fc2ブログ

日本の光を密かに封じて行った松尾芭蕉 ~巡礼の旅からの気づき~

「松尾芭蕉は表向きは俳諧人として、日本を旅しながら各地の光のポイントを封印した。自分の正体を隠して闇の任務を遂行する闇の役割。徐福、弘法大師、松尾芭蕉は約800年間隔で現れており、徐福が封じた光のポイントを弘法大師と松尾芭蕉が補強して行ったと感じる。」

日本の光の土地を封印していった闇の役割の代表的存在の一人は真言宗の宗祖・弘法大師です。日本の人たちが深い闇を経験して大きな光になるためです。日本が光輝くための封印です。弘法大師は光の存在ですが、闇の時代をつくるという闇の役割を遂行しました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 松島 にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

もう一人、日本を暗闇にするために活動してきた、隠れた闇の役割の代表的存在がいます。松尾芭蕉です。松尾芭蕉は、江戸時代、現在の三重県伊賀市に生まれ、俳句を読んで全国を旅した俳諧人として知られています。一般的には、松尾芭蕉が光の土地を封じた存在だとは誰も思わないでしょう。

しかし、闇の役割とは、人知れず光を封じる役割を果たさなければなりません。表看板を掲げて、裏で闇の役割を果たしていくのです。自分の正体を隠して任務を遂行して行きます。弘法大師も、全国を旅して各地で温泉を掘って人心を掌握することをしながら、光を封じることをして行きました。

人々の目を欺かなければ闇の仕事は出来ないのです。松尾芭蕉もそうでした。表向きは俳句を読む俳諧人として、日本を旅しながら各地の光のポイントを封印して行きました。この表と裏を使い分けるやり方は、現代社会における闇の役割の存在についてもあてはまります。

松尾芭蕉が土地を封じていた闇の役割だと確信したのは、2013年11月、東北巡礼の旅の中で、岩手県平泉にある高館義経堂を訪れた時でした。高館義経堂は、源義経の終焉の地とされる場所です。北上川に面した丘陵にあり、その向こうに束稲山が見える素晴らしい眺望の場所でした。

高館義経堂に光を降ろして北上川の龍神を解放した後、松尾場所の句碑があるのに気づきました。それまでの巡礼の旅で行く先々に芭蕉の句碑があることは気づいていました。高館義経堂の句碑を観て、松尾芭蕉は土地を封じる役割の人だったと確信しました。そして、山の向こうに四角の虹が現れたのです。

ネットで芭蕉の句碑いついて調べると、「芭蕉塚」という言葉に当たりました。「芭蕉塚」とは、松尾芭蕉が詠んだ句や立ち寄った日本各地でそれらを記念して立てられた塚だといいます。全国の芭蕉塚の総計は2242基で、ひとつの県内に100基以上あるのは、山形県104基、長野県227基、群馬県221基、埼玉県116基の4県です。

松尾芭蕉は東海、関東、東北という東日本を中心に土地を封じる役割があったことが伺えます。芭蕉が実際に訪れた場所や俳句に詠んだ場所は、封印された重要な光のポイントだと感じます。2015年11月、芭蕉の「奥の細道」で縁ある瑞巌寺と松島の解除を行うことになりました。

前夜から右あごに痛みがあり、日本地図を観ると松島だと感じました。松島を解除する前に、近くの瑞巌寺に遠隔で光を降ろしました。「青龍が出てきて光に還って行った」と伴侶が伝えて来ました。次に、松尾芭蕉の墓とされる四天王寺(大阪)墓所に光を降ろしました。「そなたとは縁が深いと伝えて来た」と伴侶が教えてくれました。

瑞巌寺の奥の院とされる松島の「雄島」に光を降ろしました。「でっかい白蛇さんが出て来て昇天した。水陸両用。白蛇は渡来人が大陸から持ち込んだ。芭蕉は白蛇の化身みたい」と伴侶が伝えて来ました。松尾芭蕉は白蛇の闇のエネルギーを使って、光の地を封じて行ったのでしょう。

日本の土地を封じた闇の役割である、渡来人の徐福、弘法大師、松尾芭蕉は繋がっていると感じます。紀元前2~3世紀の徐福、西暦800年代の弘法大師、西暦1600年代の松尾芭蕉となり、約800年間隔で三者は引き継がれています。徐福は弘法大師の前世であると感じています。

渡来人の先駆者である徐福が日本の光を封じて、800年後に弘法大師が徐福が封じたポイントをメンテナンスしながら強めて行き、また、800年後に松尾芭蕉が封印を補強して行ったのです。今、日本の封印が解かれる時が来ています。松尾芭蕉の御魂が光に還り、日本が光輝くことを願っています。

<過去の関連記事>
日本を封印した渡来人 「徐福」 ~巡礼の旅からの気づき~
陽の光が射した高野山奥の院 ~巡礼の旅からの気づき~
山丹人と青龍 ~巡礼の旅からの気づき~

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(レベル2:神戸)開催のご案内New!
☆新講座「2月光の自分クラス(葉山)」のご案内New!

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

☆闇を解除し光の道を歩むためのヒーリング・ヒプノセラピー☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッション「魂の覚醒コース」☆「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッション「魂の覚醒コンパクトコース」☆「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも本質を開くことを通じて地球の歴史と真実を追及していきます!

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ松尾芭蕉弘法大師徐福闇の役割封印芭蕉塚松島瑞巌寺

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ