fc2ブログ

松果体収穫と関係が深い場所に生まれた創価学会の設立者

「創価学会設立者は牧ロ常三郎と戸田城聖。牧ロ常三郎の出生地は、新潟県柏崎市の柏崎刈羽原発の隣接地。戸田城聖は、鹿島の森のある石川県加賀市塩屋。いずれも松果体収穫の地であり、2人は松利権を有する家系に生まれたと感じる。牧ロ常三郎の実父が北海道開拓の屯田兵だった事実が隠されている。」

創価学会は、日本の宗教法人で、法華経系の在家仏教の団体です。1930年(昭和5年)創立で、国内に公称827万世帯を擁します。創価学会の三色旗の青は「平和」、黄は「栄光」、赤は「勝利」を表すとされます。設立者は、牧口常三郎(初代会長)、戸田城聖(初代理事長)であり、本部は、東京都新宿区信濃町の広宣流布大誓堂です。

スピリチュアルライフ 柏崎刈羽原発

1930年(昭和5年)11月に「創価教育学体系」が発刊され、尋常小学校の校長であった牧口常三郎と戸田城聖ら当時の教育者などが集い、日蓮の仏法精神に基づく教育者の育成と雑誌の発行を目的とする「創価教育学会」(初代会長:牧口常三郎、理事長:戸田城聖)を創立しました。1937年(昭和12年)に、創価教育学会は日蓮正宗法華講の1つとして位置付けられ、この組織が創価学会の前身となります。

1951年(昭和26年)5月に第2代会長に就任した戸田城聖の下で、75万世帯を目標にした「折伏大行進」という名の大規模な布教活動が行われ、日本国内での創価学会の勢力は急拡大したが、強引な勧誘の手法は批判を呼び、社会問題化しました。1958年(昭和33年)4月に戸田第2代会長が死去した後、1960年(昭和35年)5月に現・名誉会長の池田大作が第3代会長に就任しました。

1962年(昭和37年)には「公明政治連盟」を創設し、2年後の1964年(昭和39年)には日本の政党の要件を満たしている唯一の宗教政党として「公明党」を結成し、日本政治にも関わっています。ウィキペディアによると、創価学会創立者の1人である牧ロ常三郎(1871年-1944年)は、日本の教育者、宗教家です。1871年(明治4年)、柏崎県刈羽郡荒浜村(現:新潟県柏崎市)で渡辺長松・イネの長男として誕生します。出生名は渡辺長七です。

1877年、親戚である牧口善太夫の養子となります。1885年に尋常小学校を卒業後、単身、北海道へ職を求めて渡ります。小樽警察署の給仕をしながら苦学の末に、1891年、札幌の北海道尋常師範学校(現:北海道教育大学)第一学部3学年に編入します。信越創価学会公式サイトには、より詳細な情報が記載されていました。牧ロ常三郎の出生地は、柏崎県刈羽郡荒浜村(現:新潟県柏崎市) です。

柏崎県刈羽郡荒浜村をグーグルマップで調べると、驚くことに東京電力・柏崎刈羽原発に隣接している地域です。実は、田中角栄元首相の実家も新潟県刈羽郡二田村大字坂田(現:新潟県柏崎市)で柏崎刈羽原発から約5kmほ距離なのです。詳細は別記事に譲りますが、田中角栄は柏崎刈羽原発の推進に深く関わっており、利権誘導だと見ています。これまでの調査とワークから原発とアドレノクロム工場は表裏の関係だと感じています。

柏崎千葉構造線から直感した表の原発と裏のアドレノクロム工場の構図》から 「表の原発、裏のアドレノクロム工場」であれば、どうして狭い日本列島海岸線に数多くの原発や原子力関連施設があるのかが納得できます。松取りの闇によって日本を封印するためです。松果体収穫の闇、金の闇、隠す闇が重なり、深い闇となります。柏崎刈羽原発の地は、昔から松取り場であったと感じます。

牧ロ常三郎と田中角栄は、松利権を有していた家に生まれたと思います。牧ロ常三郎の実父については「父・長松は船乗りだったといわれている。賃雇いの船乗りたちの暮らしは厳しく、長松は北海道へ出稼ぎの途中消息を断つ」と引用サイトにありました。しかし、私は北前船の船員だったのではないかと感じます。 また、もう1人の設立者の戸田城聖が石川県江沼郡塩屋村(現:加賀市塩屋)の北前船の仲買商の父親の下に生まれているのです。

グーグルマップで戸田城聖の出生地・石川県加賀市塩屋町を調べると、「鹿島の森」が目に留まりました。《KAGA旅・まちネット》には、「鹿島の森」は、「古くは天台宗の霊場として、また江戸時代は大聖寺初代藩主前田利治が萬宝院と称する法華宗の道場として使った」と記されており、古くから松取り場だったことが分かります。また、《隠された加賀の松果体システムが表に出て最後になる》には、加賀が松システムの中心であると伝えられています。

さらに、牧ロ常三郎の実父・長松は「北海道へ出稼ぎの途中消息を断つ」とされていますが、事実は異なります。《屯田兵名簿:下野付牛兵村》に屯田兵名簿があり、「6462 明治31 6 下野付牛(端野 ) 109 渡辺長松 新潟県 北浦原郡」と記されています。屯田兵は、北海道開拓の名の下で「松」「薬」の利権のために動員された人たちです。「松」の字を持つ実父・長松の真実が隠され意図的に歪曲されている感じです。

松取りの裏の仕事は、秘密を守るための工作部隊が必要であり、実父・長松が工作部員だった可能性が高いと思います。金儲けのための松取り、北前船です。創設者の牧ロ常三郎と戸田城聖の家系や出生情報から創価学会が松利権などの金のためのつくられたと感じます。松利権の工作活動を含む裏の仕事であり、その隠れ蓑としての宗教団体です。創価学会の隠し繕う工作の闇の役割が終わりになることを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
元大夕張リゾートへの利益供与疑惑の背後に浮かぶ中国と反社の影
ソ連や朝鮮の工作が成され松果体利権が行使された旧加賀藩根上の地
金儲けのためにアドレノクロムの闇を広げる工作員

<お知らせ>
☆輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」のご案内New!
☆輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   
     

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ松果体利権創価学会牧口常三郎戸田城聖柏崎刈羽原発鹿島の森工作活動

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ