fc2ブログ

ヒプノセラピー 年齢退行療法&前世療法セッション ~神と通じるため一生を投じたチベットの修行僧としての過去生~

チベットの修行僧としての前世を体感し、人々に対する調和と奉仕の気づきを得たヒプノセラピー

先日、葉山スピリチュアルライフのサロンにおいて、ヒプノセラピー前世療法コースの個人セッションを行いました。クライアントの清美さんにとっては、初めてのヒプノセラピーでした。清美さんに許可を頂きましたので、ヒプノセラピーのセッションの内容をご紹介します。

クライアントの清美さんは、葉山スピリチュアルライフでヒプノセラピーを受けたご友人の直美さんのご紹介でヒプノセラピーをお申込みされました。ヒプノセラピーのプレカウンセリングにおいて、清美さんは小さい頃から自分が人と馴染み難い性格であることを打ち明けてくれました。

彼女は、小学校2年生から高校生になるまでの長い間、学校でのいじめに会い、自分の心を閉ざしていたといいます。両親にも友人にもいじめの事実を話すことができずにいました。どうして自分がいじめに会うのかも全く分かりませんでした。彼女のヒプノセラピーの目的は、閉鎖的な自分を変え、今生の目的を知ることでした。

清美さんは以前、瞑想会にも参加されたことがありますが、瞑想中の映像は殆ど見えず、イメージ力もないと自覚しており、ヒプノセラピーでのビジョンを見ることに対しても不安があるようでした。しかし、彼女はヒプノセラピーの被暗示性テストでもしっかりイメージングでき、催眠状態に入りやすいこと分かり、そのことを清美さんに伝え、安心してリラックスするように促しました。

私は清美さんをゆっくりと催眠状態に導いていき、ヒプノセラピーの年齢退行療法セッションが始まりました。ヒプノセラピーのはじめの頃、彼女はなかなかはっきりしたイメージが浮かんできませんでしたが、顕在意識での記憶を借りて、潜在意識下での映像を形作る手助けになるよう私は誘導していきました。

ヒプノセラピー年齢退行療法セッションの中での一番悲しい場面は、彼女がいじめの主犯者として先生から名指しされている父兄参観のホームルームのシーンでした。父兄が見ている中で、いじめの犯人扱いされクラス全員で話し合っているビジョンを彼女は見ていました。清美さんは何故自分がいじめ役になっているのかも理解できずにいました。

彼女の目からは、うっすらと一筋の涙が流れていました。ヒプノセラピーの中で、私は清美さんを幼い自分と今の自分がきれいなお花畑にいるシーンに誘導しました。そして、彼女は今の自分が幼い自分を抱きしめ、癒しと安らぎを体感していました。幼い清美さんは、穏やかな表情で大人の清美さんの胸に埋もれ、ネガティブな感情や思いを手放していきました。

ヒプノセラピーのインナーチャイルドの癒しのプロセスを終えた清美さんは、深い催眠状態のまま、今の人生と最も関係の深い前世へと旅立ちました。ヒプノセラピーで清美さんが最初に見た過去生の自分は、細身の男性の姿でした。男性は白い袈裟のような衣装を身に纏い、民族衣装の帽子を被っている姿で、チベットの山奥の洞窟に住んでいました。

彼女がヒプノセラピーの前世の中で見た大きな出来事のひとつは、毎日、梵字のような字を一心不乱に紙に書いている場面でした。前世の彼女は、神とつながり、神からのメーッセージが多くの人々に伝えるために、自分の心を清めようと毎日、修行に励んでいました。ヒプノセラピーでのその前世の彼女は10歳で出家し、修行仲間とともに集団での修行を経て、18歳頃に個人での修行に入ったようでした。

荷物を背負い、急勾配の岩山を必死でよじ登っている自分の姿をヒプノセラピーの中で清美さんは見ました。天と繋がるために人里はなれ、できるだけ高い山の上での厳しい修行を選びました。彼女の唯一の楽しみは、ときどき修行仲間の男性の姿の直美さんが遊びに来て、いろいろと話をすることでした。

ヒプノセラピーでの前世の彼女は、道半ばの60歳で息を引き取りました。心を清め、神と繋がるという目的を達成できずに、とても残念で悔いの残る生涯でした。清美さんは孤独と寂しさを感じていました。ヒプノセラピーの中で魂が肉体から離れ、中間世で前世の一生を振り返った清美さんは、今生の目的は"執着をなくすこと"だと分かりました。

そして、前世での孤独な苦しい環境ではなく、人々と調和し、多くの人々の役に立つことが今生の自分の課題だと気づきました。ヒプノセラピーの後のカウンセリングにおいて、"自分を大切にして、喜びや楽しみにフォーカスするよう"に私は彼女にアドバイスしました。

清美さんには、貴重なヒプノセラピーセッション内容をシェアしてくださり、心より感謝しています。ヒプノセラピーは本当の自分や魂の望む道についての気づきを与えてくれます。これからも、多くの人々にヒプノセラピーの素晴らしさを伝えて行きたいと思います。

☆魂の望む道のためのヒプノセラピー、ヒプノ・ソウルシリーズをリニューアルしました!詳しくはこちらをご覧ください。⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内New!

☆ホロスコープから人生情報を読み取り、本当のあなたについて客観的にお伝えします。                      詳しくはこちらをご覧ください。⇒ホロスコープリーディングのご案内

☆天使からあなたに今、必要な優しいメッセージをお届けします。                      詳細はこちらをご覧ください。⇒☆エンジェルカードリーディングのご案内

また、新しい一日を与えて下さり、ありがとうございます。今日も素晴らしい一日でありますように。
ヒプノセラピー スピリチュアルライフ

<過去の関連記事>
ヒプノセラピー 前世療法セッション&体験談 ~魂が望んでいたスローで穏やかな恋人との家庭生活~
ヒプノセラピー 個人セッション体験談 ~今世の目的についての気づき~
ヒプノセラピー 前世療法&体験談 ~ヒプノセラピーで得た穏やかで幸せな人生についての気づき~
ヒプノセラピー 年齢退行療法&前世療法 ~涙が溢れる癒しのヒプノセラピーセッション~
ヒプノセラピー 前世療法&体験談 ~厳しい環境の人生の意味とは(2) ~

いつも応援ありがとうございます!これからもヒプノセラピーを通じてスピリチュアルな癒しと気づきの世界を探求していきます!

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ前世療法年齢退行療法セッションチベット修行僧大阪神奈川

comment

Secret

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ