岐阜 関ヶ原古戦場 ~巡礼の旅(8)~

東軍、西軍に分かれての天下分け目の戦いにおいて多くの人たちの命が失われた美濃国の関ヶ原古戦場での光の柱を降ろしての祈りと癒しの旅

10月15日(火)、岐阜県と愛知県の古戦場の浄化を行うに当たり、尾張国一宮である熱田神宮に参拝に訪れました。9時半頃名鉄名古屋駅を出発し、電車で7分程度で神宮前駅に到着しました。熱田神宮の正門から入る予定でしたが、間違って西門の鳥居から入りました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 関ヶ原古戦場 にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

熱田神宮の主祭神は熱田大神(あつたのおおかみ)、相殿神は天照大神、素盞嗚尊、日本武尊、宮簀媛命 (みやすひめのみこと)、建稲種命(たけいなだねのみこと)です。熱田神宮はとても大きな神社でしたが、伴侶と2人で本宮に浄化の旅のご挨拶を兼ねてお参りをしました。

参拝していると、「よろしく頼みますと言われた」と伴侶は話しました。尾張国の歴代の武将からのメッセージのようでした。浄化の旅で古戦場を廻るのは初めてでした。私たちは、関ヶ原古戦場、鷺山城、長久手古戦場を一日で訪れる予定にしていました。

10月17日(木)朝8時30分に名古屋駅からレンタカーを借りて、岐阜駅で知人をピックアップし、関ヶ原古戦場に向かいました。前日の朝、ホテルの窓からは、大きくて綺麗な虹がはっきりと観えていました。虹は龍とも言われますが、浄化の旅への祝福のサインのように感じました。

関ヶ原町歴史民俗資料館には、途中の道路の渋滞もあり、1時間20分くらい掛かりました。「関ヶ原合戦祭り2013」の前々日とあって、駐車場はテントや催し物の準備がされていました。私たちは、関ヶ原の戦いの歴史を知るために、歴史民俗資料館の見学をしました。

関ヶ原の戦いは、徳川家康を総大将とする東軍と、毛利輝元を総大将とし石田三成を中心とする西軍の二派の争いでした。東軍の指揮官は、徳川家康、徳川秀忠、結城秀康。西軍の指揮官は、毛利輝元、石田三成、宇喜多秀家、上杉景勝でした。

東軍と西軍の戦いは、関ヶ原における決戦を中心に日本の全国各地で戦闘が行われました。結果は、東軍が勝利し、 石田三成、小西行長、安国寺恵瓊らは斬首されました。この戦いは実質的に徳川家康の覇権を決定づけることとなったのです。

東軍、西軍の諸将の多くは豊臣恩顧の武将であり、この戦いの性格について徳川家康は豊臣家の家臣同士の成敗合戦という建前をとり、豊臣家も表向きは静観の立場を取ったといいます。両軍合わせて15万人~20万人が戦い、8千人~4万人が犠牲になったといいます。

この関ヶ原の地において非常に多くの人々の命が失われたのです。犠牲になった人たちの無念の思いや憎しみ、悲しみ、苦しみの感情や思念が古戦場に残っていることは間違いありません。そして、その重さによって天に還ることができない彷徨える魂もいるのでしょう。

私たちは、関ヶ原の暗くなった土地を癒し、光を与えるために、最初に、岡山(丸山)烽火(のろし)場に向かいました。関ヶ原町歴史民俗資料館から車で5分程のところでした。山道を登り、小高い丘の上に烽火場はありました。関ヶ原の古戦場が一望できる場所でした。

記念碑が立つ場所で、私たちは祈りを捧げ、私は光の柱をたてて烽火をあげました。伴侶の中の、太陽と月のツインの龍神が関ヶ原の一帯を浄化するために、飛び立って行きました。丸山烽火場を後にして、私たちは東首塚に向かいました。

車を駐車場に停めて、現場に着いたら東首塚ではありませんでした。そこは徳川家康最後の陣場の床几場(しょうぎば)でした。土壇中央には「床几場徳川家康進旗験馘處」と刻まれた標柱が建っていました。足を踏み入れると鳥肌が立ち、浄化する必要があると感じました。

合戦後、この場で引見が行われ、討ち取ってきた敵の首実検(くびじっけん)がなされた場所でした。首実検とは、配下の武士が戦場で討ちとった敵方の首級(くびしるし)の身元を大将が判定し、その配下の武士の論功行賞の重要な判定材料とするために行われた作業です。

私はお祈りをしながら光の柱をたてました。すぐに、周りに居た彷徨う魂たちが光の柱から光となって上に昇って行きました。太陽と月の龍神も浄化を手伝ってくれていました。次に、近くにあった東首塚(ひがしくびづか)を歩いて訪れました。

首塚とは、合戦などにおいて討ち取られた者の首、捕虜に取られた者の首、あるいは斬首刑にされた罪人の首を供養するための「塚」のことです。戦功を首実検で確認していたため、その首を弔うものとして多数の首塚が作られたといいます。

東首塚の朱色の門をくぐると直ぐに鳥肌が立ちました。かなりのネガティブなエネルギーを感じました。首塚は大きな木を囲うようにしてありました。左手には首洗いの井戸もありました。女性たちが取ってきた首をきれいに洗い、お歯黒を付けて首化粧をしたといいます。

私は光の柱をたてて、皆でお祈りをしました。多くの彷徨う方たちが上がって行きました。ツインの龍神たちも上空を回って癒しの仕事をしてくれました。東首塚での慰霊を終えて、西首塚に向かいました。車で数分で着きました。街道沿いにある西首塚はこじんまりしていました。

東首塚と同様に大きな木を中心に囲われており、正面には千手観音と馬頭観音がお祀りされていました。私たちは西首塚の裏手に行き、光を降ろしてお祈りをしました。そして、再び、正面から慰霊の祈りを捧げました。「とっても大きな玉が出て来た」と伴侶が言いました。

龍の玉なのか、どうかも分かりませんでした。やはり浮かばれない人々の思いや怨念を封じられていたのかもしれません。関ヶ原古戦場の浄化を終えて、次に、岐阜市内にある鷺山城跡に向かいました。車を約1時間走らせて、近くの駐車場に到着しました。

鷺山城は、平安時代末期、鎌倉時代、戦国時代のお城で、長良川の戦いの斉藤道三と所縁の深い山城です。鷺山城は、標高68mの鷺山の山頂にあり、戦いのための城ではなく、住居としての城であったといいます。長良川の戦いは親子の間の戦でした。

斎藤道三とその嫡男・斎藤義龍との間で、美濃国(岐阜県)の長良川にて行われた合戦です。親子の間での身内の戦いは、嫡男の斎藤義龍が勝利し、父親の斎藤道三は討死の結果となりました。登山口をやっと探し出して、15分程度かけて山頂に登りました。

山頂には城跡の石碑がありました。私は中央で光の柱をたてて、皆でお祈りをしました。太陽と月の龍神たちも上空を旋回しながら浄化をしていました。「あっ龍がいる。ツインの龍神たちと一緒にまわっている」と伴侶は伝えてきました。どうやら長良川の龍神のようでした。

鷺山を後にして、私たちは長久手古戦場に向かいました。車で約1時間半で長久手古戦場公園に到着しました。小牧・長久手の戦い(こまき・ながくてのたたかい)は、羽柴(豊臣)秀吉陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦いのことです。

古戦場公園資料館を見学した後、首塚に向かい、車で数分走って現地に到着しました。塚の前に石碑があり、整えられた首塚でした。戦死者の山となった惨状を目にし、心を痛めた和尚さんが、村の人達とともに、死体を集め埋葬して塚を作り、供養したのが始まりといいます。

もう日差しは傾いていましたが、私たちは光を降ろして祈りました。ツインの龍神たちも土地の癒しの働きをしてくれました。滞りなく癒しの旅を終えたことで、安心して家路につけました。関ヶ原古戦場は、関ヶ原合戦祭りのイベントを通じて史実を伝えることになり、土地を開くことになると感じました。

岐阜県と愛知県は、戦国時代を中心に戦場となった場所が多くあります。その土地で命を失った人々の無念の思いや苦しみを理解し、共有することは、祈りとともに、犠牲になった魂と土地の癒しに繋がります。古戦場の地に光が差し込み、明るくなっていくことをお祈りします。

<過去の関連記事>
新潟 高浪の池 春日山城跡 ~龍の玉を持つ役割の旅(23)~
新潟 佐渡金山 無宿人の慰霊碑 ~龍の玉を持つ役割の旅(22)~
新潟 黄龍神社 国上寺 ~龍の玉を持つ役割の旅(21)~
沖縄 首里城下 第32軍司令部壕跡 ~龍の玉を持つ役割の旅(20)~
沖縄 白梅の塔 ~龍の玉を持つ役割の旅(19)~

<お知らせ>
☆12月北九州出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!(12/8-10:北九州市)New!
☆12月お話会(北九州)のご案内(12/8:北九州)New!

☆12月札幌出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!(12/14-16:札幌市)New!
☆12月お話会(札幌)のご案内(12/17:札幌)New!

☆魂の癒しと覚醒のためのヒプノセラピー、リニューアル! ⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッションのヒプノセラピープログラム「魂の覚醒コース」☆ヒーリング・ヒプノセラピー・プログラム「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッションのヒプノセラピープログラム「魂の覚醒コンパクトコース」☆ヒーリング・ヒプノセラピー・プログラム「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも魂の覚醒と気づきに繋がる癒しの旅をご紹介していきます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング
いつも最後までお読み下さりありがとうございます。応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 癒し ジャンル : 心と身体

カテゴリ : 巡礼の旅 タグ : ヒプノセラピースピリチュアルライフ岐阜関ヶ原古戦場龍の玉光の柱熱田神宮鷺山城跡長久手古戦場

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキングヒプノセラピー 精神世界サイトランキング
スピリチュアルライフへようこそ!
湘南葉山のヒプノセラピールーム「ヒプノセラピー スピリチュアルライフ」へのご訪問、ありがとうございます。

地球は闇から光へのシフトを迎えています。自然も人も輝く姿になる時に来ています。闇の時代が終わり、光の時代の始まりです。

ヒプノセラピーという自分の内なる旅を通して、光という真実を広めて行き、本質である光輝く自分になる覚醒のための気づきやヒントをご提供していきます。
ヒプノセラピーについて
ヒプノセラピーは本当の自分を思い出していくセラピーです。エネルギーの素晴らしい葉山でのヒプノセラピーは光につながるために適した環境と言えます。

スピリチュアルライフでは、クライアントの方が見えない大切なものに気づき、光輝いて人生を歩むことができるようサポートすることを目的としています。

ヒプノセラピーは、外側に答えを求める自分から内側に答えを求める自分になる、本質に目覚めるための素晴らしいツールです。

自分と対話するヒプノセラピーを通じて、クライアントの方がより自由になり、自分の幸せに向かって行動できるようになることを心がけています。

闇の自分から光の自分に変わる時に来ています。一人ひとりの方が自分の本質を開き、光輝く自分になることが、光輝く地球ににつながります。

ヒプノセラピーによって、多くの方が魂の癒しが訪れて、覚醒という本当の自分になることで、喜びに溢れた光の道を歩んでいかれるよう願っております。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
☆プロフィール詳細

ヒプノセラピーメニュー
スピリチュアルライフのヒプノセラピーは「私たちの魂は永遠であり、魂の成長のために肉体を持って地球に生まれて来ている」というスピリチュアルな観点を取り入れております。

自分の本質である魂の声に気づき、自分の役割と使命に目覚め、魂の喜びと覚醒のためのヒプノセラピーセッションをご用意しております。

出張ヒプノセラピー
神戸市にてヒプノセラピー個人セッションを行います。関西地方および近隣の地域の皆様のお申込みをお待ちしております。

輝く地球・光の講座(レベル1)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
輝く地球・光の講座(フォローアップ)
お話会
ヒプノセラピーと光のワークの経験から得た気づきや情報を取りまとめ、人の覚醒や土地の本質を開く光のことについてお話をいたします。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お申込み & お問い合わせ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
ブログ「光輝く地球はそこに」
新しい地球に向けた光のワークの旅紀行。光を降ろして行う霊山、聖地、神社仏閣の封印解除と統合。土地が開かれ、自然が煌めく、光輝く地球はもうすぐそこです。
ブログ「輝くあなたを取り戻して」
ヒプノセラピーや光のワークで与えられたメッセージや気づきをまとめ、覚醒するための大切なものを分かりやすくお伝えします。あなたが本来の輝きを蘇らせる一助となれば幸いです。
ブログランキング
応援ありがとうございます!広く情報発信していくために下記ランキングサイトも応援して頂けると嬉しいです!
カテゴリ
月別アーカイブ
スピリチュアルライフ リンク
ブログ村PVランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード