fc2ブログ

「龍の魂や自然界のエネルギーを光に還す」

「キリストの逸話も隠すためのもの。聖書もそれ。何故、隠したのか。ここで生きるため。何故、伝えて来たのか。探していくため。教科書と物語では行き着かない。感じるしかない。キリストの全てを学んだ所で、天照の全てを読んだ所で分からない。体験しかない。」

クライアントの真理子さんは、前世の記憶を覚えているのは、転生が少なく人の気持ちが分からないから重いものを詰めて来たと伝えられました。転生回数は2回だといいます。自然と対話して、龍の魂や自然界のエネルギーを光に還して行くとヒプノセラピーで教えられたのです。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 自然 しずく にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ランキングヒプノセラピー

○他に光に還ることを希望している存在は居ますか?

-はい。髪の長い人がいる。

○女性ですか?

-天照大神と人が言う人。

○天照大神は、あなたと何か関係があるのですか?

-全ての始まり。

○私は、暗闇にするために作られた存在と感じていますが、天照大神は実在したのですか?

-多少、話は違うのよ。隠すために話を作った。場所を隠すため。

○場所とは、どういう場所なのですか?

-ポータル。闇から隠すための伝説という逸話。人々の口伝えで伝えて来たのは、隠していたから。

○上手く隠すことは出来ましたか?

-うん。キリストのような日本人の人もいる。そういうような人がいる。キリストの逸話も隠すためのもの。聖書もそれ。ダビンチコードのような。何故、隠したのか。ここで生きるため。何故、伝えて来たのか。探していくため。生きている意味。今、同時に起こっていること。急激に変わって行く。加速して行く。バランスが変わって行く。

○あなたがやることは何ですか?

-教科書と物語では行き着かない。感じるしかない。ここで生きることしかない。キリストの全てを学んだ所で、天照の全てを読んだ所で、分からない。体験しかない。それが巧妙に隠して来た。気づき始めた。それで良い。エッセンスだから。

○天照大神と言われる存在は光に還ることを望んでいますか?

-無になる。私たちは、その使いでしかない。それを創る使いでしかない。

○他に光に還りたい存在は居ますか?

-分からない。

○では、質問を続けます。あなたは、部分的に、前世の記憶を覚えているといいますが、何故ですか?

-自分で詰めて来た。丸いものを。

○丸いものとは何ですか?

-重いものを持って来た。比重の高いもの。何故なら転生が少ないから。人の気持ちが分からないから。

○地球での転生回数は何回ですか?

-2回。「持って行った方がいいよ」と言われた。

○あなたの魂の故郷は、どこですか?

-プレアデス、シリウスを経由して、オリオンを経由して、プレアデスの上。名前はない。

○何のために地球に来たのですか?

-還るため。

○どこに還るのですか?

-スパークする。自分に還る。

○あなたがやるべきことは何ですか?

-還さなきゃいけない。同類の魂。

○同類の魂とは何ですか?

-人間の中に入っていない魂。龍の魂。自然界のエネルギー。山のエネルギー。

○還すやり方を知っていますか?

-この子は知らない。上の人は知っている。

○もうやっていますか?

-まだ。

○どんな風にやるのですか?

-呼吸をすることのように使える。

○あなたは、どんな仕事を望んでいますか?

-何でもいい。改革したい。

○何を改革するのですか?

-地下のエネルギー。

○何故、地下のエネルギーなのですか?

-腐って来始めている。死んだ山。気持ち悪い。

○地下のエネルギーに対して何をしますか?

-解放する。

○光を降ろした方がいいですか?

-はい。

○では、地下のエネルギーに光を降ろします・・・どんな感じですか?

-眠い感じ。 

○他に光に還りたい存在は居ますか?

-妖精を商品化した人たち。

○あなたとは、どういう関係ですか?

-絵の中に入った。還りたい。

○妖精を解放するのですか?

-うん。

○どこに居ますか?

-カード。足に鎖が付いている。

○その妖精の本来の居場所はどこですか?

-大気。

○あなたの魂が望む仕事や活動は何ですか?

-対話。

○人との対話ですか?

-人とも、山、川、大地。虫もエネルギーも。

○あなたは、自然との対話は出来ますか?

-やろうと思っている。

○自然と対話するとどうなりますか?

-浄化の源。

○いろんな自然の所に行きますか?

-やりたくない。

○「やりたくない」と言った人は誰ですか?

-言っちゃいけない。逃げたい。

○前世の人ですか?

-人が死んだ。お腹の所に鉛の球がある。

○鉛の球とは何ですか?

-水晶に変えたい。

○では鉛の球が光に還るよう光を降ろします・・・どんな感じですか?

-鉛の球を持ったことで精神を病んでいた。

○あなたは引越し先として神奈川県を感じていますが、神奈川県は何か意味がありますか?

-水の通り道。

○神奈川県の鎌倉市辺りを考えているといいますが、鎌倉は、どういう意味がありますか?

-水の通り道。

○引越の時期はいつ頃ですか?

-この人が還ってから。

○やることは何ですか?

-光を降ろす。さっきの精神を病んだ人が重い。癒せない。まだ水を癒やせない。苦しい。

○もう一度、光を降ろします・・・どんな感じですか?

-足が寒い。

○(この時、私には、伴侶の名前が浮かびました)

-奥さまと会うことは可能ですか?青い人が会いたがっています。

○はい。分かりました。今、呼んで来ますので、お待ちください・・・(伴侶を紹介して、対面して、2人は対話して行きました)

-シリウスで地球に送る人のリストを作っていた・・・今、私が還る順番が来ている。

○(クライアントの真理子さんと伴侶と抱擁しました)

-お腹の鉛の球が昇って行った。軽くなった。


クライアントの真理子の後半のヒプノセラピーは、とても濃い内容でした。天照大神とキリストの名前が出て来ました。天照大神が実在したかの質問に対して、「隠すために話を作った。場所を隠すため」と伝えられました。場所とは何かについては、「ポータル」といいます。

「闇から隠すための伝説という逸話。人々の口伝えで伝えて来たのは、隠していたから」と続きました。「ポータル」とは「入口」の意味です。「闇から隠すため」という言葉があるので、「光の入口」だと受け取れます。私は、具体的な場所というより「真実」と捉えた方が分かり易いと感じます。

「真実」も「光」ですので、結局は同じことになります。キリストについては、「キリストのような日本人の人もいる。そういうような人がいる」と伝えられました。光のワークでは、道南の大千軒岳からキリストの姿のエネルギー体が解放されました。キリストの原型となる古代の日本人だと思います。

天照大神やキリストは、いわゆる「神」と呼ばれる存在です。両者は、実在の人物をモデルにして作られた存在だと感じています。「神」を創造することは、純粋な意味での「支配」という暗闇を作るためです。本来、全ての人の中に、魂という源から分かれた光の「神」が存在しています。

宗教のように、外側に神を置くことで、自分の中の光を忘れて、暗闇になるのです。「高い所に崇めるものを置く」ことが「支配」の原点です。支配されることは、闇を経験することです。自分の光を大きくするためには、深い闇の経験が必要です。「キリストの逸話も隠すためのもの。聖書もそれ」といいます。

真実を隠すから暗闇になります。「教科書と物語では行き着かない。感じるしかない。ここで生きることしかない。キリストの全てを学んだ所で、天照の全てを読んだ所で、分からない。体験しかない」と伝えられました。ここは重要です。目で見て頭で考えるのではなく、体験して感じることで、真実を知ることです。

地球の三次元の世界は、思考で探って行っても、真実に行き着かないのです。自分が体験して、感覚を使うことで、真実をつかめるのです。教科書や物語にした時点で、光の入口が隠されると感じます。真理子さんは、転生回数が2回という少ない転生回数なので、「前世の記憶を持って来た」といいます。

前世の記憶について、「自分で詰めて来た。丸いものを」「重いものを持って来た。比重の高いもの」というようにユニークな表現で伝えられました。何かエネルギーのような感じもします。多くの人の場合、前世の記憶を消して生まれて来ます。新鮮な、真っ新な状態で体験や経験をするためです。

経験を通じて、学んだり、成長したりするために、前世の記憶があると邪魔になるのです。真理子さんが生まれて来た目的が、そこにはないのです。地球に来た目的は、「スパークする。自分に還る」と伝えられました。光に還ることです。やるべきことは、「同類の魂を還さなきゃいけない」といいます。

同類の魂とは、「人間の中に入っていない魂。龍の魂。自然界のエネルギー。山のエネルギー」と伝えられました。闇として留まっているエネルギーを光に還していくのです。最後の場面で伴侶と面会したのは、真理子さんの中のシリウスの人が還るためでした。シリウスの闇の撤退に関係していました。

シリウスの純粋な闇の仕事をしていた人たちが地球から撤退する時期が来たのです。セッション当日は、7月7日の七夕でした。西日本豪雨が終わろうとしていた時で、シリウスのエネルギーと関係していました。西日本豪雨は、闇を洗い流して浄化し、光を広げるためであり、日本が光に変わるための意味を感じています。

引越先と感じている鎌倉は、「水の通り道」と伝えられています。前半では、「ダムになってしまった川のエネルギー。龍の解放をして行って」と言及されました。水のエネルギーを通すことは、光を通すことです。これから真理子さんが、輝く自分になって、役割を果たしていくことを願っています。

<過去の関連記事>
「地球を光に還す」
「祈ることで闇を光に還す」
「みんなに地球と仲良くすることを伝える」

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(レベル2:葉山)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル1:葉山)開催のご案内New!

☆輝く地球・光の講座(レベル3:札幌)開催のご案内New!
☆8月札幌出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!New!

☆魂の覚醒をサポートするための4回セッション「魂の覚醒コース」☆「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッション「魂の覚醒コンパクトコース」☆「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内
☆闇を解除して光の道を歩むためのヒーリング・ヒプノセラピー☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆外出できない方や遠方で希望日に受講したい方のための出張ヒプノセラピー☆個別出張ヒプノセラピーのご案内New!

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

いつも応援ありがとうございます!これからもヒプノセラピーを通じて覚醒に繋がる魂の世界を探求していきます!
 
 

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ自然界エネルギー天照大神キリスト真実シリウス

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(L2)
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ