FC2ブログ

聖地チベットの旅 詳細リポート(6) ~「トルコ石の湖」と呼ばれるエメラルド色の美しいヤムドク湖~

標高5000mを超えるカロラ峠から眺める雄大なノジン・カンサンの氷河と十万の仏像の意味の巨大な仏塔のある無宗派の僧院・パルコン・チューデ寺の観光

第5日目 2011年11月15日(火)チベット自治区・ラサ ヤムドク湖、ノジン・カンサン氷河、ギャンツェ パルコン・チューデ寺(白居寺)、シガツェ

第5日目は午前9時にラサのシャンバラホテルを車で出発しました。ラサから交易で栄えた古都・ギャンツェを経由して、終点のチベット第二の都市・シガツェまでの約350kmの道のりを車でひたすら移動する行程です。途中、最初の観光スポットのヤムドク湖に立ち寄りました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ チベット 聖地 ヤムドク湖 にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

ラサからヒマラヤハイウェイを南下し、祈祷旗のはためく4,750mのカンパ・ラ峠を越えると、眼下に広がるエメラルド色の湖がありました。入り組んだ複雑な形をした湖面は、見る角度によって様々な色や表情を見せ、チベット語で「トルコ石の湖」と呼ばれています。

ヤムドク湖はまるで絵葉書の写真のような綺麗な光景でした。道路の脇に車を停車して何枚か写真を撮りました。そして、また、ひたすら道路を車で走りました。車中でチベット人のガイドさんがチベットの葬儀のことを話してくれました。

チベットの葬儀は、塔葬、火葬、鳥葬、水葬、土葬の5種類があるそうです。このうち塔葬はダライ・ラマやパンチェン・ラマなどの活仏に対して行われる方法であり、一般人は残りの4つの方法が採られます。チベット高地に住むチベット人にとって、最も一般的な方法が鳥葬です。

葬儀では死体を郊外の荒地に設置された鳥葬台に運び、それを裁断し断片化してハゲワシなどの鳥類に食べさせるといいます。山岳地帯にのところどころには五色旗がある鳥葬場がありました。湖畔沿いの道を走っていくと5,045mのカロラ峠です。

そこには、日本隊が初登頂を果たしたというノジン・カンサン(7,191m)の氷河がありました。大きな氷の塊が迫ってくる、非常に雄大な風景でした。数分間、写真撮影のために車外にいました。風が吹いていることもあり、とても寒い環境でした。

標高5,000mを超える高地のため息苦しさもありました。12時過ぎにうどん屋さんに寄り、ランチをとりました。午後2時前、目的地のギャンツェにあるパルコン・チューデ寺(白居寺)に到着しました。白居寺は、15世紀にギャンツェ王ラプテン・クンサン・パクパによって建てられた無宗派の僧院です。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 聖地 チベット カロラ峠 氷河 ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 聖地 チベット 白居寺 ギャンツェ

建物は8階建で、壁画や仏像を参拝して登って行きました。最上階には本尊である本初仏ドルジェ・チャン(持金剛)が祠られていました。内部を観て回っていたとき、エンジの僧衣を来たお坊さんに笑顔で声をかけられました。40分程度の観光を終えて、シガツェのホテルに向かいました。

宿泊場所のシガツェホテルはラサのホテルよりも良い感じでした。チェックイン後、荷物を部屋に置いて、早めの夕食をとりに外出しました。ガイドさんと一緒に、ホテルから数分のところにあるファーストフードの中華料理屋さんでした。

セルフでお粥と点心を数種類を取りました。友人と食事をしているとき、入り口から一人の子供が入ってきました。小学3年生くらいでしょうか。黒く煤けた顔にはどことなく卑屈さが感じられました。物乞いの子供でした。食事をしている人に食べ物を恵んでくれるよう目で訴えていました。

ガイドさんは食べ残しを分けてあげていました。その子は、私たちのテーブルにもやってきました。「子供だから分けてあげたら・・」とガイドさんに言われて、残っていた点心をあげました。「大人にはやらないけど子供には与える」と彼女は言っていました。

その子供のあとに親子の物乞いも店に入ってきました。何故だか店員は物乞いの入店を止めようともしません。食事をしていた一人の男性が追い出すように店員に怒鳴っていました。店員たちは、黙認しているようでした。日本ではまず出逢わない場面でした。

旅行会社の現地の方に後で聞くと、物乞いをする貧しい人たちやホームレスの人たちはラサに入らないように中国政府が警備を厳重にしているといいます。シガツェの地で、チベットの現実の一面を垣間見たような気がします。(次回につづく)

☆1月那覇出張ヒプノセラピー個人セッション受講者募集中!1月那覇出張ヒプノセラピー個人セッションのご案内(1/20-22沖縄県那覇市)New!
☆1月宮崎出張ヒプノセラピー個人セッション受講者募集中!1月宮崎出張ヒプノセラピー個人セッションのご案内(1/24-25宮崎県宮崎市)New!

☆1月岡山出張ヒプノセラピー個人セッション受講者募集中!1月岡山出張ヒプノセラピー個人セッションのご案内(1/29-30岡山市)New!
☆2月奈良出張ヒプノセラピー個人セッション受講者募集中!2月奈良出張ヒプノセラピー個人セッションのご案内(2/1-6奈良市)New!

<過去の関連記事>
聖地チベットの旅 詳細リポート(1) ~標高3658mの秘境、世界の屋根チベット高原への出発~
聖地チベットの旅 詳細リポート(2) ~厚い信仰心を持つ巡礼者で賑わう1400年の歴史を誇る都ラサ~
聖地チベットの旅 詳細リポート(3) ~観音菩薩が降り立った丘に聳える垂直のベルサイユ・ポタラ宮~
聖地チベットの旅 詳細リポート(4) ~「チベットの今の体験をすべて分かち合い、大切なものを見つけてください」~
聖地チベットの旅 詳細リポート(5) ~ラサ庶民の祈りの場サンゲ・ドゥングとラサの中心地・ジョカン寺~

いつも応援ありがとうございます!これからもスピリチュアルな旅を通じて得た魂の喜びと気づきをお伝えしていきます!

theme : 癒し
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 聖地 チベット ヤムドク湖 白居寺 カロラ峠 氷河 ギャンツェ シガツェ

comment

Secret

スピリチュアルライフ
湘南葉山のサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

日本は令和に変わり、新しい時代が幕を開けました。地球上の人も土地も、闇から光に変わる時、本来の輝きを放ちます。

日本が輝き世界が輝きます。統合ヒプノヒーリングを通じて分離されたものを統合し、内なる真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
輝く地球・光の講座(L1)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
新ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード