fc2ブログ

薩摩ワンワールドというディープステートに繋がる秘密結社

「島津藩の下士階層が幕末に結成した秘密結社「薩摩ワンワールド」。発端は薩英戦争で、英国艦隊に惨敗し世界の大勢を知った薩摩藩士らがワンワールド(ヴェネツィア・コスモポリタン)傘下の海洋勢力(在英ワンワールド)に加入して、その薩摩支部を結成した。表の米国の闇としての長州と裏の欧州の闇としての薩摩の構図になる。」

薩摩藩とイエズス会、ロスチャイルドの関係についてネットで調べていくと《紀州文化振興会》の「本会の日本近現代史研究について」が目に留まり、非常に有用な情報がありました。この中に出てくる、島津藩の下士階層が幕末に結成した一種の秘密結社「薩摩ワンワールド」こそが、現在のイエズス会、ロスチャイルドを中心とするディープステートだと感じました。

スピリチュアル 環水平アーク

ディープステートとは、地球に人間牧場を作り、奴隷化して支配しようとするアヌンナキ-トカゲ・レプタリアンの闇の宇宙人が操る人間の集団を指します。「NWO(新世界秩序)」という名の下に世界全体を支配下に置こうとする目論みなのです。いわゆる「グローバリズム」を主張して広い土地と多くの人間を支配するものです。紀州文化振興会の文章を一つ一つ紐解いていくことで、闇の構造の全体像が分かると感じます。

「本会が日本近現代史の研究を始めた契機は、紀州徳川家に伝来した中国古陶磁を引き継いだことにある。その日本伝来にまつわる事情を追求した処、終に到達したのが奉天特務機関長貴志彌次郎少将と陸軍特務吉薗周蔵であった。」とあります。特務とは諜報部員(スパイ)のことです。貴志弥次郎(1873年-1938年)は、和歌山県出身の日本の軍人で、最終階級は陸軍中将です。青島の戦いにおいて情報収集を行っています。

関東軍司令部付(奉天特務機関長)を経て、1924年8月、陸軍中将に進み下関要塞司令官に就任しました。1925年5月、予備役に編入された。その後、大日本国粋会理事長を務めました。大日本国粋会は、1919年10月、関東、関西のやくざを集めてつくった官製の暴力団右翼団体で、現在は名ばかりとなり、この系譜の団体として国粋青年隊、蒼龍(そうりゅう)会があります。当時の軍が裏世界の反社を作ったのです。

吉薗周蔵(1894年-1964年)は、宮崎県小林市生まれの日本陸軍の特務を務めた人物です。 「吉薗周蔵手記」という陸軍特務時期の活動内容を記した手記を残しています。1912年に当時陸軍中将で陸軍大臣・上原勇作と会い、 特務の任務に当たるように依頼を受け、承諾します。上原勇作は、諜報活動を行うにあたって海外視察の名目でパスポートが取りやすい技師の資格を得るために、東亜鉄道学院に入学することとアヘン研究と罌粟(ケシ)栽培を指令します。

また、「上原勇作は島津藩の下士階層が幕末に結成した一種の秘密結社「薩摩ワンワールド」に属し、三代目の総長であった。英国を本部とする世界海洋勢力の薩摩支部の結社は、淵源が薩英戦争にあり、英国艦隊に惨敗して世界の大勢を知った薩摩藩士らが、敢えてワンワールド(ヴェネツィア・コスモポリタン)傘下の海洋勢力(在英ワンワールド)に加入して、その薩摩支部を結成したのである。」と記載されています。

國體ワンワールド史観で考察するブログ》によると、ワンワールドは、ウバイドワンワールドとも呼ばれます。ウバイドとは紀元前5500年頃メソポタミアに登場した旧人類とされるウバイド人であり、シュメール人であり、アヌンナキに繋がります。ヴェネツィア・コスモポリタンとは、イエズス会を作り、黄金に執着していた勢力のようです。薩摩ワンワールドは、表の米国の闇と裏の欧州の闇における裏の欧州の闇の勢力の一部だったのです。

薩摩の裏の欧州の闇に対して、表の米国の闇が長州だったと感じます。上原勇作(1856年-1933年)は、薩摩藩領であった現在の宮崎県都城市出身の陸軍軍人です。山縣有朋、桂太郎ら長州閥の元老凋落の後に陸軍に君臨し、強力な軍閥(上原閥)を築き上げました。陸軍大臣、教育総監、参謀総長の「陸軍三長官」を歴任した上で元帥府に列せられたのは、帝国陸軍史上、上原と杉山元の2名のみでした。

「薩摩ワンワールドの初代総長に就いたのは、西郷・大久保と並び薩摩三傑と称せられた吉井友実であった。明治維新の中心人物で一人生き残った吉井は、維新後は世を謀り、新政府の参議・卿・大臣に就くのを故意に避け、宮内省に潜んで、大輔・次官として明治天皇を直近で輔翼すると同時に、薩摩ワンワールド総長の職務を貫いたのであった。二代総長を継いだ高島鞆之助(陸軍中将子爵)は、陸軍薩摩派の中心人物として陸軍大臣に就いた。」

「日清戦争の戦備を整えながら、開戦が近づくと長州派に実権を委ねて予備役に入り、日清戦が終わるや直ちに現役に復帰して台湾副総督に就き土匪平定を果した。さらに、拓殖務大臣として台湾統治策の根本を定めながら、その実施を児玉源太郎(陸軍大将伯爵)と後藤新平(伯爵)に嘱して功績を悉く譲り、自らは戦勝を含めて一切の進級・昇爵の恩賞に与らなかった。」と記されています。児玉源太郎は、長州であり、後藤新平と共に米国派でした。

薩摩は、常に長州の裏に隠れていた感じです。日本が戦争の道に突入したのは、現在のアドレノクロムに繋がる松利権(松果体利権)を頂点とする利権拡大のために利用されたのです。松取りのための戦争です。長州が米国の闇(フリーメイソン米国派)と繋がり、薩摩が欧州の闇(フリーメイソン天皇派)と繋がってがっちり日本の光を封印して来ました。2015年1月、西郷隆盛の墓所のある南洲神社でのワークで、「武士の世を終わりにする役割だった」と伝えられました。

西南戦争は、薩摩の主導権を長州に明け渡し、米国派の支配下にある日本にするためだったと感じます。イエズス会、ロスチャイルドを主とする欧州の闇が米国を背後で操り、日本を封じていたことになります。米国は、今、トランプ大統領の下で、ディープステートの闇を壊して終わらせる時に来ています。軍隊によって暗闇をもたらされた日本は、今度は、軍隊によって光がもたらされます。島津家、薩摩藩に光が入り、日本が開かれていくことを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
Qアノンの背後にいる闇を終わらせるプレアデスの紫のエネルギー
米国から始まる地球の変革と人類の覚醒(2) ~DS壊滅のためのQという巧妙に仕組まれた軍事作戦~
米国の混乱が象徴するアドレノクロム利権の暗黒ネットワークの崩壊

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   
    

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ薩摩ワンワールドディープステート秘密結社薩英戦争長州アドレノクロム松果体

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ