「今を抱きしめて生きる」

「認知症を通じて得るものは、私たちの生き方。先のために今を捨てない。今を抱きしめて生きる。大切なこと。今の介護の状態を闇から光へ変われるように出来るといい。難しい人が多いけど、先を考えないように学ぶこと。」

ヒプノセラピーの中で和美さんは、認知症の人が増えているのは大事なものを捨てて来てしまったからだと伝えられました。その人の生き方が原因であり、闇に入り、闇を作り、闇になってしまっているといいます。介護を闇から光へ変われるようにできるといいと教えられたのです。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 自然 光 にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

○光の存在はどのようなイメージですか?

-紫色が見える。周りは緑色で回転している。

○どんな感じが伝わって来ますか?

-温かいけど神聖な感じ。

○あなたは、集団や組織になじめないと感じていますが、何故ですか?

-周りのエゴに乗れない。従いたくない。こうしたいというところに行ってしまう。時間や都合などに自分を合わせたくない。

○集団や組織になじめなくて、浮いてしまうといいますが、どうしたら良いですか?

-無理に合せない。光の選択。それしかできない。

○生まれつき、あなたに備わった能力や才能は何ですか?

-明るい方、正しいことを選べる。相手の思いが直感で分かる。気づく力。行かなくても、見たり、聞いたり、感じることで入ってくる。知っていると言っている。

○夫に対して健康に気をつけてもらいたいと思っていますが、あなたにできることは何ですか?

-ちゃんと話せている。あとは、彼、次第。家にいる時、食べ物に気づかう。最後は彼の選択になる。

○あなたは、夫が認知症になるのではないかと心配していますが、夫が認知症にならないようにするために、どうしますか?

-彼のかせを取る。本質に気づかせる。一緒に自由になる。

○夫のかせを取るためには、どうすれば良いですか?

-幸せを彼と考える。それが本質。

○あなたは介護の仕事で認知症の老人と接することがありますが、認知症の老人が増えているのは、何故ですか?

-闇が噴出した。世代の闇。利益の追求。大事なものを捨てて来てしまった。その傷が自分自身の傷。その傷が噴出した。

○認知症は、その人の生き方や価値観が原因ということですか?

-それが一番の原因。闇に入り、闇を作り、闇になってしまっている。

○あなたが、そうした認知症の老人の介護を通じて、得るものは何ですか?

-私たちの生き方。先のために今を捨てない。今を抱きしめて生きる。大切なこと。今の介護の状態については、闇から光へ変われるように出来るといい。難しい人が多いけど、先を考えないように学ぶこと。その時だけの闇になって。

○介護はどのような方向に行くのですか?

-心地良さ。自然。歩くこと。やれば出来ることが必要。医療はそんなに要らない。管や切除などを伴う延命治療は、生きる意味の外にある。医療は闇。光の中で光に還る。無理に生かすことは光ではない。自らの足で歩き、自ら食べること。そこまでは、本当の意味での生きること。


認知症の人について、「闇に入り、闇を作り、闇になってしまっている」と伝えられました。自分で闇に入って、自分で闇を作り、自分が闇になってしまっているというのです。闇とは光と反対なもの。楽しいことを忘れてしまっているということです。人間は頭で考えて生きていると楽しいことが分からなくなります。

思考で生きることは、暗闇の中に生きることであり、闇を経験することです。私たちは、暗闇のトンネルに入って、思考で生きることで、闇を経験します。魂の成長のため、カルマの解消のために、思考で生きる暗闇のトンネルに入るのです。しかし、暗闇のトンネルはずっと留まるところではありません。

暗闇のトンネルから出る必要があります。大きな光になるために、深い闇を経験します。強く輝くために、本来の自分を封印するのです。封印を解いて、本来の自分を取り戻す必要があります。忘れていた楽しさを思い出さなければなりません。幼い頃のように楽しいことを感じられる自分になるのです。

暗闇のトンネルは、エゴや欲の闇を経験する場ですが、エゴや欲を大きくしていくと暗闇のトンネルから出られなくなります。エゴや欲を大きくすると、大切なものを捨てることになります。大切なものとは、楽しさや人の温かさ、感謝することなどの光です。すべての光は、考えることではなく、心で感じることです。

エゴや欲を大きくしながら思考で生きることは、暗闇のトンネルの中で地面に穴を掘っているようなものです。光のあるトンネルの出口には、どんなにもがいても到達できません。暗闇のトンネルから出るためには、自分のエゴや欲に気づいて小さくし、光を感じて行くことが重要になります。

厚生労働省の2015年1月の発表によると、日本の認知症患者数は2012年時点で約462万人、65歳以上の高齢者の約7人に1人と推計されています。軽度認知障害(MCI)と推計される約400万人を合わせると、高齢者の約4人に1人が認知症またはその予備群になるといいます。

どうして、これ程まで認知症患者が増えたのでしょうか。思考で生きることで、エゴや欲を大きくしてしまった人たちが多くなっているからです。お金を蓄えることに一生懸命になって、楽しむこと忘れてしまったからです。闇にどっぷり浸ることが当たり前になって、光の方に向かうことを放棄してしまったからです。

伊豆の農村に生まれ育った私にとって、高齢のお年寄りが毎日、野良仕事をしている光景は当たり前のことでした。幼い頃は、認知症という言葉もありませんでしたが、どんなに年をとっても人々は土を触り、自然に接していました。自然は光です。都会の中で生活して、自然から離れてしまった人々が増えたことでもあります。

認知症を通じて得られるものは、「私たちの生き方」だと伝えられました。「先のために今を捨てない」ことだといいます。お金はとっておくことが出来ますが、幸せはとっておくことは出来ません。お金=幸せではありません。お金は頭でとらえられますが、幸せは頭でとらえられません。

幸せは心で感じるものだからです。楽しいこと、心地よいことの先に幸せがあります。多くの人が、将来の老後の資金のために、お金を貯めることに懸命になっています。自分の楽しいことにお金を使うことを忘れて、貯蓄のための人生になってしまうのです。将来のために今を捨てないことです。

「今を抱きしめて生きる」とは、今を大切にすること。楽しむことは今を感じることです。介護の方向性は、「心地良さ。自然。歩くこと。やれば出来ることが必要」だといいます。心地良いことを選ぶ、自然の中で生きることが光に向かうことです。最終的に、認知症や介護は、「生きるとは何か」、につながります。

「自らの足で歩き、自ら食べること。そこまでは、本当の意味での生きること」と伝えられました。心臓が動いていることが生きていることではありません。脳波が現れていることが生きている証ではありません。延命治療は医療の闇によって生まれたものです。苦しみながら心臓を動かす必要はありません。

闇の中で命を長らえるより、光の中で命を終えることが光に還ることになるのです。人々が、幸せとは何か、生きるとは何か、について真剣に向き合い、自分の人生に生かしていくことが闇から光に変わることに繋がります。一人でも多くの人が光を選択していくことを願っています。

<過去の関連記事>
「もう十分に闇を見たから光りなさい。光を思い出して目覚めていない人の役に立つのを待っている」と伝えられたヒプノセラピー
「本質とつながる」と教えられたヒプノセラピー
「気づいた者から光と愛を注げばいいのです」と教えられたヒプノセラピー

<お知らせ>
☆11月神戸出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!New!
☆輝く地球・光の講座(レベル1:神戸)開催のご案内New!

☆輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)開催のご案内New!

☆自分が輝いて覚醒をサポートするヒプノセラピスト養成講座☆ヒプノセラピスト養成講座のご案内
☆希望する会場・日時で受講したい方のための出張ヒプノセラピー☆個別出張ヒプノセラピーのご案内

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

☆闇を解除し光の道を歩むためのヒーリング・ヒプノセラピー☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッション「魂の覚醒コース」☆「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッション「魂の覚醒コンパクトコース」☆「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内

いつも応援ありがとうございます!これからもヒプノセラピーを通じて覚醒に繋がる魂の世界を探求していきます!

にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー ブログランキング
いつも最後までお読み下さりありがとうございます。応援よろしくお願いいたします。

テーマ : セラピー&ヒーリング ジャンル : 心と身体

カテゴリ : 出張ヒプノセラピー タグ : ヒプノセラピースピリチュアルライフ認知症介護暗闇のトンネル楽しむ心で感じる本質生きる幸せ
スピリチュアルライフへようこそ!
湘南葉山のヒプノセラピールーム「ヒプノセラピー スピリチュアルライフ」へのご訪問、ありがとうございます。

地球は闇から光へのシフトを迎えています。自然も人も輝く姿になる時に来ています。闇の時代が終わり、光の時代の始まりです。

ヒプノセラピーという自分の内なる旅を通して、光という真実を広めて行き、本質である光輝く自分になる覚醒のための気づきやヒントをご提供していきます。
ヒプノセラピーについて
ヒプノセラピーは本当の自分を思い出していくセラピーです。エネルギーの素晴らしい葉山でのヒプノセラピーは光につながるために適した環境と言えます。

スピリチュアルライフでは、クライアントの方が見えない大切なものに気づき、光輝いて人生を歩むことができるようサポートすることを目的としています。

ヒプノセラピーは、外側に答えを求める自分から内側に答えを求める自分になる、本質に目覚めるための素晴らしいツールです。

自分と対話するヒプノセラピーを通じて、クライアントの方がより自由になり、自分の幸せに向かって行動できるようになることを心がけています。

闇の自分から光の自分に変わる時に来ています。一人ひとりの方が自分の本質を開き、光輝く自分になることが、光輝く地球ににつながります。

ヒプノセラピーによって、多くの方が魂の癒しが訪れて、覚醒という本当の自分になることで、喜びに溢れた光の道を歩んでいかれるよう願っております。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
☆プロフィール詳細

ヒプノセラピーメニュー
スピリチュアルライフのヒプノセラピーは「私たちの魂は永遠であり、魂の成長のために肉体を持って地球に生まれて来ている」というスピリチュアルな観点を取り入れております。

自分の本質である魂の声に気づき、自分の役割と使命に目覚め、魂の喜びと覚醒のためのヒプノセラピーセッションをご用意しております。

出張ヒプノセラピー
札幌市、神戸市にてヒプノセラピー個人セッションを行います。北海道地方、関西地方および近隣の地域の皆様のお申込みをお待ちしております。

輝く地球・光の講座(レベル1)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
輝く地球・光の講座(レベル3)
輝く地球・光の講座(フォローアップ)
お話会
ヒプノセラピーと光のワークの経験から得た気づきや情報を取りまとめ、人の覚醒や土地の本質を開く光のことについてお話をいたします。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お申込み & お問い合わせ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
ブログ「光輝く地球はそこに」
新しい地球に向けた光のワークの旅紀行。光を降ろして行う霊山、聖地、神社仏閣の封印解除と統合。土地が開かれ、自然が煌めく、光輝く地球はもうすぐそこです。
ブログ「輝くあなたを取り戻して」
ヒプノセラピーや光のワークで与えられたメッセージや気づきをまとめ、覚醒するための大切なものを分かりやすくお伝えします。あなたが本来の輝きを蘇らせる一助となれば幸いです。
ブログランキング
応援ありがとうございます!広く情報発信していくために下記ランキングサイトも応援して頂けると嬉しいです!
カテゴリ
月別アーカイブ
スピリチュアルライフ リンク
ブログ村PVランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード