赤の闇を広げて来たアークトゥルスの解除と統合(4) ~闇が光に還るとき~

「諏訪湖畔公園から諏訪湖に光を降ろすとアークの円盤が昇って行った。日本の中心の諏訪湖は、赤の闇を放出する仕組になっていた。八ヶ岳の最高峰・赤岳に光を降ろすと地母神が解放された。地母神は全ての人の内側に存在し、光の時代を象徴する女神だと分かった。」

八ヶ岳巡礼の旅の1日目の午前8時、レンタカーで八ヶ岳方面に向かいました。長野県は大雪の予報なので、スタッドレスタイヤを装備して行きました。巡礼の旅に出る日は、大雨や雪になることが多いです。土地の浄化と人払いのために、龍たちが働いてくれていると感じました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 八ヶ岳 赤岳  にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー 人気ランキングヒプノセラピー

最初の目的地は諏訪湖でした。八ヶ岳の山々を遠隔解除している時、「諏訪湖にアークの円盤の拠点があるかもしれない」と伴侶が伝えて来ていました。諏訪湖は日本の真中に位置しています。大事な場所である八ヶ岳も近いことから、諏訪湖にアークの拠点がある可能性は高いと感じていました。

諏訪湖には2013年12月に巡礼の旅で訪れていました。諏訪大社の解除と大国主命の御子神と言われる建御名方神(たけみなかたのかみ)の龍神を解放して元気な姿にするためでした。諏訪湖は重要な場所であり、今回は諏訪湖畔公園から諏訪湖全体に光を降ろす予定にしていました。

中央高速に乗って走ると途中から雪に変わりました。安全運転に徹して、午前11時半頃に諏訪湖畔公園に到着しました。雪のチラついている天気の中、車を降りて湖畔に徒歩で移動しました。休憩所の中から琵琶湖に向かって光を降ろすと、すぐに強い風が吹きました。

「何かが出た」と私は感じました。「大きなアークの宇宙船が湖面から出て来た」と伴侶が教えてくれました。「分かっていたみたいだった」と彼女は言いました。やはり、アークは日本の中心の諏訪湖を拠点にし、赤の闇を放出して暗闇にしていたのです。しかし、暗闇にする仕事も終わりです。

次に、長野県上伊那郡辰野町のゼロポイントに向かいました。ゼロポイントは、緯度線と経度線が0分00秒で交差する点です。八ヶ岳の近くのゼロポイントを開く必要があると感じていました。これまでの闇の解除の活動の中で、タコの宇宙人たちが帰還する場所がゼロポイントでした。

辰野町のゼロポイントは、北緯36度、東経138度の交点です。ゼロポイントの近くまで車で行きましたが、山林の中の山道が雪深くて断念しました。その代り、途中の場所で遠隔で光を降ろすことにしました。光を降ろすと、「下から光が放たれた感じ。渦巻きが見えた」と伴侶が伝えて来ました。

八ヶ岳巡礼の旅2日目は、3箇所の縄文遺跡を訪れる予定でした。最初の目的地は「ふるさと歴史公園」でした。山梨県北杜市にある、谷戸城跡・谷戸城公園と金生遺跡・北杜市考古資料館です。金生遺跡は、縄文時代の集落跡や祭祀施設と中世城館跡や集落跡が複合した遺跡です。

北杜市考古資料館を展示品を見学した後、屋外で谷戸城跡に光を降ろすことにしました。北杜市考古資料館を出て右手が谷戸城跡の小山になっていました。谷戸城は平安時代後期に逸見氏(甲斐源氏)によって築かれたとされます。谷戸城跡に光を降ろすと「いいと思います」と伴侶が伝えて来ました。

次に、光の縄文の人たちの魂が光に変えるよう意図して北杜市考古資料館周辺一帯に光を降ろしました。「突然、襲われて殺されたみたい。あっという間の出来事」と伴侶が言いました。アークトゥルスの支配下の宇宙船が光の縄文人たちを殺戮して、この地を闇にしたのです。

蛙や蛇とハイブリッドの闇の人間を降ろして、自分たちの証を残すために、考古資料館の中にあった人面土器やタコの顔の土器を作って残したのだと感じました。北杜市考古資料館を後にして、2つ目の目的地の長野県諏訪郡富士見町にある「井戸尻考古館」に移動しました。

井戸尻考古館には井戸尻遺跡などの縄文遺跡から出土した土器や農具が展示されていました。土器に人面をつけた人面土器が非常に多くありました。男根を模した石棒もあり、女性をリーダーとした光の縄文時代の女性社会から男性社会に変えて暗闇にしたことを意味していました。

土器に描かれた渦巻き模様は、「闇に巻き込む」という象徴だと感じました。また、縄文時代の「縄文」も縄の文様から来ているので、蛇に似せた「縄で縛る」という不自由にさせる意図が感じられます。いずれにしても、考古学上の縄文時代は、意図して暗闇にした時代だと確信しました。

展示品の中には、闇のエネルギーを放出する「甌穴石」もあり、アークが降ろした闇の石だと感じました。館外に出て縄文遺跡全体に光を降ろしました。「さっきの遺跡と同じ。突然襲われた感じ」と伴侶が伝えて来ました。井戸尻考古館を後にして、3つ目の目的地の茅野市縄文考古学館に移動しました。

移動途中、右手に八ヶ岳、左手に南アルプスの山々を見る場所にある八ヶ岳山麓の地域は、素晴らしいエネルギーの場所だと感じました。特に原村の地は本当に光のポイントだということを実感しました。茅野市縄文考古学館は、長野県茅野市にある国宝の縄文のビーナス、仮面土偶が所蔵されている場所です。

館内に入ると、国宝の展示物があることから多くの見学者が来ていました。土偶作りをする小学生の課外授業も行われていました。看板となっている縄文のビーナスは、アークが降ろした闇の人間が光の時代の存在を隠すために、地母神を模した偽物を意図して作ったと思いました。

仮面土偶の仮面は、逆三角形の仮面なのは、アークの三角形の銀河を示す闇を意味していると感じます。代表的な2つの土偶を含めた人面土器は、暗闇の世界にするために作られたものです。そして、館内見学で気づいてことは、黒曜石のことでした。黒曜石は、刃物や武器にできる鋭角になる黒色の石です。

八ヶ岳周辺では、霧ヶ峰周辺で採取され、闇のエネルギーの石として降ろされたと感じました。霧ヶ峰を含む日本の光のポイントを闇で封印するために降ろされたと思います。館外に出て、縄文遺跡一体に光を降ろしました。「いいと思います。前の2つと同じアークに襲撃された」と伴侶が伝えて来ました。

茅野市縄文考古学館の見学を終えて、八ヶ岳を解除するポイントを探して行きました。原村に向かうエコーライン沿いの駐車場に車を停めて、まず、霧ヶ峰の黒曜石を意図して光を降ろしました。「光が入って消えた」と伴侶が教えてくれました。次に、八ヶ岳・赤岳が見える場所に移動しました。

赤岳の下方が見える道に車を停めて、赤岳に光を降ろしました。「私はあなたと言われた。地球の内側」と伴侶が教えてくれました。八ヶ岳から解放された地母神は、全ての人の内側に存在する光の時代の象徴としての女神かもしれません。八ヶ岳の地から光が広がるよう願いながら巡礼の旅を終えました。(つづく)

<過去の関連記事>
「八ヶ岳の麓で稲作をして龍の通りをつくる」と伝えられたヒプノセラピー
「どんぐりを使った縄文の農業をする」と教えられたヒプノセラピー
長野 諏訪大社 ~巡礼の旅(20)~

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(レベル2:神戸)開催のご案内New!
☆「1月光の自分クラス(葉山)」のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:葉山)開催のご案内New!

☆「2月光の自分クラス(北九州)」のご案内New!
☆2月北九州出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!New!
☆輝く地球・光の講座(レベル1:北九州)開催のご案内New!

☆闇を解除し光の道を歩むためのヒーリング・ヒプノセラピー☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆魂の覚醒をサポートするための4回セッション「魂の覚醒コース」☆「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッション「魂の覚醒コンパクトコース」☆「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内
☆覚醒することを望む方のためのフォローアップとサポートを目的とした「サポートコース」☆「サポートコース」のご案内

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

いつも応援ありがとうございます!これからも本質を開くことを通じて地球の歴史と真実を追及していきます!

にほんブログ村 スピリチュアル・ヒプノセラピー ブログランキング
いつも最後までお読み下さりありがとうございます。応援よろしくお願いいたします。

テーマ : スピリチュアル ジャンル : 心と身体

カテゴリ : 闇が光に還るとき タグ : ヒプノセラピースピリチュアルライフ八ヶ岳赤岳地母神女神諏訪湖縄文遺跡光の時代暗闇
スピリチュアルライフへようこそ!
湘南葉山のヒプノセラピールーム「ヒプノセラピー スピリチュアルライフ」へのご訪問、ありがとうございます。

地球は闇から光へのシフトを迎えています。自然も人も輝く姿になる時に来ています。闇の時代が終わり、光の時代の始まりです。

ヒプノセラピーという自分の内なる旅を通して、光という真実を広めて行き、本質である光輝く自分になる覚醒のための気づきやヒントをご提供していきます。
ヒプノセラピーについて
ヒプノセラピーは本当の自分を思い出していくセラピーです。エネルギーの素晴らしい葉山でのヒプノセラピーは光につながるために適した環境と言えます。

スピリチュアルライフでは、クライアントの方が見えない大切なものに気づき、光輝いて人生を歩むことができるようサポートすることを目的としています。

ヒプノセラピーは、外側に答えを求める自分から内側に答えを求める自分になる、本質に目覚めるための素晴らしいツールです。

自分と対話するヒプノセラピーを通じて、クライアントの方がより自由になり、自分の幸せに向かって行動できるようになることを心がけています。

闇の自分から光の自分に変わる時に来ています。一人ひとりの方が自分の本質を開き、光輝く自分になることが、光輝く地球ににつながります。

ヒプノセラピーによって、多くの方が魂の癒しが訪れて、覚醒という本当の自分になることで、喜びに溢れた光の道を歩んでいかれるよう願っております。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
☆プロフィール詳細

ヒプノセラピーメニュー
スピリチュアルライフのヒプノセラピーは「私たちの魂は永遠であり、魂の成長のために肉体を持って地球に生まれて来ている」というスピリチュアルな観点を取り入れております。

自分の本質である魂の声に気づき、自分の役割と使命に目覚め、魂の喜びと覚醒のためのヒプノセラピーセッションをご用意しております。

出張ヒプノセラピー
札幌市、神戸市にてヒプノセラピー個人セッションを行います。北海道地方、関西地方および近隣の地域の皆様のお申込みをお待ちしております。

輝く地球・光の講座(レベル1)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
光の自分クラス
感覚で生きる自由な自分を取り戻し、光の道を歩むための講座です。覚醒して本来の光輝く姿になることを目指します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お申込み & お問い合わせ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
ブログ「光輝く地球はそこに」
日本再生に向けた巡礼の旅紀行。光を降ろして行う霊山、聖地、神社仏閣の封印解除と浄化。土地が開かれ自然が煌めく本来の光輝く地球はもうすぐそこです。
ブログ「輝くあなたを取り戻して」
ヒプノセラピーで与えられたメッセージをまとめ、覚醒するための大切なものを分かりやすくお伝えします。あなたが本来の輝きを蘇らせる一助となれば幸いです。
ブログランキング
応援ありがとうございます!広く情報発信していくために下記ランキングサイトも応援して頂けると嬉しいです!
カテゴリ
月別アーカイブ
スピリチュアルライフ リンク
ブログ村PVランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード