FC2ブログ

「地球を壊すために来た」

「まだ大きな人はいる。真っ黒だけど目だけ光っている。地球に来たのは、地球を壊すため。術を使って壊す。地球全部がモヤになるようにする。シリウス繋がりだからここに来た。俺が勝手に住み着いた。源から命令されて来た。地球は実験台だから。」

クライアントの紗江子さんの簡易ヒプノセラピーで解除・統合すべき闇の存在を探って行きました。源から命じられ、シリウスから来た大きな存在がいました。厚い壁のようなエネルギーで地球全体がモヤに包まれるようになっていたと分かったのです。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 自然 輝き

○紗江子さん、あなたは、まだ特定のブログを見ることが出来ないといいますが、誰か邪魔している人は居ますか?

-壁を感じる。厚い壁。石の壁。

○誰か石の壁を作ったのですか?

-絶対通さない。

○何のために石の壁を作ったのですか?

-ずっと昔、地球が出来た頃。地球が変わる。

○壁がなくなって、地球が開くとどうなりますか?

-何が出てくるか分からない。

○その壁は意志を持っているのですか?

-壁か分からない。

○通さないとは、光を通さないことですか?

-何も通さない。

○壁は誰が作ったのですか?

-ずっと昔からある。

○紗江子さんですか?それとも地球自身が作ったのですか?

-こいつの中でも、シリウスのヤツはいっぱい来る。シリウスのヤツは来る。

○話している人は誰ですか?

-見ている人。実況中継。

○何の仕事をして来た人ですか?

-最後の砦。

○闇の仕事をして来た人たちは光に還っています。あなたの還った方がいいですが、どうですか?

-こいつが重くしている。ヤツは大したことない。こいつはしょうがないよと言っている。

○シリウスの人ですか?

-そうなんだ。シリウスのあふれた人間。

○シリウスに還りたいですか?

-ボクは良いけど、シリウスのでっかいヤツがいる。

○では、還りたい人だけ還ることで良いと思いますので、還ることで良いですか?

-みんな還りたい。

○では、光を降ろします・・・どんな感じですか?

-黒に近い人がいっぱいいた。

○まだ、大きな人は残っていますか?

-真っ黒だけど目だけ光っている。

○あなたは何のために地球に来たのですか?

-地球を壊すため。

○術を使って地球を壊すのですか?

-でしょうね。

○術は、どんなものに使っていたのですか?

-地球全部がモヤになるように。

○紗江子さんと何か関係ありますか?

-シリウス繋がり。同じ。俺が勝手に住み着いた。

○誰かに命令されたのですか?

-源から。

○地球での闇の仕事は大変でしたか?

-全然。シリウス自体がそうだから。地球が実験台だから。

○それより、お前の大事な物は見つかったのか?

-大事な物とは・・・鏡ですか?

○最終兵器となる鏡のことですか?

-俺も最終兵器。暗くする。段々と。明るくするには一瞬。


簡易ヒプノセラピーを通じて、クライアントの紗江子さんが特定のブログを見れないくなっている原因を探って行きました。これまで幾度もセッションで闇の解除・統合をして来ましたが、状況は依然として変わりません。過去の経験から、何らかの術を使えるシリウスの闇が残っていると感じていました。

シリウスの闇は、現実的に、PCや電話などの家電製品、電子機器を操作することが容易に出来ることが、ヒプノセラピーで分かっていました。誰か邪魔している存在がいるのかを問うと「壁を感じる。厚い壁。石の壁」と伝えられました。「絶対通さない」「ずっと昔、地球が出来た頃。地球が変わる」といいます。

「通さない」とは「何も通さない」ことです。「地球が変わる」とは、最初、光だった地球を闇にするためだと感じます。輝いていた地球を暗闇にしていくためです。それは肉体を持った人間として、魂が闇を経験して成長するために必要でした。深い闇を経験して大きな光になるためです。

「こいつの中でも、シリウスのヤツはいっぱい来る。シリウスのヤツは来る」と伝えられました。何の仕事をして来たのかを聞くと「最後の砦」といいます。どうやら沢山のシリウスの人が関わって来たようでした。「ボクは良いけど、シリウスのでっかいヤツがいる」と教えてくれました。

光に還りたいのかを尋ねると「みんな還りたい」といいます。シリウスの闇の人たちの中に、大きなエネルギーの人がいました。シリウスの大勢の人が還ると、大きな人が出て来ました。その姿は「真っ黒だけど目だけ光っている」と伝えられました。何のために地球に来たのかを問うと「地球を壊すため」といいます。

地球を壊すことは、地球を闇にすることです。地球の自然を破壊して、深い闇にするのです。シリウスの術を使って闇にして来ました。シリウスの「術」は、白のものを黒にしたり、あったものを消したりすることが出来ます。人間を騙すために、自由自在に物やエネルギーを変えることをして来ました。

具体的には、「地球全部がモヤになるように」したといいます。地球の周りにモヤのバリアや結界を張って、光を入れないようにするのです。外から光のエネルギーが入らなければ、暗闇を保つことが出来ます。また、闇のエネルギーで包んでおくことが出来ます。大きな存在は、シリウスから来たと示唆しました。

「源から命令された」からといいます。闇の仕事については「地球が実験台だから」、全然大変ではないと伝えられました。術で、色々試すことが出来るのです。最後の方で「大事な物は見つかったのか」と質問を受けました。「闇を光に変える鏡」のことだと感じました。「最終兵器」と呼んでいます。

過去のヒプノセラピーで、地球が闇から光に変わる時、最後に使われる「鏡」です。これは、「シリウスの水のエネルギー」だと感じています。「純粋な光」です。「暗くする。段々と。明るくするには一瞬」といいます。一瞬で闇を光に変えることが出来るのです。紗江子さんのセッションは後半に続きます。

<過去の関連記事>
「シリウスから持って来た鏡を隠している」
「闇を思いっきり体験して光になる」
「プレアデスの分離された闇が地球を攻撃するようになった」

<お知らせ>  
☆11月お話会(スカイプ)のご案内New! 
☆輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)開催のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆新ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからもスピリチュアルな内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます! 
   

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 地球 破壊 シリウス 統合 エネルギー

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間のセラピスト活動を行って来た葉山を卒業し、自然豊かな北の大地で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
輝く地球・光の講座(FL)
地球を光輝く星にしたいという志を持つ方のための講座です。自分が輝いて、光を広げて行くことを目的にします。
お話会
ヒプノセラピーやエネルギーワークからの気づきを整理し、自分が輝く覚醒についてのお話をいたします。
新ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード