闇が頂点に立つピラミッドの崩壊 ~闇が光に還るとき~

「建築領域のエネルギーは闇が頂点に立つピラミッド構造だった。お世話になった会社を突破口にして、光が入らなかった建築の会社を解除できた。光を降ろすことで、雷神の姿の日本のカルマの闇と角の生えた怪獣の姿のイルミナティが頂点に立つピラミッドは崩壊した。」

2015年2月、建築領域の闇の解除のために、幾つかの会社に光を降ろして行きました。イルミナティが地球から撤退する前のことです。不動産の会社に光を降ろした時、背後にいた銭形平次親分の姿をした闇の宇宙存在のイルミナティから「建築もやってくれ」と伝えられていました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ ピラミッド にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

私はピックアップした建築関係の会社に光を降ろしました。「ピラミッドの出て来た。底辺に大きな会社があって、頂点に闇の雷神のようなエネルギー体がいる。底辺に光が入ればピラミッドが崩壊する」と伴侶が伝えて来ました。建築領域はピラミッド構造になっているようでした。

次の建築の会社に光を降ろしました。「光が入った」と伴侶が教えてくれました。次の建築の会社に光を降ろしました。「光が入らない」と伴侶が伝えて来ました。2回目に光を降ろしても、入りませんでした。そうとう闇が強固な感じでした。3回目に全開で光を降ろしました。

「光が入った・・・道路は満杯で作るところがないと誰かが囁いているのが聞こえた」と伴侶が教えてくれました。次の建築の会社に光を降ろしました。「光が入った。まっとうにやりたいと誰かが言っている」と伴侶が伝えて来ました。次の建築の会社に光を降ろしました。

「光が入らない」と伴侶が伝えて来ました。2回目、3回目も光を降ろすことを試みましたが、ダメでした。伴侶も「何故か分からない」と言いました。糸口をつかむために、ネットで色々調べて行きました。「うん?・・・もしかしたら」と私は閃きました。それは、私が20年以上お世話になった会社でした。

全く光が入らなかった建築の会社と縁があることを思い出しました。私にとっては、お世話になった対象に光を降ろす、御礼参りの機会となりました。お世話になった会社に光を降ろしました。「この部屋に黒い人が4人来ていて、囲まれている」と伴侶が驚いた声で伝えて来ました。

私は4人の闇のエネルギー体に取り囲まれていました。「あなた方の役目は終わりです。それを伝えるために光を降ろしました。どうぞ自分の意志で還ってください」と伝えました。「恩を仇で返すのか。私たちがお前を育てた。そのお蔭で結婚もしただろう」と闇の存在は言いました。

「違います。お世話になった会社に光を降ろすことは御礼参りです。闇を経験させてもらった成果としての御礼の光です」と私は伝えました。「飼い犬に噛まれたようなものだ」と闇の存在は言いました。話が通じないことから、偽神のようなエゴの闇のエネルギー体だと感じました。

伴侶が合図して、私は再度、光を降ろしました。「虹の龍神が発動して消えた」と伴侶が教えてくれました。虹の龍神の働きで、光に強制送還されたのです。光が入らなかった建築の会社に、4回目の光を降ろしました。「やっと光が入った」と伴侶が言いました。

「二本立ての闇になっている。一つ目は日本のカルマみたいな雷神の姿の闇。二つ目の闇は、イルミナティで角の生えた怪獣。カーボーイが持つ投げ縄のロープを持っている。ピラミッドは崩れた」と伴侶が教えてくれました。まさか、自分がお世話になった会社が突破口になるとは思いませんでした。

「光を降ろすために、入社して長い間お世話になった会社だったんだ。あの時の経験があるから今の自分がある」と感慨深く思いました。過去の様々な経験を思い出しながら感謝の気持ちが湧いてきました。私にとっての一番大きな意味のある御礼参りでした。

光の社会の特徴は「分かち合うこと」ですが、闇の社会は、「分け隔てること」です。人間で言うと階級制です。会社におけるピラミッド構造は分け隔てによる支配の仕組です。建築は、国家の基盤であり中心です。建築領域の会社が本来の姿になり、光が広がって行くことを願っています。

<過去の関連記事>
イルミナティの撤退 (前編) ~闇が光に還るとき~
イルミナティの撤退 (後編) ~闇が光に還るとき~
「最終的にはアメリカは地球を守った」  ~闇が光に還るとき~

<お知らせ>
☆新講座「2月光の自分クラス(葉山)」のご案内New!
☆新講座「2月光の自分クラス(札幌)」のご案内New!
☆3月神戸出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!New!

☆2月札幌出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!
☆「3月ヒプノセラピスト養成講座(札幌)」開催のご案内
☆輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)開催のご案内

☆闇を解除し光の道を歩むためのヒーリング・ヒプノセラピー☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッション「魂の覚醒コース」☆「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッション「魂の覚醒コンパクトコース」☆「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

いつも応援ありがとうございます!これからも本質を開くことを通じて地球の歴史と真実を追及していきます!

にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー ブログランキング
いつも最後までお読み下さりありがとうございます。応援よろしくお願いいたします。

テーマ : スピリチュアル ジャンル : 心と身体

カテゴリ : 闇が光に還るとき タグ : ヒプノセラピースピリチュアルライフピラミッド闇のエネルギー体エゴの闇イルミナティ建築崩壊闇の解除光を降ろす
スピリチュアルライフへようこそ!
湘南葉山のヒプノセラピールーム「ヒプノセラピー スピリチュアルライフ」へのご訪問、ありがとうございます。

地球は闇から光へのシフトを迎えています。自然も人も輝く姿になる時に来ています。闇の時代が終わり、光の時代の始まりです。

ヒプノセラピーという自分の内なる旅を通して、光という真実を広めて行き、本質である光輝く自分になる覚醒のための気づきやヒントをご提供していきます。
ヒプノセラピーについて
ヒプノセラピーは本当の自分を思い出していくセラピーです。エネルギーの素晴らしい葉山でのヒプノセラピーは光につながるために適した環境と言えます。

スピリチュアルライフでは、クライアントの方が見えない大切なものに気づき、光輝いて人生を歩むことができるようサポートすることを目的としています。

ヒプノセラピーは、外側に答えを求める自分から内側に答えを求める自分になる、本質に目覚めるための素晴らしいツールです。

自分と対話するヒプノセラピーを通じて、クライアントの方がより自由になり、自分の幸せに向かって行動できるようになることを心がけています。

闇の自分から光の自分に変わる時に来ています。一人ひとりの方が自分の本質を開き、光輝く自分になることが、光輝く地球ににつながります。

ヒプノセラピーによって、多くの方が魂の癒しが訪れて、覚醒という本当の自分になることで、喜びに溢れた光の道を歩んでいかれるよう願っております。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
☆プロフィール詳細

ヒプノセラピーメニュー
スピリチュアルライフのヒプノセラピーは「私たちの魂は永遠であり、魂の成長のために肉体を持って地球に生まれて来ている」というスピリチュアルな観点を取り入れております。

自分の本質である魂の声に気づき、自分の役割と使命に目覚め、魂の喜びと覚醒のためのヒプノセラピーセッションをご用意しております。

出張ヒプノセラピー
札幌市、神戸市にてヒプノセラピー個人セッションを行います。北海道地方、関西地方および近隣の地域の皆様のお申込みをお待ちしております。

輝く地球・光の講座(レベル1)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
輝く地球・光の講座(レベル3)
輝く地球・光の講座(フォローアップ)
お話会
ヒプノセラピーと光のワークの経験から得た気づきや情報を取りまとめ、人の覚醒や土地の本質を開く光のことについてお話をいたします。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お申込み & お問い合わせ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
ブログ「光輝く地球はそこに」
新しい地球に向けた光のワークの旅紀行。光を降ろして行う霊山、聖地、神社仏閣の封印解除と統合。土地が開かれ、自然が煌めく、光輝く地球はもうすぐそこです。
ブログ「輝くあなたを取り戻して」
ヒプノセラピーや光のワークで与えられたメッセージや気づきをまとめ、覚醒するための大切なものを分かりやすくお伝えします。あなたが本来の輝きを蘇らせる一助となれば幸いです。
ブログランキング
応援ありがとうございます!広く情報発信していくために下記ランキングサイトも応援して頂けると嬉しいです!
カテゴリ
月別アーカイブ
スピリチュアルライフ リンク
ブログ村PVランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード