fc2ブログ

神事に隠された火を闇にする生贄の仕組(2) 〜闇が光に還るとき〜

「上賀茂神社に火があり、下鴨神社に鳳凰が封じられていた。重要な水の場所の京都を封じる仕組だった。湯立神事も生贄の名残だと感じる。生贄の儀式を祭り上げて神事にすることで、闇を光に見せかける。闇を神格化することで、人々を支配することにもなる。」

南房総市の賀茂神社に、闇の解除・統合のために遠隔で光を降ろしました。最初は、闇の役割の「火」を意図して光を降ろして、次に、生贄になった子供たちの御魂が上がるよう意図して光を降ろしました。「いいと思います。還っているようです」と伴侶が伝えてくれました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 上賀茂神社 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ランキングヒプノセラピー

賀茂神社の次に、房総半島の「火」と「水」に関連する場所にピックアップしていた、白浜鍾乳洞と野島崎公園に移りました。白浜鍾乳洞は、千葉県南房総市白浜町にある鍾乳洞です。白浜鍾乳洞のすぐ横には「涼源寺の滝」もあり、水の場所だと感じました。洞穴の奥には、不動明王像が祀られているそうです。

また、乳の神として効があるといわれて信仰されているといいます。不動明王は、炎に覆われている「火」の象徴であり、「水」の場所に「火」を置いて封じている形です。画像を観て白浜鍾乳洞に光を降ろすと、「光は入ったけど、特に変化はない」と伴侶が教えてくれました。次に野島崎公園に移りました。

野島崎は、房総半島最南端の岬です。昔は離れ島で、元禄16年(1703年)の大地震で陸続きとなり野島崎となったいう説があります。1180年、伊豆から安房に渡ってきた源頼朝が、野島崎に立ち寄り、大岩に野島山の三文字を刻んだという伝説もあるといいます。源頼朝は、裏インドの闇を広げる役割を担っていました。

源頼朝が立ち寄ったことは、この地の光を封じて闇にしたことを示唆しています。野島崎公園内にある厳島神社と闇の岩と思われる海岸の黒い岩が気になりました。これまでのエネルギーワークから、厳島神社は、宗像三女神という名で、裏インドの闇のエネルギー体「カーリー」を祀り、水を封じていることが分かっています。

厳島神社に光を降ろすと「裏インド」と伴侶が伝えて来ました。海岸の黒い岩を意図して光を降ろすと、「役目が終わった所」と伴侶が言いました。やはり闇のエネルギーを放出する役割の岩でした。南房総市の賀茂神社は、全国にある加茂神社、賀茂神社の1社であり、京都にある上賀茂神社と下鴨神社から勧請されたものです。

京都は重要な「水」の場所であることから、上賀茂神社、下鴨神社にも「水」を封じるために、何らかの形の「火」が置かれていると感じました。そして、上賀茂神社と下鴨神社を遠隔で解除することにしました。上賀茂神社は、京都市北区にある神社で、祭神は、賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)とされます。

正式名は、賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)といいます。上賀茂神社は、京都最古の歴史を有する一社であり、かつてこの地を支配していた古代氏族である賀茂氏の氏神を祀る神社として、下鴨神社とともに賀茂神社と総称されます。祭神の賀茂別雷大神から「火」に関わる神名だと感じます。

2014年2月の京都巡礼の旅で、上賀茂神社を訪れていました。その際は、玉が出て来て、白龍や白髭を生やした男神が解放されました。境内を流れる清流の小川が印象に残っています。細殿前の円錐状の2つの砂の山の立砂(たてずな)は、炎の形の象徴だと感じます。幾つか「火」に関わるヒントが置かれていると思いました。

火を意図して上賀茂神社に光を降ろすと、「火が燃えている」と伴侶が教えてくれました。この時、伴侶は「とても熱くなった。お腹が・・・」と言って、トイレに駆け込んで行きました。「水」の性質を持っている伴侶にとって、上賀茂神社に置かれた「火」は強烈な浄化作用をする闇のエネルギーだったようです。

次に、下鴨神社に移りました。下鴨神社は、京都市左京区にある神社で、祭神は、玉依姫命(たまよりひめのみこと)、賀茂建角身命(かもたけつのみのみこと)とされます。正式名は、賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)といいます。ここも、境内に御手洗川、みたらし池があり、上賀茂神社と同様に「水」の場所です。

下鴨神社に光を降ろすと、「上賀茂神社みたいに燃えていない」と伴侶が伝えて来ました。「何かある」と私は感じました。祭神の賀茂建角身命についてウィキペディアで調べていくと、「金鵄(きんし)および八咫烏(やたがらす)ともに、賀茂建角身命の化身とされており、この二つを合わせて、金鵄八咫烏と呼び祀っている」と記されていました。

私は直感的に、糺の森(ただすのもり)に、鳳凰が封じられていると感じました。航空写真地図を観て、下鴨神社に光を降ろしました。「火の鳥が出た」と伴侶が伝えて来ました。やはり、火を放つ鳥である鳳凰が解放されました。この鳳凰は、闇の役割の「火」を燃え尽くすための鳳凰だと感じます。

右手親指の痛みから、南房総市の賀茂神社にたどり着き、京都の上賀茂神社、下鴨神社に繋がりました。全国にある加茂神社、賀茂神社は、「水」を封印する役割があると感じます。生贄を通じて、「火」を闇の役割にして「水」を封じて来たのです。また、ヒプノセラピーで、「湯立神事(ゆだてしんじ)」という言葉が伝えられました。

「湯立神事」は、箱根の神社で行われて来た伝統的な神事の神楽で、安永5年(1776年)に伝承されたとされます。獅子が無病息災、家内安全、五穀豊穣を祈念して、クマザサの束で湯をかき回し参拝者に湯ザサをふってふりかけて悪疫を払うといいます。 この湯花がかかると、一年間病気をしないといわれています。

この「湯立神事」も生贄の名残だと感じます。大釜に満たした水を火を焚いて沸騰させるのです。火あぶりのように直接、火で生贄にするのではなく、水を介している所がポイントです。ヒプノセラピーでは、「湯立神事」と同時に、「祭り上げる」というワードを与えられました。「祭り上げる」とは「高い所に置く」ことです。

すなわち、「神格化する」のです。「祭り上げる」ことは、真実を隠して、上塗りすることを意味します。闇の儀式である生贄の儀式を祭り上げることで「神事」とするのです。それは、「生贄の儀式」という「闇」に、「神事」を上塗りすることで、「光」に見せかけるのです。「祭り上げる」ことは、さらに支配の働きもあります。

神格化された「神」を頂点にして、配下にある人々を支配するのです。「祭り上げる」ことが、実に巧妙な闇の仕掛けであることが分かります。暗闇の世界を築くために、特に宗教の世界において、数多く「祭り上げる」ことが成されて来ました。地球が闇から光に変わる時、神事という闇の仕組の役割も終わりを迎えます。(おわり)

<過去の関連記事>
「白に見せかけた黒を元に戻すように」
「光を広げてください」
京都 上賀茂神社 ~巡礼の旅(42)~

<お知らせ>
☆3月神戸出張ヒプノセラピー個人セッション参加者募集中!New!
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:神戸)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)開催のご案内New!

☆魂の覚醒をサポートするための4回セッション「魂の覚醒コース」☆「魂の覚醒コース」のご案内
☆魂の覚醒をサポートするための2回セッション「魂の覚醒コンパクトコース」☆「魂の覚醒コンパクトコース」のご案内
☆闇を解除して光の道を歩むためのヒーリング・ヒプノセラピー☆ヒプノセラピーセッションのご案内
☆外出できない方や遠方で希望日に受講したい方のための出張ヒプノセラピー☆個別出張ヒプノセラピーのご案内

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

いつも応援ありがとうございます!これからも本質を開くことを通じて地球の歴史と真実を追及していきます!
 

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ賀茂神社上賀茂神社下鴨神社祭り上げる神事湯立神事生贄神格化

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(L2)
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ