「親と離れなければならなかった子供たちの中に黒いタコは生まれた」

「巫女が泣いている。間違ったことをしたと思っている。西日本の熊野の神社。病気とか障害を持つ子供が連れてこられた。誰かが首の骨を折っている。知っていたけど止めなかった。この人たちが大変そうだったから祈ることをしていた。分からないように表現された。」

クライアントの美子さんは、過去世の巫女が間違ったことをして泣いていると分かりました。病気や障害を持つ子供の命が失われるのを知っていたといいます。親と離れなければならなかった子供たちの中に生まれた黒いタコを引き継いでいるとヒプノセラピーで教えられたのです。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 夕焼け にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ランキングヒプノセラピー

○黄色の球は、どうなりましたか?   

-還って行ったけど、頭の左側とみぞおちが痛い。

○何か闇の存在が知らせて来ていると思います。頭の左側には、誰がいますか?

-青と赤と黄。

○どんな存在ですか?

-龍の顔が浮かぶ。青い龍。角が赤。髭が黄。威厳と聞き分けがある。

○何故、その龍は、あなたの所に居るのですか?

-居心地がいいから。

○いつ頃から居るのですか?

-巫女が見える。浜辺で月が見えている。

○場所は、どこですか?

-西日本の熊野。神社。龍が昨年、呼んだけど、行けなかった。

○熊野の神社で何をしていたのですか?

-泣いている。間違ったことをしたと思っている。

○巫女のあなたは、何をしていたのですか?

-病気とか障害を持つ子供が連れて来られた。

○子供たちに何をしたのですか?

-誰かが首の骨を折っている。

○あなたは知っていたのですか?

-私は知っていたけど、止めなかった。この人たちが大変そうだったから。

○あなたは何をしていたのですか?

-祈ることをしていた。分からないように表現された。「かごめかごめ」の歌みたいに鳥が出てくる歌。黒いタコがいる。

○黒いタコは、どこから来たのですか?

-親と離れなければならなかった子供たちの中に生まれた、黒タコを引き継いでいる。龍が慈しみをもって抱きしめている。もう別の龍に入れ替わる時。

○巫女だった前世のあなたと青い龍が光に還るよう光を降ろします・・・どんな感じですか?

-龍と巫女はすぐに還った。別の龍が来た。赤と白とピンクの龍。芸術、教育、癒しの働きの龍。ADHAの子供たちがいる。才能を発揮する仕事みたい。

○他に、どこか体に違和感はありませんか?

-みぞおち。

○誰がいますか?

-黒いタコ。

○何のためにあなたの所にいるのですか?

-癒しを求めている。別に苦しめたいと思っている訳ではない。大きいのも、小さいのもいる。

○では、黒いタコたちが光に還るよう光を降ろします・・・どんな感じですか?

-還って行った人と還ってない人がいる。

○どうして還らないのですか?

-戻る所がない。

○源という全てが生まれた光の場所に還れば良いですよ。意図して委ねれば還れます。どうぞ安心してください・・・還ってないタコの人はどうしたいですか?

-源に還る。

○では、光に還るよう光を降ろします・・・どんな感じでしたか?

-みんな還って行きました。黒い蛇が見える。赤い龍がにらんでいる。

○黒い蛇は、どんな働きをするのですか?

-物事を面白おかしくする。

○おちゃらかして真実を隠すのですか?

-「真実を言って良いことは無かった」と言っている。暗闇の時、大人の方にいる。

○いつ頃の時代からですか?

-安土。火を焚いて、子供を生贄にしている。大人たちの恐怖。生贄を捧げると安らぐけれど、また繰り返される。蛇が自分の尻尾を噛むような感じ。ウロボロス。

○蛇の人は光に還ることで良いですか?

-うん。源に還ることで同意しています。

○それでは、光に還るよう光を降ろします・・・どんな感じですか?

-みぞいちが開けた感じ。もの凄い数の蛇が還って行った。

○次に、光に還りたい存在はいますか?

-頭に狐(きつね)がいる。白銀の狐。「あなたは神社の狐が嫌いでしょ」と言っている。

○あなたは何をしたのですか?

-行商人をやっていた。

○神社の狐に関わることは何かやっていましたか?

-お守りを売っていた。

○お守りとは、どんなものですか?

-中味がエゴの闇。

○白銀の狐は、光に還りたいですか?

-拒否しようとしたけど、役割があるんです。見守ってくれている。

○何故、拒否するのですか?

-その価値がないと思っている。赤い龍が見ている。


ヒプノセラピーの中でクライアントの美子さんは、熊野の神社で巫女をしていたと分かりました。「間違ったことをしたと思って、泣いている」といいます。 「病気とか障害を持つ子供が連れて来られた」「誰かが首の骨を折っている」と伝えられました。健康でなく労働のマイナスになる子供たちの命を失われていたのです。

これは、災を回避するため神に「生贄」を捧げることとは異なります。「生贄」とは、大勢の人のために1人の人を犠牲にするやり方です。言葉で表現すると「間引き」と感じます。「間引き」とは、「口減らし」のために、役に立たない人や労働力にならない人の命を終わらせることです。「口減らし」とは、食糧の消費を減らすことです。

その背景には、食糧に困る程の貧困があります。食糧に困る程の貧困は、どこから生まれたかというと、貨幣経済における富める人と富めない貧しい人に分かれていたと感じます。例えば、典型的なのが地主と小作の関係です。作物が不作の年も、小作は地主に決められた年貢を納めなければなりません。

その結果、小作の食糧は家族を養うには足りなくなります。権力者に支配されて搾取されるという「分離と支配の構図」が出来ていたと思います。「間引き」という「口減らし」の形には、子供だけが対象ではありません。「姥捨山(うばすてやま)」という体が不自由になった老人を山に捨てるという風習もあります。

もしかすると、神社に連れて来られた病気や障害を持つ子供たちは、最初は、命を奪われるまでにはなっていなかったのかもしれません。集団の「座敷牢(ざしきろう)」という形態をとっていたとも感じます。「座敷牢」は、主に、青森県や岩手県を中心とする東北地方の農家にあった風習です。

身体的、精神的な障害の人を座敷に一生、閉じ込めておくことです。人目や世間の目を気にして、労働力にならない健常者でない家族の人を生涯、隠し通すというものです。はじめは、病気や障害を持つ子供たちを養うだけの食糧やお金があったのでしょう。しかし、ある時から養えなくなり、命を終わらせるようになったのだと感じます。

「私は知っていたけど、止めなかった。この人たちが大変そうだったから」という「この人たち」とは、病気や障害を持つ子供たちの命を終わらせる役割をしていた人たちのことです。親に捨てられ、養うことが出来なくなった子供たちの命を終わらせる仕事です。誰かがやらなければならなかったことだと感じます。

とても悲しく切ない思いがこみ上げてきます。「祈ることをしていた。分からないように表現された。「かごめかごめ」の歌みたいに鳥が出てくる歌」と伝えられました。私には、童謡「七つの子」が浮かびました。「烏(からす)なぜ啼くの 烏は山に 可愛七つの子があるからよ 可愛可愛と烏は啼くの 可愛可愛と啼くんだよ」という歌詞です。

「山の古巣へ行って見て御覧 丸い目をした いい子だよ」と続きます。子供たちの命を終わらせる人たちは、こういう表現をしないとやってられなかったのだと感じます。「親と離れなければならなかった子供たちの中に生まれた、黒タコを引き継いでいる」と伝えられました。7歳くらいの子供は、親の状況と自分の立場の両方を分かっていたと思います。

黒いタコはバスターです。子供は、自分が居たら迷惑になると理解していたと感じます。愛する子供を手放せざるを得なかった親の気持ちを察して、自分の気持ちを隠さなければならなかったのです。自分を隠すために、黒いタコが生まれて、助けていたのです。赤の闇の環境の中で生まれた、深い純粋な青の闇だと感じます。美子さんのセッションは続きます。

<過去の関連記事>
「権力者の支配のために生贄が行われた」
「過去世で裏インドという闇の仕事をしていた」
「神と人が一つだった世界を蘇らせる」と教えられたヒプノセラピー

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:葉山)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)開催のご案内New!
☆1月お話会(葉山)のご案内New!

☆輝く地球・光の講座(レベル3:葉山)開催のご案内New!
☆2月札幌出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!New!
☆輝く地球・光の講座(レベル3:札幌)開催のご案内New!

☆魂の覚醒をサポートするための4回セッション「魂の覚醒コース」☆「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッション「魂の覚醒コンパクトコース」☆「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内
☆闇を解除して光の道を歩むためのヒーリング・ヒプノセラピー☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆外出できない方や遠方で希望日に受講したい方のための出張ヒプノセラピー☆個別出張ヒプノセラピーのご案内

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

いつも応援ありがとうございます!これからもヒプノセラピーを通じて覚醒に繋がる魂の世界を探求していきます!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング
いつも最後までお読み下さりありがとうございます。応援よろしくお願いいたします。

テーマ : セラピー&ヒーリング ジャンル : 心と身体

カテゴリ : 魂の覚醒コンパクトコース タグ : ヒプノセラピースピリチュアルライフ黒いタコ間引き口減らし生贄姥捨山座敷牢巫女
スピリチュアルライフへようこそ!
湘南葉山のヒプノセラピールーム「ヒプノセラピー スピリチュアルライフ」へのご訪問、ありがとうございます。

地球は闇から光へのシフトを迎えています。自然も人も輝く姿になる時に来ています。闇の時代が終わり、光の時代の始まりです。

ヒプノセラピーという自分の内なる旅を通して、光という真実を広めて行き、本質である光輝く自分になる覚醒のための気づきやヒントをご提供していきます。
ヒプノセラピーについて
ヒプノセラピーは本当の自分を思い出していくセラピーです。エネルギーの素晴らしい葉山でのヒプノセラピーは光につながるために適した環境と言えます。

スピリチュアルライフでは、クライアントの方が見えない大切なものに気づき、光輝いて人生を歩むことができるようサポートすることを目的としています。

ヒプノセラピーは、外側に答えを求める自分から内側に答えを求める自分になる、本質に目覚めるための素晴らしいツールです。

自分と対話するヒプノセラピーを通じて、クライアントの方がより自由になり、自分の幸せに向かって行動できるようになることを心がけています。

闇の自分から光の自分に変わる時に来ています。一人ひとりの方が自分の本質を開き、光輝く自分になることが、光輝く地球ににつながります。

ヒプノセラピーによって、多くの方が魂の癒しが訪れて、覚醒という本当の自分になることで、喜びに溢れた光の道を歩んでいかれるよう願っております。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
☆プロフィール詳細

ヒプノセラピーメニュー
スピリチュアルライフのヒプノセラピーは「私たちの魂は永遠であり、魂の成長のために肉体を持って地球に生まれて来ている」というスピリチュアルな観点を取り入れております。

自分の本質である魂の声に気づき、自分の役割と使命に目覚め、魂の喜びと覚醒のためのヒプノセラピーセッションをご用意しております。

出張ヒプノセラピー
札幌市、神戸市にてヒプノセラピー個人セッションを行います。北海道地方、関西地方および近隣の地域の皆様のお申込みをお待ちしております。

輝く地球・光の講座(レベル3)
輝く地球・光の講座(フォローアップ)
お話会
ヒプノセラピーと光のワークの経験から得た気づきや情報を取りまとめ、人の覚醒や土地の本質を開く光のことについてお話をいたします。
個別出張ヒプノセラピー
外出できない方やご希望の日時に受講したい方のための出張ヒプノセラピーです。複数人で受講するグループセッションのご予約も承っております。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

お申込み & お問い合わせ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
ブログ「光輝く地球はそこに」
新しい地球に向けた光のワークの旅紀行。光を降ろして行う霊山、聖地、神社仏閣の封印解除と統合。土地が開かれ、自然が煌めく、光輝く地球はもうすぐそこです。
ブログ「輝くあなたを取り戻して」
ヒプノセラピーや光のワークで与えられたメッセージや気づきをまとめ、覚醒するための大切なものを分かりやすくお伝えします。あなたが本来の輝きを蘇らせる一助となれば幸いです。
ブログランキング
応援ありがとうございます!広く情報発信していくために下記ランキングサイトも応援して頂けると嬉しいです!
カテゴリ
月別アーカイブ
スピリチュアルライフ リンク
ブログ村PVランキング
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード