巨大龍の封印解除(宮崎県)(後編) ~日本の光が蘇る~

「大御(おおみ)神社の巨石の神座と龍玉に光を降ろすと、黄金色の龍神の姿の縄文の神が解放された。えびの高原にある、大浪池、不動池、六観音御池、白紫池(びゃくしいけ)に、順に光を降ろして行くと、ようやくマグマのような火の巨大龍が解き放たれた。」

二上山神社に光を降ろして封印解除した翌日、石神(いしがみ)神社を解除することにしました。石神神社は、宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸にある神社で、祭神は国常立尊(くにのとこだちのみこと)といいます。石神神社は、地元では牛神神社と呼ばれているそうです。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ えびの高原 にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

高千穂神社の祭神である三毛入野命(みけいりのみこと)に仕えていた牛を社傍にお祀りして創建されたとの説もあるといいます。石神神社の画像を見て、光を降ろしました。次は、江田(えだ)神社に移りました。江田神社は、宮崎県宮崎市阿波岐原町(あわぎがはらちょう)にある神社です。

主祭神は伊邪那岐尊(いざなぎのみこと)といいます。古事記、日本書紀には、伊邪那岐尊が黄泉(よみ)から帰還して禊(みそぎ)を行ったという記述があり、この「阿波岐原・檍原(あわきがはら)」が当地であると伝えられているといいます。

石神神社のサイトを観ると、伊邪那岐尊が禊を行なったという池は神社の北東にあり、「御池(みいけ)」または「みそぎが池」と呼ばれてたといいます。古事記、日本書紀は、真実を隠すための創造された神話であり、江田神社の御池には何か封じられているかもしれないと感じました。

航空写真地図を観て光を降ろしました。「大事なものがあって水で沈めている」と伴侶が教えてくれました。次に、荒立(あらだて)神社に移りました。荒立神社は、宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井宮尾野にある神社で、主祭神は猿田彦命(さるたひこのみこと)と天鈿女命(あめのうずめのみこと)といいます。

記紀によると、猿田彦命は天孫降臨の道案内をした神であり、道開きの神として知られ、また、天鈿女命は天照大神が天の岩戸に隠れた際に、楽しげに舞い踊った神として知られています。荒立神社も記紀神話に基づいて創られた神社だと感じます。

荒立神社を航空写真で観ると、周りを森で囲まれており、大事な森だと感じました。荒立神社が本来の姿になるよう意図して光を降ろしました。「玉と龍神が出て来た」と伴侶が伝えて来ました。龍の玉と龍神が封印されていましたが、光を降ろしたことで解放されたのです。

次に、大御(おおみ)神社に移りました。大御神社は、宮崎県日向市大字日知屋にある神社で、祭神は天照大御神といいます。「日向のお伊勢さま」としてよく知られ、絶景の大海原を見渡す柱状岩に建つ神社です。境内西側奥には、周囲30m高さ4mの巨石である「神座」が祀られています。

天孫降臨として知られる天照大神の孫にあたる瓊々杵尊(ニニギノミコト)が絶景の大海原を眺望された岩と伝えられ、君が代にうたわれる「さざれ石」とされています。大御神社を航空写真地図で観ると宮崎の巨大龍の楔になっているポイントだと感じました。大御神社全体に光を降ろしました。

「入ったと思う。部分的にやって欲しい所がある」と伴侶が伝えて来ました。彼女が指定した場所の一つは、巨石の「神座」でした。古代の祭祀場の岩を封じている感じでした。画像を観て、本質が開かれるように光を降ろしました。

「右手のひらを前に突きだした格好の神様が出て来た。長髪で王冠をしている男神」と伴侶が教えてくれました。解放された光の存在は、縄文の神だと感じました。伴侶が指定したもう一つは、「龍玉」でした。「龍玉」は、穴の直径約3m、深さ約1.5m 最大径約1mの卵形の石です。

「神座」前の水だまりの土の除去を行っていたところ見つかったといいます。大御神社周辺は今から五千年前(縄文時代)の人が龍神信仰をしていた古代遺跡だとされます。古代の人々は、岩を渦状に刻み龍を表し底には生命の源である龍玉を納め、それを守るように山水を注いだといいます。

私は「龍玉」の画像を観ながら光を降ろしました。「人型でもあり、龍の姿にもなれる神が出て来た。黄金色の龍に見えた」と伴侶が驚いた表情で伝えて来ました。解放された光の存在は、龍神の姿の縄文の神だと感じました。「ヌシの場所だったかもしれない。昔、ヌシはここに居た感じ」と伴侶が付け加えました。

ヌシとは大物主神(国常立大神)のことです。龍神の姿の神と言えばヌシであり、ヌシの本体の拠点だった可能性もあります。宮崎の地に封印されている巨大龍の楔は、一つずつ解除されて行き、もうすぐ解放される段階に来ていました。

翌日、都萬神社(つまじんじゃ:都万神社)から解除することにしました。都萬神社は、宮崎県西都市にある神社で、祭神は木花開耶姫命 (このはなさくやひめのみこと)といいます。都萬神社の社名の「都万」は「妻」のことで、木花開耶姫命が瓊々杵尊の妻であることによるといいます。

周辺には木花開耶姫命と瓊々杵尊が新婚生活を送ったという伝承地が残っているとされます。近くには全国屈指の大古墳群である西都原古墳群や屯倉設置の推定地、日向国府跡もあり、日向の中心地であったことがうかがわれます。

いずれにしても、都萬神社は、記紀神話に基づく神社であり、日向の中心地を封じる役割の一つだと感じました。航空写真地図を観て、都萬神社に光を降ろしました。宮崎の神社の解除を終えて、次に、九州南部に連なる霧島山を含めた山を解除することにしました。

巡礼の旅では、高千穂峰の天之逆鉾に光の柱を降ろして解除していました。残っている気になる場所は、えびの高原でした。えびの高原は、九州南部に連なる霧島山の韓国岳(からくにだけ)、蝦野岳(えびのだけ)、白鳥山(しらとりやま)、甑岳(こしきだけ)に囲まれた盆地状の高原です。

10世紀中頃には性空上人(しょうくうしょうにん)が修行のために、えびの高原を訪れていました。実質的に性空上人が霧島山やえびの高原を封じる役割をしたと感じます。巡礼の旅の中で、霧島神宮にある墓所を訪れて光を降ろし、性空上人の御魂は、既に光に還っていました。

えびの高原の標高は約1,200mであり、宮崎県えびの市の南東部に位置します。狭義のえびの高原は、韓国岳北西斜面に広がる面積約0.8平方キロメートルのなだらかな火山性扇状地を指しますが、広義では韓国岳、蝦野岳、白鳥山、甑岳に囲まれた面積約5平方キロメートルの盆地全体を指すといいます。

えびの高原は、霧島錦江湾国立公園の一部となっています。高原北部に不動池、六観音御池、白紫池などの火口湖が点在しています。ここから韓国岳や大浪池への登山道が延びており、霧島山登山拠点の一つともなっています。航空写真地図から、えびの高原周辺を見て行きました。

まず、大浪池(おおなみいけ)が気になりました。大浪池は、鹿児島県霧島市の北東部、霧島山にある直径630m、周囲約2km、ほぼ円形の火口湖です。大浪池の航空写真地図を観て、光を降ろしました。「何かね・・・龍の姿なんだけど、マグマみたいな火の龍」と伴侶が伝えて来ました。

宮崎の地に封印されていた巨大龍の姿が分かって来ました。やはり赤い色の火の龍だといいます。次に、えびの高原にある、不動池、六観音御池、白紫池に、順に光を降ろして行きました。白紫池に光を降ろすと、「出たよ。韓国岳という韓国という名前が気に入らないみたい」と伴侶が教えてくれました。

ようやく宮崎の地に封じられていた巨大龍が解放されました。韓国岳という山の名前は、日本を封じる役目の渡来人がつけたと感じました。宮崎の地に眠っていた火の巨大龍が自由を取り戻して、宮崎の地が開かれたのです。

マグマのような火の巨大龍ということは、九州を含めた火山と関係していると感じます。日本の山々の火山活動を司る役割の巨大龍なのかもしれません。解放された巨大龍が本来の役割を果たし、日本に光が広がって行くことを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
縄文の世への回帰 ~ヒプノセラピーからの気づき~
天孫降臨の夢 ~巡礼の旅からの気づき~
湯殿山から解放された大きな日本の神 ~日本の光が蘇る~

<お知らせ>
☆12月大津出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!New!
☆12月札幌出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!New!
☆12月お話会(葉山)のご案内New!

☆輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル2:神戸)開催のご案内New!

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

☆闇を解除し光の道を歩むためのヒーリング・ヒプノセラピー☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッション「魂の覚醒コース」☆「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッション「魂の覚醒コンパクトコース」☆「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも本質を開くことを通じて地球の歴史と真実を追及していきます!

にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー ブログランキング
いつも最後までお読み下さりありがとうございます。応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 気付き・・・そして学び ジャンル : 心と身体

カテゴリ : 日本の光が蘇る タグ : ヒプノセラピースピリチュアルライフ大御神社江田神社縄文の神えびの高原白紫池大物主神火の龍神巨大龍
スピリチュアルライフへようこそ!
湘南葉山のヒプノセラピールーム「ヒプノセラピー スピリチュアルライフ」へのご訪問、ありがとうございます。

地球は闇から光へのシフトを迎えています。自然も人も輝く姿になる時に来ています。闇の時代が終わり、光の時代の始まりです。

ヒプノセラピーという自分の内なる旅を通して、光という真実を広めて行き、本質である光輝く自分になる覚醒のための気づきやヒントをご提供していきます。
ヒプノセラピーについて
ヒプノセラピーは本当の自分を思い出していくセラピーです。エネルギーの素晴らしい葉山でのヒプノセラピーは光につながるために適した環境と言えます。

スピリチュアルライフでは、クライアントの方が見えない大切なものに気づき、光輝いて人生を歩むことができるようサポートすることを目的としています。

ヒプノセラピーは、外側に答えを求める自分から内側に答えを求める自分になる、本質に目覚めるための素晴らしいツールです。

自分と対話するヒプノセラピーを通じて、クライアントの方がより自由になり、自分の幸せに向かって行動できるようになることを心がけています。

闇の自分から光の自分に変わる時に来ています。一人ひとりの方が自分の本質を開き、光輝く自分になることが、光輝く地球ににつながります。

ヒプノセラピーによって、多くの方が魂の癒しが訪れて、覚醒という本当の自分になることで、喜びに溢れた光の道を歩んでいかれるよう願っております。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
☆プロフィール詳細

ヒプノセラピーメニュー
スピリチュアルライフのヒプノセラピーは「私たちの魂は永遠であり、魂の成長のために肉体を持って地球に生まれて来ている」というスピリチュアルな観点を取り入れております。

自分の本質である魂の声に気づき、自分の役割と使命に目覚め、魂の喜びと覚醒のためのヒプノセラピーセッションをご用意しております。

出張ヒプノセラピー
札幌市、神戸市にてヒプノセラピー個人セッションを行います。北海道地方、関西地方および近隣の地域の皆様のお申込みをお待ちしております。

輝く地球・光の講座(レベル1)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
輝く地球・光の講座(レベル3)
輝く地球・光の講座(フォローアップ)
お話会
ヒプノセラピーと光のワークの経験から得た気づきや情報を取りまとめ、人の覚醒や土地の本質を開く光のことについてお話をいたします。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お申込み & お問い合わせ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
ブログ「光輝く地球はそこに」
新しい地球に向けた光のワークの旅紀行。光を降ろして行う霊山、聖地、神社仏閣の封印解除と統合。土地が開かれ、自然が煌めく、光輝く地球はもうすぐそこです。
ブログ「輝くあなたを取り戻して」
ヒプノセラピーや光のワークで与えられたメッセージや気づきをまとめ、覚醒するための大切なものを分かりやすくお伝えします。あなたが本来の輝きを蘇らせる一助となれば幸いです。
ブログランキング
応援ありがとうございます!広く情報発信していくために下記ランキングサイトも応援して頂けると嬉しいです!
カテゴリ
月別アーカイブ
スピリチュアルライフ リンク
ブログ村PVランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード