FC2ブログ

加賀藩の松利権を象徴する胎盤の漢方薬・混元丹

「加賀藩では胎盤を用いた漢方薬である混元丹を製造販売していた。越中富山の薬売りの呼び名から、富山は薬都でもあり、加賀藩は松と薬の利権を有していた。それ故、加賀百万石と呼ばれる豊かな財政基盤だった。飛び地の領地だった今津町は、琵琶湖の竹生島の港があり、竹生島で松果体収穫を行っていたと推察できる。」

プラセンタ - Wikipedia》には、胎盤の経口摂取の日本の歴史が書かれています。「漢方薬としては、前田綱紀は1670年(寛文10年)に、加賀の三味薬(万病円、紫雪、鳥犀円)の調剤販売を、中屋、福久屋、宮竹屋に許可したが、この中屋の初代の彦左衛門が混元丹を作り明治に入っても人気は衰えなかったが、混元とは胎盤のことである。」

スピリチュアルライフ 竹生島

「他説では彦左衛門の子の彦兵衛が1579年(天正7年)に家伝の混元丹を製造し商売をはじめたという。中国では紫河車(しかしゃ:ヒト胎盤)を配合した「紫河車大造丸」は医薬品の扱いである。「牡荊子丸(ぼけいしがん)」は牡荊子(ニンジンボク果実)、山薬(ヤマイモ)、紫河車を原料としている。」と記されています。加賀藩では、胎盤を原料とした漢方薬の「混元丹(こんげんたん)」を製造販売していたのです。

混元丹を調べると《中屋彦十郎薬舗株式会社・混元丹練り》があり、赤色の粘稠物の画像と共に説明が掲載されています。「中屋家では医王山や近隣の野山で採れる薬草を販売する傍ら、代々伝えられてきた家伝薬の製造販売を始めた。それ以来、代々が伝承を重ね寛文年間には前田綱紀公より中屋家は前田家伝来の加賀三味薬といわれる紫雪、烏犀円、耆婆万病円の製造販売を許可される」

「それだけでなく、各種の生薬を納入するなど、いわば、加賀藩前田家の御用薬種商であった。「混元丹煉り」は江戸時代の原料に限りなく近くするという精神のもとに、創業時の原典にのっとり胎盤(プラセンタ)を配合した。原典に忠実に製造したということがいえる。混元とは胎盤という意味であり、丹(タン)とは赤いということである。つまり混元丹とは胎盤(プラセンタ)が含まれている赤く煉ったものということができる。」

「先祖の遺志を受け継いだ15代当主・彦十郎は金沢を代表する名跡・混元丹を煉りとして発売している。」と記述されています。滋養強壮の飴としての「混元丹練り」の配合原料は、胎盤を含めて各種薬草など20種類です。現在は、ブタ胎盤100パーセントの粉末を使用していると記されていますが、当時は、ヒトの胎盤を使用していたと感じます。「混元丹練り」は、松利権の1つだったと見ています。

加賀藩は「加賀100万石」と呼ばれていました。豊かな財政基盤の理由には、松利権の保有があったからだと感じます。加賀藩は、江戸時代に加賀(石川県南部)、能登(石川県北部、能登半島)、越中(富山県)の3国の大半を領地とした藩です。「越中富山の薬売り」と呼ばれる薬都、薬の街である富山が存在もありました。加賀藩の支藩である富山藩の二代藩主・前田正甫が薬の街の始まりとされます。

広貫堂資料館》によれば、「江戸時代初期、前田正甫は、自らも医薬の知識に通じていたといわれますが、薬によって領民の救済を行うだけではなく、「越中富山の薬売り」として知られる配置薬というビジネスモデルを考え、製薬・売薬を富山の産業として育成したのでした。江戸城腹痛事件がきっかけとなり、胃腸薬の反魂胆が全国に広まることになりました。」と記されています。加賀藩は、「松」と「薬」の利権を有していたと感じます。

実は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の前会長・森喜朗は、石川県能美市出身であり、加賀藩の松利権を受継いでいる人物で、アドレノクロムの暗黒ネットワークのキーパーソンだと感じています。《加賀藩 - Wikipedia》には、「藩祖前田利家の妻である芳春院(まつ)の死後、芳春院の化粧料(婦女に対して生活補助として与えられた領地(石高))だった近江弘川村(現在の滋賀県高島市今津町)を飛び地として加える。」と記されていました。

ちょうど、左よりの腹部に軽い痛みがありサインでした。「琵琶湖」の辺りと感じて、重要な場所であることが分かりました。滋賀県高島市今津町の場所をグーグルマップで調べると、琵琶湖の西側でした。竹生島に渡るフェリー乗り場の今津港がありました。どうして加賀藩に今津町の飛び地の領地があったのかを思案すると「竹生島で松取りをしていた」と感じました。琵琶湖の中央にある竹生島は、過去に幾度かワークを行っていました。

琵琶湖 竹生島 ~巡礼の旅(117)~》には、2014年6月の竹生島の巡礼の旅での宝厳寺、竹生島神社のワークを記しています。昔から竹生島で松果体収穫が行われていました。秘密裏に行い、証拠を消すためです。竹生島で松取りをすることで、琵琶湖を封印することにもなります。今津港の近くには、「陸上自衛隊 今津駐屯地」「白髭神社」「滋賀県立琵琶湖こどもの国」といった松取りと関係がありそうな場所が目に入りました。(つづく)

<過去の関連記事>
開拓と薬という暗闇の役割
カトリック系大学として助産師のエキスパートを養成する天使大学
夢で教えられた松利権の支配につながる薩摩藩と島津氏

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   
    

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ 加賀藩 利権 松果体 胎盤 プラセンタ 混元丹 竹生島

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間のセラピスト活動を行って来た葉山を卒業し、自然豊かな北の大地で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード