FC2ブログ

出雲 須佐神社 ~龍の玉を持つ役割の旅(1)~  

ヒプノセラピーの中で龍の玉を持つ役割として伝えられていた湧水を飲むための須佐神社の参拝

1月23日~25日の3日間、出雲の国を旅してきました。私にとっては2度目の出雲の旅でした。当初は出雲大社をメインに、須佐神社と日御碕神社への参拝を計画していました。しかし、22日の京都出張ヒプノセラピーにおいて、伴侶に対して須佐神社、玉置神社、琵琶湖に行くように告げられましたので、須佐神社をメインにすることにしました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 須佐神社 龍の玉 ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 須佐神社 塩井
にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

1月23日午前に京都駅を出発し、途中で神戸元町に立ち寄り、新神戸から新幹線に乗って岡山に到着しました。岡山から特急やくもに乗り換えて、出雲市駅に当日の夕方に到着しました。駅近くのホテルにチェックインして、翌日の神社巡りに備えました。

24日、私たちは朝食を済ませて、ホテルの近くの駅レンタカーでレンタカーを借りて午前8時頃に須佐神社に向かいました。前日の天気は曇り時々雨模様でしたが、当日は雨はあがっていました。龍の玉を授かっている伴侶はレンタカーで出発する時に、「誘う」とメッセージを告げられたと言いました。

出雲市からカーナビの道案内に従って、30分程、レンタカーで走り、ようやく目的地の須佐神社に到着しました。駐車場に車を停めた後、少し迷いましたが須佐神社の正門に来ました。思ったよりもこじんまりした神社でした。私たちは一礼して鳥居をくぐり、参道を進みました。

私は何も分からなかったのですが、この時、鳥居の正面に見える本殿の前で、大国主命(おおくにぬしのみこと)様と白龍様が立ってお迎えしていてくれていたと伴侶は話しました。最初は須佐之男命(すさのおのみこと)様かなと思ったらしいですが、やはり大国主様だったといいます。

出雲大社は50年に一度の大遷宮の最中なので、御祭神の大国主命様が須佐神社に来ているのかなとも私は感じました。須佐神社には須佐之男命(すさのおのみこと)を主祭神とし、妻の稲田比売命(いなたひめのみこと)もお祭りされています。

私たちは本殿で参拝してから、湧水を探しました。京都のヒプノセラピーセッションで、「須佐神社の水をちゃんと飲んでください」と言われていました。社務所の宮司さんに聞くと「あそこですよ」と指をさして教えてくれました。案内板を観てみると「塩井(しおのい)」とありました。

須佐七不思議の看板には、「門を入って右側の小池、須佐之男命自ら潮を汲みこの地を清め給うという 日本海満潮の時は付近の地面に潮の花をふく 内用浴用すればほとんど万能に効果あり」と塩井のことが記されていました。

塩井の場所に行ってみると、湧水はプラスチックの水道管からちょろちょろと流れていました。私たちは夫々で杓子で汲んで湧水を飲みました。念のために1本のペットボトルに湧水を満たしました。私は少し塩の味がする感じががしましたが、伴侶はその違いを実感していました。

「胸からお腹全体がぐるぐるする」と驚いた様子でした。何かエネルギーが充填されてグルグルと回っているようでした。もしかすると体の中の龍が暴れまわっているような感じなのかもしれません。これでひとまず最初の役目を果たしました。

九州の神社に参拝した際に、伴侶は大国主命様と龍神から水晶玉を授かりました。洞窟の中で誘導瞑想しているときでした。出雲大社に行った時に、私は龍の玉と大国主様が大物主大神様から授かったという幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)と関係があると気づきました。

出雲大社の境内の中に、大国主命が波の上の玉を崇めている「ムスビの御神像」があります。「我は汝の幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)である。丁重に私を祀れば、国造りに協力しよう」と大国主様に伝えられたといいます。

そして、大和国の三輪山(大神神社)にお祀りしたといいます。大物主様とは一般的には大国主様の別名と言われていますが、国之常立大神(クニノトコタチノオオカミ)様のことです。那覇出張ヒプノセラピーのセッションの時に伝えられていました。

花が咲く、繁栄する、幸せになるという意味の「幸魂」と櫛に刺す、統一する、繋げるという意味の「奇魂」が大国主命様の国造りに必要で大切なものだったのでしょう。6人いると言われている龍の玉を持つ人はこれからの新しい世界を創るための大きな役割を担っているのだと感じます。

須佐神社の塩井の水を龍の玉を持つ伴侶が飲むことは、エネルギーを蓄えることであり、次の玉置神社でそのエネルギーを解き放つ気がしていました。玉置山の頂上付近にお社を構える玉置神社は最高峰の龍神である国之常立大神様が最初に降り立った場所だと伝えられています。

本来は玉置神社と琵琶湖はエネルギーラインで繋がっていると感じます。龍脈を通じて光のエネルギーを通すことで琵琶湖が浄化されるのだと思います。琵琶湖と淡路島も繋がっているから光の柱が立つのでしょう。私たちは2月20日に次の目的地である玉置神社に行くことになったのです。(次回につづく)

☆3月神戸出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!(3/19-21:神戸市)New!
☆スピリチュアル女性誌『Trinity WEB』にて執筆記事連載中!New!
☆3月神戸出張リーディング対面セッション参加者募集中!(3/19-21:神戸市)New!

☆魂の癒しと覚醒のためのヒプノセラピー、リニューアル! ⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッションのヒプノセラピープログラム「魂の覚醒コース」☆ヒーリング・ヒプノセラピー・プログラム「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッションのヒプノセラピープログラム「魂の覚醒コンパクトコース」☆ヒーリング・ヒプノセラピー・プログラム「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内

<過去の関連記事>
琵琶湖の浄化と龍神の玉 ~ヒプノセラピーからの気づき~
大物主大神様との対話 ~ヒプノセラピーからの気づき~
出雲大社(2) パワースポット
沖縄本島と宮古島の癒しの旅(1) ~首里城と斎場御獄~
竜ヶ岩洞(りゅうがしどう) ~2億5千年前の神秘の大自然~

いつも応援ありがとうございます!これからも魂の覚醒と気づきに繋がる癒しの旅行記をご紹介していきます!

theme : 癒し
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 須佐神社 龍の玉 出雲の国 出雲大社 大国主命 白龍 大物主大神 玉置神社

comment

Secret

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間のセラピスト活動を行って来た葉山を卒業し、自然豊かな北の大地で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
新ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード