FC2ブログ

久留米を起源とする世界的なプラセンタ製剤会社の日本生物製剤

「プラセンタ製剤の世界的企業の日本生物製剤は、稗田憲太郎が興した久留米組織再生研究所を起源とする。松利権を有する久留米藩有馬氏との地縁で繋がる。稗田憲太郎は、ジョンズ・ホプキンズ大学に留学し、満州医科大学教授、中国医学院院長を歴任し、松利権の本家・ロスチャイルドの仕事をしていた。」

プラセンタ - Wikipedia》には、胎盤のプラセンタを使った医薬品メーカーの具体名が記述されています。「日本では、京大医学部の三林隆吉が、1943年に国家命令で高度栄養剤を開発し、1945年にはこのヒト胎盤を使った栄養剤について海軍が武田薬品工業に製造を依頼したところで終戦が訪れ製造中止した。」

スピリチュアルライフ 久留米市

「しかし、これは1955年には経口の栄養剤ビタエックスとして発売され一般医薬品となった。1956年には注射薬のメルスモン、1959年にラエンネックの承認を得た。三林とは別に、秋田大学初代学長の九嶋勝司は、埋没療法を研究し1977年にスノーデン株式会社を設立、胎盤を原料として配合した医薬品から化粧品、健康食品を製造している。スノーデンもまた、1982年に一般医薬品としてのプラセントップを発売する。」

「ラエンネック (LAENNEC) は、1974年(昭和49年)に販売開始され、同年薬価収載されている。日本生物製剤が製造販売。韓国ではGreen Cross社が製造。」と記載されています。開発者の三林隆吉、ビタエックス薬品工業、メルスモン製薬株式会社、スノーデン株式会社、株式会社日本生物製剤、Green Cross社について、さらに調査してワークを行うことにしました。三林隆吉(1898年-1977年)は、産婦人科学者です。

やはり加賀藩である石川県生まれです。京都大学医学部附属助産婦学校の第4代校長となった人物です。基靭帯基底部に浸潤した子宮癌に対する超広汎性子宮全摘術や、子宮癌の放射線治療に回転照射術式を考案しました。ビエンタックスの開発者である三林隆吉の御魂が上がるように意図して光を降ろすと「やっている。松取りのため」と伴侶が伝えて来ました。ビタエックス薬品工業は、最古のプラセンタの医薬品メーカーです。

以前ワークを行った京セラ本社と同じく、京都市伏見区に本社を置く、医薬品・健康食品・化粧品の製造販売企業です。社長は、広島県福山市の森田薬品工業の創業者でもある竹内良知です。ビタエックス薬品工業のトップに闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「サンカ」と伝えられました。メルスモン製薬株式会社は、東京都豊島区池袋に本社を置く、製造販売会社であり、社長は船生功一郎です。

プラセンタを原料に使用した医療用医薬品、一般用医薬品、化粧品、健康食品を取扱っています。メルスモン製薬株式会社のトップに光を降ろすと「気分が悪くなる」と伝えられました。スノーデン株式会社は、東京都千代田区岩本町に本社を置く、1973年創業のプラセンタ使用の医薬品、化粧品、健康食品の製造会社です。会長は明壁義蔵、社長は中川泰男です。ホームページからは規模が大き目の会社のように感じます。

スノーデンのトップに光を降ろすと「松喰い」「松をやっている」と伴侶が伝えて来ました。株式会社日本生物製剤は、東京都渋谷区富ヶ谷に本社を置く、ヒト、ウマ、ブタ由来の胎盤を原料とした医療用医薬品、健康補助食品、化粧品及びその原体の製造・販売を行う会社です。福岡県久留米市に研究所や工場が4箇所存在しています。久留米が拠点であり、松利権を有していた久留米藩有馬氏との地縁の繋がりを感じます。

公式サイトでは「プラセンタ製剤のワールド・リーディング・カンパニーです」と謳っています。日本の他に、韓国(Green Cross社)、中国、台湾、欧州(スイス)にグループ会社を持ち、各国に26のディストリビューターを有した世界販売網があります。会社概要の設立には「1954年08月27日 財団法人 久留米組織再生研究所」と記載されています。久留米組織再生研究所を設立したのは、稗田憲太郎です。

プラセンタ療法と統合医療》には、「稗田博士は 8 年間を中国各地で過ごし、1953 年に帰国してからは久留米大学病理 学研究室で教鞭をとり、医学部長を兼務、 また久留米組織再生研究所を興して胎盤を医療に応用する多くの医師を育てた。」とあります。《稗田 憲太郎とは - コトバンク (kotobank.jp)》から、稗田憲太郎がジョンズ・ホプキンズ大学に留学していたことが分かります。

過去のワークから、ジョンズ・ホプキンズ大学は、松利権ネットワークの重要拠点と見ています。稗田は、満州医科大学教授、中国医学院院長、華北医科大学教授兼医学研究所主任となり、帰国後久留米大学教授となり医学部長になっています。米国と中国に渡り、ロスチャイルドの松利権の仕事をしていたと感じます。日本生物製剤の社長は、韓国人の林泓錫(リンホンソク)で、Green Cross社の社長はフーン・ウンチョルです。

松利権に韓国が深く関与していると感じます。稗田憲太郎の御魂が上がるよう光を降ろすと「松ネットワークの仕事をした人」と伝えられました。日本生物製剤とGreen Cross社のトップに光を降ろすと「バイデン派」「金。トカゲ」と伝えられました。プラセンタの延長線上にアドレノクロムがあります。松果体成分は、金儲けのツールとして闇のネットワークが世界に網羅されています。松利権のネットワークに光が入り、暗闇の世界が終焉することを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
夢で教えられた統合のヒントとしての米国大学
ボアオ・アジア・フォーラムが開催される中国・海南島に潜む深い闇
医師として結核菌、ペニシリンで人体実験をしてデータ収集をしていた過去世

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   
    

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピー スピリチュアルライフ プラセンタ 胎盤 久留米市 日本生物製剤 稗田憲太郎 韓国 松果体 アドレノクロム

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間のセラピスト活動を行って来た葉山を卒業し、自然豊かな北の大地で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、新しいタイプのセラピーです。クライアントの方が本来の姿になり、輝いて行くための内なる対話とエネルギーワークです。

ヒプノセラピーとエネルギーワークを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、エネルギーワークで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離されたものを統合することで本来の姿に戻ります。魂の修行という闇を卒業し、魂の喜びという光を味わう時です。

ヒプノセラピーに携わる10年のヒプノセラピスト経験と、土地の封印解除を実践して来た6年のライトワーカー経験を1つに統合した個人セッションと言えます。

セラピストとライトワーカーの集大成であり、最終形となります。統合ヒプノヒーリングが、皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
ブログ「日々の気づき」
目に見える現実世界での出来事を通して、目に見えないスピリチュアルな意味を感じて綴る新ブログです。他の3つのブログと共にご紹介します。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード