FC2ブログ

「肉体的、精神的不調は自分の中にある大きな闇のため」

「集団に捨てられた。集団が移動していて、ついてた個体が捨てられた。置いてきぼりになった。絶望して暗闇に留まっている。戦いの集団とは聞かされている。ビジョンはライオン。その時から戦いはしたくない。でも、いずれ戦わなければいけない。」

クライアントの健志さんは、ヒプノセラピーの中で、幼少期に退行してもイメージが浮かばずに、黒いものがあると感じました。いくつかの統合すべき闇のエネルギーがありました。拒食の症状などの体の不調は、自分の中に大きな闇があるからだと分かったのです。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ ゼータ星

クライアントの健志さんは、幼い頃の自分と対面するために幼少期に退行していきました。 

○幼いあなたは、どんな所にいますか?

-イメージが浮かばない。階段を下りる時に浮き上がった感じがした。これは記憶がある。下に沈んで行く。宇宙の暗闇に入って行って、フワッて消える。黒いの。まぶたがピクピク動いた。

○もう一度、階段を下りる所から誘導します・・・今度は、どうですか?

-浮かばない。でも、何かがいる気がする。近づけない。黒いの。雲の中。

○闇のエネルギー体がいると感じます。誰か光に還ることを希望している存在は、いますか?

-いるけど、何も言わない。見つけて欲しくない。

○どうして見つけて欲しくないのですか?

-泣きそうになる時の感じがする。ヒクヒクしている。父親を怖れていた。幼い時に。

○怖い感じですか?

-そう。暗闇の向こうで泣いている感じ。私が側に居るから泣きじゃくっている。

○では、落ち着くように光を降ろします・・・どんな感じになりましたか?

-さっきよりは落ち着いた。でも、物陰に隠れている。

○その人は誰ですか?

-こいつについている。認めてくれる人がいない感じだった。

○怖れているのは何故ですか?

-捨てられた。

○誰に捨てられたのですか?

-集団。

○あなただけが捨てられたのですか?

-集団が移動していて、ついてた個体が捨てられた。置いてきぼりになった。絶望して暗闇に留まっている。

○戦いの集団ですか?

-そうとは聞かされている。見たことはない。

○それは人間の時ですか?

-何も言わない。ビジョンはライオン。その時から戦いはしたくない。でも、いずれ戦わなければいけない。

○あなたは、その集団から離れたのですか?

-はい。

○長い間、暗闇にいたと思いますので、もう明るい所に出た方がいいです。光に還って幸せに成ってください。それでは、光を降ろします・・・どんな感じでしたか?

-還ってくれて、催眠に入った。バイバイして行った。

○幼い頃、あなたが一番楽しかった場面を思い浮かべてください・・・どんなイメージですか?

-飛行機を見ている。父親といる。3歳くらい。今、泣きそう。父親が好きだったんだな。

○今度は、幼い頃、あなたが一番悲しい場面をイメージしてください・・・どんな感じですか?

-何も浮かばない。

○次に、花畑の場面をイメージしてみてください・・・どんなイメージが浮かびますか?

-ヒマワリがある。黄色と赤紫の景色。凄い晴天。はしゃいでいる。幼い自分は、2、3才。

○今のあなたが幼いあなたを抱きしめてあげてください・・・どんな感じですか?

-不思議がっている。

○「何か欲しいものはある?」と幼いあなたに尋ねてみてください・・・何と言って来ますか?

-そんなことより、何か変えているんでしょ。騙されんけど。自分の事やんな。さっき7割抜けて、3割いる。

○光に還りたい人がまだ誰か居るのですか?

-居る。

○どうして、そこに居るのですか?

-出られなかった。

○何故ですか?

-もっと大きいエネルギーが蓋になっている。

○出たいと思っていますか?

-ずっと待っていた。

○待っていた間、何をしていたのですか?

-まだ言えない。好かれない悲しみ。どんなことをやっても怒られるから。

○では、解放されるように光を降ろします・・・どんな感じですか?

-その人に圧着されて、いろんなことをしていた。設計しているような。建築物を設計している人みたい。男の人。心底から満足せずに死んじゃったみたい。昇り切っていない。

○では、もう一度、光を降ろします・・・今度は、どうですか?

-ごめんねって言って笑って行った。

○光に還りたい人は、他に誰か居ますか?

-苦しい。

○何が苦しいのですか?

-居場所がなかった。エネルギー的に居場所がなかった。

○では、楽になるよう光を降ろします・・・どんな感じですか?

-ガンジーみたい。

○何をしていた人ですか?

-人々の幸せだけを願ってやっていたけど、幸せに死ねたからいい。

○では、光に還るよう光を降ろします・・・どんな感じでしたか?

-めっちゃ笑っている。他に6人くらいいる。

○全員が光に還るよう光を降ろします・・・どんな感じですか?

-還りました。でも、1人が排水口に詰まっている感じ。蓋がある。

○蓋とは何ですか?

-闇のオブジェみたい。

○では、蓋が取れるよう光を降ろします・・・今度は、どうですか?

-「凄いね」と言っている。多分、解けたと思う。


クライアントの健志さんは、小さい頃から生き難さを感じて来た大学生の方でした。具体的には、精神的、肉体的な不調が起きていました。拒食の症状、突発性難聴、地に足を着けてない感覚、食物アレルギー、小児喘息、アトピー、喉の詰まり、嘔吐・嗚咽などの症状が生じて来たといいます。

健志さんは、しっかりと自分と向き合うことを試みると「自分が存在してはいけない」「生きる価値がない」という自己否定や怖れがあることに気づきました。こういう経緯から、自分が前に進むために大きな障壁になっている問題の解決の糸口を掴むためにヒプノセラピーを受講したのです。

事前カウンセリングの段階で、健志さんから話を聞いた私は、何らかの闇が留まっていると感じました。過去世で苦しさや辛さを経験した闇のエネルギーだと思います。健志さんに光を降ろして、彼の中にいる闇のエネルギー体を光に還すことが重要でした。幼少期の退行で、すぐにその兆候が現れました。

幼い自分と対話する幼少期の退行においては、通常、殆どのクライアントの方は問題なく幼い自分をイメージしたり、思い出すことが出来ます。しかし、健志さんの場合は、違っていました。「何かがいる気がする。近づけない。黒いの。雲の中」と伝えて来ました。この段階で、闇が存在すると確信しました。

闇のエネルギー体がいると、イメージが浮かばなくなったり、感覚で捉えることが出来なくなります。闇で封印されている状態なのです。健志さんの中の闇を探って行くと「こいつについている」「集団に捨てられた」という存在でした。戦う集団から切り離された存在のようでした。

「集団が移動していて、ついてた個体が捨てられた。置いてきぼりになった。絶望して暗闇に留まっている」「戦いはしたくない。でも、いずれ戦わなければいけない」と伝えられました。光を降ろすと、闇の存在は光に還って行きました。幼い自分と対話すると「さっき7割抜けて、3割いる」と伝えられました。

まだ、統合すべき闇が存在していました。過去世の健志さんでした。「建築物を設計している人みたい。男の人。心底から満足せずに死んじゃったみたい」といいます。「エネルギー的に居場所がなかったガンジーみたいな人」もいました。その他に「他に6人くらいいる」と伝えられました。

皆、光を降ろすことで光に還って行きました。自分が光になって行くためには、自分の中の過去世の闇を光に統合していくことが大事です。ヒプノセラピーの経験では、若くして困難を経験する人は余りいません。続く、魂との対話の場面で、健志さんの困難な人生の意味が明かされることになります。

<過去の関連記事>
「自分の中の闇を光に統合する」
「宇宙で支配していた闇の過去世が光に還る」
闇のエネルギーのサイン ~ヒプノセラピーからの気づき~

 <お知らせ>  
☆輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)開催のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆新ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからもスピリチュアルな内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます! 
   

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 不調 肉体 精神 統合 過去世 幼少期 暗闇

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間のセラピスト活動を行って来た葉山を卒業し、自然豊かな北の大地で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
輝く地球・光の講座(FL)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
お話会
ヒプノセラピーやエネルギーワークからの気づきを整理し、自分が輝く覚醒についてのお話をいたします。
新ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード