北海道 函館山 ~巡礼の旅(26)~

多くの彷徨える魂が光の柱とともに天に昇って行った函館大火慰霊堂の浄化と大きな大国主命と虹の龍神が光を広げた函館山展望台での協働

12月18日(水)、私たちは函館市に向かいました。午前7時札幌駅発のJRスーパー北斗2号に乗車して、午前10時半頃に函館駅に到着しました。青森の巡礼の旅を終えて、本州のエネルギーラインを北海道に繋げる必要がありました。函館の地を開くために訪問したのです。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 函館山 にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

JR函館駅の観光案内所で、係の方に市内地図を貰い、宿泊するホテルへのアクセスを教えてもらってからホテルに行き、荷物を預けました。函館は思ったよりコンパクトな街で、路面電車の市電での移動がとても便利です。一日券を購入して市電で移動することにしました。

最初の目的地は函館大火慰霊堂です。函館大火は、1934年(昭和9年)3月21日に起き、死者2,166名、焼損棟数11,105棟を数える大惨事となったと伝えられています。地震、津波、火事などの自然災害を含む出来事によって命を落とした人々の魂は、脱念の想いを残して、その土地に留まり、闇をつくる場合が多くあります。

その土地が本来の姿に戻るために、彷徨える魂に光をあって、天に導いて行く必要があります。函館市電に乗車して、松風町駅で下車し、大森浜方面に10分程歩くと函館大火慰霊堂に着きました。慰霊堂は多くの犠牲者を出した亀田川の近くにありました。

公園の敷地の隣に位置した函館大火慰霊堂は、小南武一氏が設計し、1938年に竣工した、純白の漆喰の壁と黒い瓦屋根という建築物としても見事な建物です。慰霊堂に到着すると鳥肌が立ってきました。慰霊堂の隣には五重塔の慰霊塔がありました。

慰霊塔の前で、私は彷徨える人々が安らぎの世界に還ることが出来るようにお祈りをしながら、光の柱を降ろしました。「太陽と月の龍神が出て行った」と伴侶は伝えてきました。太陽の龍神の饒速日命(ニギハヤヒ)と月の龍神の瀬織津姫(セオリツヒメ)が浄化の働きのために発動したのです。

「たくさんの人たちが光の柱に乗って上に昇って行っている」と伴侶が教えてくれました。私たちは函館大火慰霊堂を後にして、帰り道に目にした大森稲荷神社に立ち寄りました。大森稲荷神社の裏手は海辺で、お社は津軽海峡に面した場所にありました。

大事な龍神が封印されていると感じました。私たちは、境内に入り、社殿の前で、この地を開きに参りましたと宣言しました。境内を散策すると社殿に向かって右側の境内社が気になりました。私は全てが解放されるようお祈りしながら光を降ろしました。

「海から大きな龍神が出て来た」と伴侶が教えてくれました。解放された龍神は境内社の社に来て、白い服を着た若い男性のマスターのような姿をしていたといいます。日本の神様というより宇宙のマスターなのでしょう。「ありがとうって言っている」と彼女は伝えてくれました。

大国主命が伴侶の体から出て来て、白い服のマスターと会話しているといいます。岩手の磐(いわい)神社の磐座(いわくら)から宇宙系マスターが出て来た時と同じような感じでした。多分、大国主命は日本の再生について話して、白い服のマスターとは初対面だと感じました。

大森稲荷神社の解除を終えて、次に、五稜郭(ごりょうかく)に向かいました。徒歩で松風駅に行き、そこから市電に乗り、五稜郭前駅で下車しました。五稜郭は、江戸時代末期に蝦夷地の箱館府(北海道函館市)に建造された稜堡式の城郭です。

五稜郭は、また、新政府軍と旧幕府軍との内戦である戊辰戦争の最後の戦闘の地でもあります。五稜郭を舞台とした戦いは箱館戦争(1868年~1869年)や五稜郭の戦いとも呼ばれています。五稜郭前駅の近くのお店で昼食をとった後、徒歩約5分で五稜郭タワーに着きました。

五稜郭タワー内のお店を見た後、星型の形の五稜郭公園内を歩いて行きました。一の橋、二の橋と渡って、箱館奉行所の建物のところに来ました。函館市の代表的な観光地とあって外国人の観光客が多く見られました。もう少し先の所まで歩いて行くと裏門橋が見えました。

「あそこの堀の辺りに昇りたい人たちがいるので光を降ろした方がいい」と伴侶がアドバイスしてくれました。五稜郭には外側と通じる橋の2つしかなく、裏門橋はその一つでした。多分、五稜郭の戦いの時、裏門橋付近で命を落とした人たちが多かったのでしょう。

私は裏門橋の横の堀の所に光の柱を降ろしました。留まっていた魂たちが昇天していったと伴侶は教えてくれました。続いて、箱館奉行所の建物の裏手の辺りにも光の柱を降ろしました。私たちは犠牲になった人たちの慰霊とこの地が開かれることをお祈りして、五稜郭公園を後にしました。

私たちは次に、函館山を目指しました。五稜郭公園前駅から市電に乗り、十字街駅で下りて、徒歩で函館山ロープウェイ山麓駅に向かいました。急な勾配の上り坂になっている南部坂はとても大変でした。15分程歩いてようやく山麓駅に到着しました。

海抜334mの函館山の夜景は、神戸の摩耶山掬星台、長崎の稲佐山とともに「日本三大夜景」の一つと称されています。切符を購入して、ロープウェイに乗り、約3分で函館山の山頂駅に着きました。ロープウェイから降りて、階段を上って、展望台に出ました。

展望台からは、函館湾と津軽海峡に挟まれた素晴らしい景色を観ることが出来ました。陽が傾いて来たので、少し寒かったですが、風も穏やかで見晴が良かったです。私はヌシ(大物主大神)から「函館の高い所から光を送るように」と伝えられていました。

私は展望台の高い場所に大きな光の柱を降ろしました。そして、北側の稚内の方向に光を送り、南の青森市の方に向けて光を送りました。「大国主さんが大きくなって山頂に立っている」と伴侶が教えてくれました。虹の龍神も虹の絨毯を敷くために発動していました。

「大国主さんが虹の龍神の虹をつかもうとしている」と彼女は続けました。大国主命は虹の龍神と遊んでいる感じでした。いにしえの存在と新しき存在の融合を見た感じです。函館山での浄化を終えて、ロープウェイで下り、山麓駅に着きました。

もう午後3時半を回っていましたが、近くにある護国神社に向かいました。ロープウェイ山麓駅から徒歩約5分で函館護国神社に着きました。函館護国神社は、日本の国のために殉じた戦没者の霊をお祀りする神社でし。雪の積もった境内にはいくつかの石碑がありました。

箱館戦争終結後すぐに立てられた「招魂場」の石碑や太平洋戦争において命を落さえれた方々のための石碑である「少年海員の碑」、「帝国海軍駆逐艦 橘(たちばな)鎮魂の碑」と記された石碑がありました。伴侶が「まだ留まっている魂がいる」と伝えてくれて、私は石碑全体を包むように光の柱を降ろしました。

「マリア様が少年たちの魂を天に連れて行ってくれた」と伴侶は伝えてくれました。土地の浄化でマリア様がサポートしてくれたのは初めてのことでした。「ああ、良かった」と私たちは安堵しました。マリア様が無念の想いを残し若くして命を落とした少年たちの魂を救済してくれたのです。

函館は日本にキリスト教が広がった縁ある場所です。マリア様の出現は、私たちにとって翌日の出来事の伏線でもありました。函館巡礼の旅の初日は密度が濃い一日でした。函館護国神社の癒しを終えて、私たちは宿泊先のホテルへの帰路についたのです。

<過去の関連記事>
縄文の世への回帰 ~ヒプノセラピーからの気づき~
虹色の龍神がつないだ虹の架け橋 ~巡礼の旅(24)~
熊本 阿蘇山 ~巡礼の旅(23)~
長野 戸隠神社 ~巡礼の旅(19)~
青森 笹清水九頭龍神社 ~巡礼の旅(15)~

<お知らせ>
☆魂の癒しと覚醒のためのヒプノセラピー⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッションのヒプノセラピープログラム「魂の覚醒コース」☆ヒーリング・ヒプノセラピー・プログラム「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッションのヒプノセラピープログラム「魂の覚醒コンパクトコース」☆ヒーリング・ヒプノセラピー・プログラム「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも魂の覚醒と気づきに繋がる癒しの旅をご紹介していきます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング
いつも最後までお読み下さりありがとうございます。応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 癒し ジャンル : 心と身体

カテゴリ : 巡礼の旅 タグ : ヒプノセラピースピリチュアルライフ北海道函館山函館大火慰霊堂大森稲荷神社五稜郭護国神社マリア様浄化

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキングヒプノセラピー 精神世界サイトランキング
スピリチュアルライフへようこそ!
湘南葉山のヒプノセラピールーム「ヒプノセラピー スピリチュアルライフ」へのご訪問、ありがとうございます。

地球は闇から光へのシフトを迎えています。自然も人も輝く姿になる時に来ています。闇の時代が終わり、光の時代の始まりです。

ヒプノセラピーという自分の内なる旅を通して、光という真実を広めて行き、本質である光輝く自分になる覚醒のための気づきやヒントをご提供していきます。
ヒプノセラピーについて
ヒプノセラピーは本当の自分を思い出していくセラピーです。エネルギーの素晴らしい葉山でのヒプノセラピーは光につながるために適した環境と言えます。

スピリチュアルライフでは、クライアントの方が見えない大切なものに気づき、光輝いて人生を歩むことができるようサポートすることを目的としています。

ヒプノセラピーは、外側に答えを求める自分から内側に答えを求める自分になる、本質に目覚めるための素晴らしいツールです。

自分と対話するヒプノセラピーを通じて、クライアントの方がより自由になり、自分の幸せに向かって行動できるようになることを心がけています。

闇の自分から光の自分に変わる時に来ています。一人ひとりの方が自分の本質を開き、光輝く自分になることが、光輝く地球ににつながります。

ヒプノセラピーによって、多くの方が魂の癒しが訪れて、覚醒という本当の自分になることで、喜びに溢れた光の道を歩んでいかれるよう願っております。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
☆プロフィール詳細

ヒプノセラピーメニュー
スピリチュアルライフのヒプノセラピーは「私たちの魂は永遠であり、魂の成長のために肉体を持って地球に生まれて来ている」というスピリチュアルな観点を取り入れております。

自分の本質である魂の声に気づき、自分の役割と使命に目覚め、魂の喜びと覚醒のためのヒプノセラピーセッションをご用意しております。

出張ヒプノセラピー
神戸市にてヒプノセラピー個人セッションを行います。関西地方および近隣の地域の皆様のお申込みをお待ちしております。

輝く地球・光の講座(レベル1)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
輝く地球・光の講座(フォローアップ)
お話会
ヒプノセラピーと光のワークの経験から得た気づきや情報を取りまとめ、人の覚醒や土地の本質を開く光のことについてお話をいたします。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お申込み & お問い合わせ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
ブログ「光輝く地球はそこに」
新しい地球に向けた光のワークの旅紀行。光を降ろして行う霊山、聖地、神社仏閣の封印解除と統合。土地が開かれ、自然が煌めく、光輝く地球はもうすぐそこです。
ブログ「輝くあなたを取り戻して」
ヒプノセラピーや光のワークで与えられたメッセージや気づきをまとめ、覚醒するための大切なものを分かりやすくお伝えします。あなたが本来の輝きを蘇らせる一助となれば幸いです。
ブログランキング
応援ありがとうございます!広く情報発信していくために下記ランキングサイトも応援して頂けると嬉しいです!
カテゴリ
月別アーカイブ
スピリチュアルライフ リンク
ブログ村PVランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード