fc2ブログ

6月お話会(スカイプ)開催のご案内

「分離から統合へ自分を変える」についてのお話、タイムリーな出来事の意味を探求する時事トピックスの時間、グループ・ヒプノセラピーから構成されるお話会のお知らせ

6月24日(月)13時から遠隔でのお話会を開催いたします。今回は、スカイプを用いたお話会です。ヒプノセラピーと光のワークからの覚醒ついてのお話、最新のニュースを探求する時事トピックスの時間、ヒプノセラピーのグループセッションを予定しております。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 葉の雫 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 

1.イベント名 「6月お話会(スカイプ)」

2.講師 ヒプノセラピスト&スピリチュアルライター 岩本 義明

3.日時 2019年6月24日(月)13:00~15:30(予定) 

4.定員 5名

5.参加費 3,000円

6.お話会(スカイプ)開催にあたって

従来の対面形式の「お話会」は、実際に参加者の皆さまとお会いしてお話をするものでした。スカイプでの「お話会」は、海外在住の方を含め、遠方にお住まいの方などにとって、新たな機会となると思います。スカイプは、インターネット環境下でのパソコン、スマートフォン、タブレットなどで利用可能です。

今回の「お話会」は、スカイプを通じて無料のテレビ電話のような感覚で会話できるグループビデオ通話となります。スカイプの「お話会」は、インターネットの環境があれば、自宅などの居心地良い場所で受講することができます。ソフトをダウンロードして準備できますので、初心者の方でも簡単に利用できます。

下記にスカイプ説明ページを作成しましたので、ご利用ください。スカイプの「お話会」を通じて、光の輪が大きく広がっていくことが出来ればと思っております。今回の「お話会(スカイプ)」を通じて、光の道を歩む仲間の方々とお会いできるのを楽しみにしております。

【スカイプ(Skype)について】
スカイプ(Skype)とは、インターネットを通じて無料で通話ができるソフトウェアのことです。スカイプアカウント(スカイプを使用するための権利)を取得した者同士なら、ネット環境下のパソコン、タブレット、スマートフォンなどを使ってビデオ通話・音声通話が利用できます。

通常のスカイプ(Skype)での通話は、1:1の通話が一般的ですが、複数の間での通話も可能です。ビデオ通話は、最大5人を推奨されていますが、最大9人まで可能ですので、複数拠点を接続したテレビ会議も可能となります。
 
スカイプを利用する準備は、以下の「スカイプ(Skype)についての詳細」ページをご参照ください。
※「スカイプ(Skype)について」の詳細のページはこちら⇒スカイプ(Skype)について

7.内容

(1)お話:「分離から統合へ自分を変える」

日本は令和という新時代が幕を開け、輝きを放つ時に来ています。地球の分離から統合へのシフトと共に、日本の人たちも分離から統合へ移行する必要があります。自分が統合するには、まずは、どうすれば良いのか、何をするのか、についてお話させて頂きます。

(2)時事トピックスの時間

日本を含めて世界は、今後、様々な大きな変化が予想されます。地球の変化とともに自分を変えて行くことが重要になります。世の中で起こった出来事やニュースについて、参加者の皆さまと一緒に座談会形式を気楽にお話したいと思います。

(3)ヒプノセラピーグループセッション

参加者の方、一人ひとりにとって必要な情報やメッセージを受け取るための練習として、ヒプノセラピーのグループセッションを行います。自分がより幸せになるためのメッセージが得られるよう誘導します。リラックスして臨んでください。

8.お申込み
ご希望の方は、件名を「6月お話会(スカイプ)」とし、下記の内容を添えてメールにてお申込み先までお送りください。
(1)お名前とフリガナ
(2)ご連絡先(携帯番号)
(3)スカイプ名

9.お申込み&お問合せ先
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp
スピリチュアルライフ 岩本義明宛
携帯番号:080-5065-0126

10.お支払方法
お申込み時にお伝えします指定の銀行口座への事前振込みとなります。料金のお振込みをもって正式なご予約とさせていただきます。直前のお申込みで入金確認できない場合、お振込用紙の画像の送付をもって正式なご予約に代えさせていただきます。尚、お振込み手数料はお申込みの方のご負担とさせていただきます。

11.キャンセルについて
開催日の3日前までにご予約の取消のご連絡を頂いた場合、料金をお返しいたします。それ以降の場合は、原則としてご返金できかねますので、よろしくお願いいたします。

皆様のお申込みを心よりお待ちしております。

<お知らせ>
☆6月札幌出張セッションのご案内New! 
☆6月お話会(札幌)のご案内New! 

☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:葉山)開催のご案内New! 
☆輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)開催のご案内New! 

☆輝く地球・光の講座(レベル2:札幌)開催のご案内
☆輝く地球・光の講座(レベル3:スカイプ)開催のご案内 

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内New!
☆分離から統合へシフトして本来の輝く自分へサポートする4回コース☆魂の統合コースのご案内
☆分離から統合へシフトして本来の輝く自分へサポートする2回コース☆魂の統合コンパクトコースのご案内

☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内New!
☆自分が輝いて地球を光輝かせる覚醒のための講座☆輝く地球・光の講座のご案内
☆魂が輝く本来の自分に目覚めるための2人定員制のヒプノセラピー講座☆ヒプノセラピスト養成講座のご案内

☆土地や自然を解放し光のラインを通す巡礼の旅紀行☆ブログ「光輝く地球はそこに」
☆あなたが純粋に光輝くための教科書のピース☆ブログ「輝くあなたを取り戻して」

いつも応援ありがとうございます!スピリチュアルライフは、これからも魂の光が輝くようなイベントをご提供していきます!
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ  精神世界サイトランキング

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフお話会スカイプ遠隔分離統合グループセッションスピリチュアル時事トピックス

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ