FC2ブログ

ロスチャイルドの番頭とされる渋沢栄一が設立した日本商工会議所

「日本商工会議所の本部の東京・丸の内二重橋ビルに光を降ろすとトカゲネットワークの1つと分かった。経済同友会の本部の日本工業倶楽部別館に光を降ろすと、トカゲネットワークの中心である皇居を守るものと伝えられた。日本を深い暗闇にするために、トカゲたちは経済三団体を通じて、金の闇の網を日本全体に掛けてきたと言える。」

日本商工会議所(略称:日商)は、日本各地の商工会議所を会員として組織される団体です。商工会議所は、商工業の改善・発展を目的として、市など一定地区内の商工業者によって組織される自由会員制の公益経済団体のことです。日商は、中小企業など約125万社が参加する日本経済団体連合会、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つです。

スピリチュアルライフ 日本工業俱楽部

日商は、「経済三団体」の中で最も歴史が古く、唯一商工会議所法という法的根拠に基づきます。商工業の振興に寄与するため商工会議所間の意見の総合調整や国内外の経済団体との提携を図る機関です。商工会議所の代表者は会頭と呼ばれ、慣例として東京商工会議所の会頭が日商会頭を兼務します。東京商工会議所は、東京都区部(東京23区)に事業所をおく企業・団体で運営されている商工会議所です。

会員数は、約8万件弱です。1878年(明治11年)3月、渋沢栄一、益田孝、福地源一郎、大倉喜八郎らが、東京商法会議所設立を出願し、認可され、東京商法会議所として設立しました。初代会頭は渋沢栄一です。1891年(明治24年)7月、東京商業会議所、1928年(昭和3年)1月より東京商工会議所となりました。《日本金融史10》には、渋沢栄一はロスチャイルドの番頭と記されています。

渋沢栄一は、明治時代の殖産興業を主導した人物として筆頭に挙げられます。明治期、最初に日本との関係を深めた金貸しがロスチャイルド家でした。ロスチャイルド=三井を結びつける政界の窓口は長州藩出身の内務卿・井上馨で、井上に代わって実務面の采配を振るった官僚のトップが渋沢栄一でした。渋沢は生涯をかけて日本産業興隆に尽力した人物で、91歳まで生き約500もの会社の設立に関わります。

日商のトップと東京都千代田区の丸の内二重橋ビルの本部に光を降ろすと「光は入りました。頭の大きい宇宙人」「トカゲネットワークの1つ」と伴侶が伝えて来ました。日商は、経団連と同様に、日本を深い暗闇にするために、金の闇のネットワークを広げる役割だったと感じます。経済同友会は、日本の企業経営者の団体で、日本経済団体連合会、日本商工会議所と並ぶ「経済三団体」の一つです。

企業経営者が個人の資格で参加し、国内外の経済社会の諸問題について一企業や特定業界の利害にとらわれない立場から自由に議論し、見解を社会に提言することを特色としています。政府と協調路線を取ることが多い経団連に比べて、物言う姿勢を重視しているとされます。発足は、1945年(昭和20年)の第二次世界大戦の敗戦直後で、占領軍による財界の粛清または一掃が背景にありました。

その結果各企業では旧経営陣が一掃され、部長クラスの中堅幹部がいきなり経営の舵取りを担うこととなりました。当初は新しい経営理念で第二次世界大戦後の経済再建を目指す若手経営者の集まりでしたが、今日では各自の企業の特殊利害をこえた国民経済的見地から、財界としての建設的意見や要望を表明することにより、国の経済政策に反映させることを目的とする点に特色があります。

海外経済界とも活発に交流をもち、また経営者相互の意見交換、親睦など経営者のクラブ的性格もあります。経済同友会の本部は、日本工業倶楽部別館5階に置かれています。日本工業倶楽部は、過去のワークでも光を降ろしていました。日本工業倶楽部は、当時の有力実業家により「工業家が力を合わせて、わが国の工業を発展させる」ことを目的として1917年(大正6年)に創立された一般社団法人です。

初代会長は三菱合資会社頭取の豊川良平で、初代理事長は三井合名会社理事長の団琢磨です。重要経済問題、労働問題などに関して調査活動および政府への建議を行い、経済団体としての機能を果たしてきました。元経済産業省所管 の社団法人で、現在は財界人の交流の場として公益法人としての役割を果たしています。経済同友会のトップと本部に闇の解除・統合を意図して光を降ろしました。

「光とも闇とも言えない」「トカゲネットワークの中心は皇居。それを守るもの」と伝えられました。トカゲ・レプタリアンたちの集団・イルミナティは、人間を支配するために金の闇のネットワークを構築して来ました。金融や経済という金の闇の網を日本全体にかけてきたのです。最後に皇居に光を降ろすと「いいです」と伴侶が伝えて来ました。トカゲたちが光に統合することで、金の闇の役割が終焉し、日本が輝いていくことを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
武器商人としてのユダヤ系金融資本・ロスチャイルド
夢と頭痛から繋がった近代日本の闇の解除
米国の闇の終焉に繋がるトカゲ・レプタリアンから成るイルミナティの統合

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   
    

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ ロスチャイルド 渋沢栄一 日本商工会議所 経済同友会 日本工業俱楽部 トカゲ ネットワーク

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間のセラピスト活動を行って来た葉山を卒業し、自然豊かな北の大地で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード