は天空の宮殿・ポタラ宮とダライマラの夏の離宮・ノルブリンカの観光でした。朝食をホテルのレストランでとり、10時に現地ガイドさんとドライバーの運転する車でポタラ宮に向かいました。冬のラサは地方からの巡礼者で賑わっていました。

チベットを象徴するポタラ宮はラサのマルポ・リ(赤い丘)をまるごと一つ使って建てられました。東西360m、南北300m、高さ115mにおよぶ大建造物です。「垂直のベルサイユ」とも讃えられ、世界遺産にも指定されています。1645年ダライ・ラマ5世が建築に着工し、1695年、半世紀をかけた工事を終えています。

ポタラ宮は観音菩薩の転生とされる歴代ダライ・ラマ法王の居城としてチベットの聖俗両面の中心となりました。赤褐色に塗られた西側の紅宮は宗教儀式が行われた「聖」部門の中心。東側の白宮は「俗」部門の中心で、政治部門と法王の住まいがありました。

ポタラ宮の石段を登るのはきつかったです。高地での階段はゆっくりと一段一段登っていかなければすぐに息切れしてしまいます。高山病の影響もあり、下半身がとてもだるくて歩くのがやっとの状態でした。ポタラ宮には1日2000人の入場制限があります。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 聖地 チベット ポタラ宮 ノルブリンカ ダライ・ラマ 観音菩薩  ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 聖地 チベット ポタラ宮 ノルブリンカ ダライ・ラマ 観音菩薩 

ポタラ宮には5世から13世の歴代ダライ・ラマ法王の霊塔がありました。巡礼者の人たちは、バターの袋を手にして、霊塔の前で蝋燭にバターとお金をお供えしていきます。日本でのお線香を供えることと同じなのでしょう。五体投地や額をつけてお祈りしていました。

ポタラ宮の観光を終えて昼食のために「素食」のベジタリアンのお店に行きました。私はすいとん、友人はうどんを食べました。味はとても薄味でした。肉料理が多いチベットのラサでも最近は菜食レストランの「素食」のお店が増えているといいます。

次は、ダライ・ラマ法王の夏の離宮であるノルブリンカを訪れました。ノルブ・リンカは1755年、ダライ・ラマ7世のとき、法王の夏の離宮として建てられました。現ダライ・ラマ14世が1959年に亡命する直前まで過ごした宮殿のタクテン・ミギュル・ボタンもあります。

法王が使った部屋や各国から寄贈されたヨーロッパの家財や製品などがそのまま残っていました。ノルブリンカは広い公園の中にある別荘のような雰囲気でした。鳥が遊ぶ池や庭もありました。公園はうっそうと木々が繁り、美しい花が咲き誇るといいます。

夏の時期、ピクニックやデートに訪れるチベット人たちでにぎわうようです。ノルブリンカの観光を終えて、車でホテルに戻りました。1時間くらいの休憩した後、チベット風のファミレスで夕食をとりました。セルフ式で好きな中華料理を選べるおかゆのお店です。

野菜おかゆと麻婆豆腐、青梗菜炒めなどを食しました。まあまあ美味しかったです。高山病のケアのため、通常の半分の量に抑えておきました。ホテルに戻り、その晩にチベット現地で初めてのヒプノセラピーセッションを行いました。(次回につづく)

☆1月那覇出張ヒプノセラピー個人セッション受講者募集中!1月那覇出張ヒプノセラピー個人セッションのご案内(1/20-22沖縄県那覇市)New!
☆1月宮崎出張ヒプノセラピー個人セッション受講者募集中!1月宮崎出張ヒプノセラピー個人セッションのご案内(1/24-25宮崎県宮崎市)New!
☆1月岡山出張ヒプノセラピー個人セッション受講者募集中!1月岡山出張ヒプノセラピー個人セッションのご案内(1/29-30岡山市)New!

☆魂の癒しと覚醒のためのヒプノセラピー、リニューアル! ⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッションのヒプノセラピープログラム「魂の覚醒コース」☆ヒーリング・ヒプノセラピー・プログラム「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッションのヒプノセラピープログラム「魂の覚醒コンパクトコース」☆ヒーリング・ヒプノセラピー・プログラム「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内

<過去の関連記事>
聖地チベットの旅 詳細リポート(2) ~厚い信仰心を持つ巡礼者で賑わう1400年の歴史を誇る都ラサ~
聖地チベットの旅 詳細リポート(1) ~標高3658mの秘境、世界の屋根チベット高原への出発~
聖地チベットの旅 ~概要リポート~
憧れのナイル夢紀行記  エジプト御神事の旅 詳細リポート(7) ~ツタンカーメンの黄金の副葬品で有名なエジプト考古学博物館とノスタルジックな雰囲気のオールドカイロにある聖セルギウス教会とガーマ・アムル~
スピリチュアルスポット セドナ スピリチュアル旅行記 (1)

いつも応援ありがとうございます!これからもスピリチュアルな旅を通じて得た魂の喜びと気づきをお伝えしていきます!

theme : 癒し
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 聖地 チベット ポタラ宮 ノルブリンカ ダライ・ラマ 観音菩薩 ベルサイユ ダイアモックス

comment

Secret

スピリチュアルライフ
湘南葉山のサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

日本は令和に変わり、新しい時代が幕を開けました。地球上の人も土地も、闇から光に変わる時、本来の輝きを放ちます。

日本が輝き世界が輝きます。統合ヒプノヒーリングを通じて分離されたものを統合し、内なる真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
輝く地球・光の講座(L1)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
新ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード