fc2ブログ

魂の光を摂取する生贄という闇の仕組

「尼僧として子供の世話をしていた。生贄をしていた。死んでいる子供が石の上に横たわっている。上層部が生きるために生贄をした。子供を生贄にすることで、エネルギー、パワー、光を得る。にも言えない。してはいけないこと。隠れてやっていた。親には、祈祷によって家族のカルマが解放されて亡くなったと言う。」

光の講座の参加者・美咲さんは、簡易ヒプノセラピーを通じて、統合すべき闇の存在を探求することを続けました。美咲さんは、長野県に暮らしているので、過去世で善光寺に関係していると感じていたといいます。善光寺は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立仏教寺院で、本尊は、日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来です。

スピリチュアルライフ 湖

「牛に引かれて善光寺参り」の言い伝えもあります。牛は牛頭天王であり、生贄と何か関係があると感じていました。美咲さんに対して、過去世で善光寺と関係がったのかを問うと「お坊さんだった」と答えて来ました。過去世で僧侶をしていたようでした。ヒプノセラピーの中で、どんな仕事をしていたのかを質問すると「女の人をやらされていた」と伝えて来ました。
 
尼僧として何の仕事をしていたのかを尋ねると「子供の世話」と返ってきました。子供の世話とは、具体的に、どんなことをするのかをさらに突っ込んで聞くと「生贄」と言いました。「死んでいる子供が石の上に横たわっている」と続けて言いました。過去世の美咲さんは、子供の生贄に関わっていました。何のために子供を生贄にしたのかを問いました。
 
「生きるため」と答えて来ました。誰が生きるために子供を生贄にしたのかを質問すると「上層部」と返ってきました。寺院の上層部が生きるためというのは、子供を生贄にすることで何か得るものがあるのかを尋ねると「エネルギー。パワー。光」と伝えて来ました。子供の魂の光を摂取するために、子供を殺めていたのです。魂は人の脳の中の松果体に宿ります。

魂とは源の光から分かれたもので、魂そのものが光です。人間が魂の光を摂取するとエネルギーやパワーを得ることが出来るのです。不老長寿などの生命力に直結することになると感じます。何故、生贄にするのは子供なのかは、子供は純粋であり、強い輝きの光を持っているからです。大人より子供の松果体の方が大きなエネルギーがあるということになります。
 
子供の光を得るために生贄にすることは秘密裏に行われていたのかを聞くと「人にも言えない。してはいけないこと。隠れてやっていた」と返ってきました。預かっていた子供が亡くなって子供の親には、どのようにして事情を話すのかを問うと「祈祷によって母親や家族のカルマが解放されて亡くなったと言う」と答えて来ました。それでも親が納得しない場合は、どうするのかを質問しました。
 
「殺す」と伝えて来ました。誰か人を殺すためには、今の時代で言うと反社のような闇の仕事する人間がいたのかを聞くと「諏訪神党」と伝えて来ました。諏訪神党とは、諏訪氏を中核として諏訪明神(諏訪大社)の氏人によって鎌倉時代に形成された武士団のことです。ヒプノセラピーの中で、生贄に携わった過去世の人生を振り返って、どう思うのかを尋ねました。

「見て見ぬ振りをしていた。かわいそうだった。言うと自分が危ない。許されることではない」と伝えて来ました。過去世の尼僧が光に還るよう光を降ろすと「還っていいのって聞いて還っていった」と伝えられました。さらに、生贄になった子供の魂が光に還るよう光を降ろすと「最初はきょとんとしていて、泣きだした。さよならと言って上っていた」と言いました。
 
過去に幾つかのヒプノセラピーでも「生贄」について伝えられていました。生贄の本質は、子供の松果体に宿る魂の光を摂取することです。生贄の仕組が創られたのは、深い闇を経験して大きな光になるためです。松果体の摂取のために生贄が生まれ、生贄のための儀式から宗教が生まれてきたと感じます。生贄は原始キリスト教から始まったと思います。
 
キリスト教だけでなく仏教や神道などの宗教も本質は同じです。今でも松果体摂取のために生贄は存在します。金持ちの権力者や著名人の間で「アドレノクロム」という名前の若返りの麻薬として売買されているようです。不老長寿のための純粋な闇が金を介するエゴの闇に変わっていったのです。古来からの生贄の闇の仕組が終わり、光が広がっていくことを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
過去世でキリスト教の下で行われていた生贄の儀式
女性を生贄にして封じていた大蛇の過去世の統合
世界の児童失踪から浮上する暗黒集団

<お知らせ> 
☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   
 

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ生贄魂の光闇の仕組松果体アドレノクロム善光寺キリスト教子供

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ