fc2ブログ

日本が統合の光に変わる ~闇が光に還るとき~

「人に上下はありません。光という同じ魂を持っています。見た目で人を分け隔てることは、人を分離して闇を広げることです。分離の闇の時代が終わり、統合の光の時代に移ります。みんな同じで1つであるという原点の統合の価値観を持つことが重要です。」

「関電問題」において、「関電の経営陣は、どうして高浜町の森山元助役に頭が上がらなかったのか」という疑問が湧いて来ます。森山元助役が高浜町役場を定年退職したのは1987年で、それから30年たった後も、金品を拒否できないというのは不可解です。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 朝日

関電が原発を建設するために金品を地元関係者に渡すことは容易に推測できます。しかし、今回の場合は、全く逆です。森山元助役が関電を完全に支配していた構図が浮かびます。森山元助役の裏の世界の役割が《関電が恐怖した高浜町助役は地元同和のドンだった!》(2019年10月02日投稿 示現舎:三品純)に書かれています。

「地元の同和のドン」だったということです。「同和問題」とは、被差別部落に関する社会問題のことです。同和とは「同胞一和」の略とされます。ネットで調べると、被差別部落民の解放運動は、1922年以来の「水平社」の運動を受継ぎました。第2次世界大戦後 46年部落解放全国委員会 (後に部落解放同盟と改称) によって再出発しました。

これが同和運動と呼ばれました。簡単に言えば、「差別」をなくすための運動です。「差別」とは、「分け隔てられること」「仲間外れにされること」です。日本における同和地区には、食肉処理、葬儀、皮革加工、汚物処理など「不浄」とされた職業に従事する人々が多いとされます。

現実の日本には、多くの被差別部落(同和地区)が存在しています。ウィキペディアによれば、同和地区数について1982年の調査では、関東609、中部345、近畿1004、中国1061、四国676、九州868とされます。北海道、東北、沖縄は、ゼロといいます。西日本を中心に同和地区が多いと感じます。

理由としては、西日本は、中国大陸、朝鮮半島を通って日本に渡って来た「渡来人」の活動の長い歴史があると思います。「同和の闇」は、日本の暗闇の重要な原因の1つだと感じました。10月上旬、エネルギーワークのために、伴侶にスカイプで発信した際、不可思議なことが起きました。スカイプ発信してもなかなか通じませんでした。

伴侶に電話すると「パソコンの壊れた状態になった」と戸惑った感じで話して来ました。画面が「オレンジ色になっている」というのです。「闇の解除のサインだ」と直感しました。術関連のかなり強い闇のエネルギーだと感じました。過去のヒプノセラピーでも、同様なPCの故障状態が生じたことがありました。

その時は「シリウスの闇」からの解除するためのサインでした。今回は「オレンジ色」がヒントになりました。オレンジ色は、赤色と黄色を混ぜて生まれる色です。赤色は「赤の闇」であり、「エゴの闇」「お金の闇」です。黄色は「黄の闇」で「隠す闇」です。「身を隠してお金を得る」という「裏の世界」の象徴の色だと感じました。

「関電問題」から「同和」に繋がり、今回、PC故障のサインを受取ったのです。私には、1人の知人の顔が浮かびました。シリウスの闇に関係していると感じていました。意図して光を降ろすと「エネルギーが荒れ狂っている感じ」と伴侶が伝えて来ました。同和のカルマに関わっているといいます。

カルマの解消を意図して再び光を降ろすと「荒い波動が穏やかになった」と伴侶が教えてくれました。同和の起源は、現在の2大勢力に繋がる、渡来人同志の抗争での敗者の集団だと感じています。敗者の集団は、争いに敗れて、分け隔てられ、虐げられて来ました。その屈辱と怨恨が、闇の原動力となったのです。
 
勝者の集団への仇討として、現在の影の支配に繋がって行きました。敗者の集団の背後には「シリウスの闇」がサポートしています。「シリウスの闇」も、また、シリウスから分離された存在でした。シリウスの純粋なエネルギーを保つために、汚れたエネルギーが分離されて排除された形になりました。

私は、他界した森山元助役の御魂を上げるためにお祈りして光を降ろしました。「安らかな感じ。待っていたみたい。ありがとうと言って昇っていった」と伴侶が伝えて来ました。「良かった」という思いになりました。メディアを通じた関電側の会見からは、一方的に森山元助役に責任を転嫁する姿勢が見えました。

「死人に口なし」とは、このことだと思います。渡来人の敗者の人たちの御魂を上げることを意図して光を降ろすと「いいと思います」と伴侶が言いました。ワークが終わってしばらくすると、伴侶のPCは正常に作動しました。古来からの強い怨念の思いを伴った大きな闇が光に還って行ったのです。

同和問題は、日本を暗闇にして来た重要な問題です。対立と戦いが起こることで、分け隔てられ、虐げられた集団が生まれました。「裏の世界」に光を入れることは、分離されたものを統合することになります。人間には、誰が上で誰が下という区別も差別もありません。それは、皆が同じ源から生まれた光という魂を持つからです。

地位名誉、肩書、学歴や肌の色、目の色、髪の毛の色など見た目の姿で人を分け隔てることは、人を分離して闇を広げることになります。分離の暗闇の世の中が終わり、明るい光の時代に移ります。「みんな同じで1つである」という原点としての統合の価値観を持つことが重要です。日本が光となり、世界に光が広がって行くことを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
日本列島の背骨に光が通る ~闇が光に還るとき~
光を放つ日本の山々の再生 ~闇が光に還るとき~
既得権益層による暗闇の終焉

<お知らせ>  
☆輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)開催のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:対面&スカイプ)開催のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆新ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからもスピリチュアルな内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます! 
   
 

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : スピリチュアルライフヒプノセラピー日本統合分離関西電力同和問題シリウス原発

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ