fc2ブログ

源頼朝の富士の巻狩から見える真実が隠蔽された歴史的な出来事

「巻狩は、動物が対象ではなく先住民の人たちを虐殺し松取りするための嘘の意味に変えられた。源頼朝の富士の巻狩は、水源のある光の地を封じるために行われた先住民の松取りが目的だった。悲劇と美談が盛られた曾我兄弟の仇討ち事件は、金儲けに繋がる工作や嘘という人間のエゴの闇によって真実が隠されて来た。」

クライアントの絵美子さんは、源頼朝と縁を感じて「巻狩(まきがり)」のワードが気になったといいます。巻狩とは多人数で四方から狩場を囲んで獲物を中に取りこめて狩る方法とされています。しかし、私は動物ではなく、先住民の人間を対象に行われていたと感じます。絵美子さんに対して、簡易ヒプノセラピーで探っていくことにしました。

スピリチュアルライフ 富士山

絵美子さんが日夜、悩んでいる騒音の主と思われる階下のお婆さんは、源頼朝の巻狩で犠牲になった先住民の過去世を持つ人だと思いました。過去世のお婆さんは、先住民の代表であり、松取りの犠牲になった先住民たちが仕返しとして絵美子さんを音で苦しめていると推測しました。「傷つけたら傷つけられる」「奪ったら奪われる」というカルマの法則に基づいた摂理です。加害者側と被害者側を両方を経験するのです。

過去世で絵美子さんがお婆さんなどの先住民たちを苦しめたのなら、今世、逆に苦しめられる経験をする必要があります。このプロセスがカルマの解消となるのです。階下の騒音で悩むこと自体が絵美子さんがカルマを解消するために必須な出来事でした。絵美子さんが悩む騒音と源頼朝との関係について簡易ヒプノセラピーで質問していきました。絵美子さんが悩んでいる嫌な音の主は誰なのかを問いました。

「周辺に住んでいた人たち」と返って来ました。集合住宅の階下のお婆さんも周辺に住んでいた人たちの中にいるのかを質問すると「そうだと思う」と答えて来ました。絵美子さんは、源頼朝の巻狩が気になるが、過去世で巻狩に関わっていたのかを聞くと「いる」と言いました。この時、私は絵美子さんは源頼朝の魂を共有していると感じました。絵美子さんの過去世が源頼朝だったという事です。

ヒプノセラピーの中で、絵美子さんは、過去世で源頼朝だったのかを尋ねると「そう?」と伝えて来ました。絵美子さんの過去世の源頼朝は光に還ることで良いのかを問うと「反応がない」と答えて来ました。源頼朝が行っていた巻狩は、動物を対象とした祭礼や軍事訓練とされているが、実際は先住民たちを対象にしての虐殺であり、松取りが行われていたと感じる。どういう思いで巻狩を行っていたのかを質問しました。

「それが当たり前だと思ってやっていた」と言いました。絵美子さんの中の過去世の源頼朝のエネルギー体が光に還るよう意図して光を降ろすと「よく分からない」と返って来ました。源頼朝の前に、お婆さんの過去世の先住民たちの御魂を上げる必要があると気づきました。ヒプノセラピーで、階下のお婆さんの過去世の先住民たちの御魂が光に還るよう意図して光を降ろしました。そして、再度、絵美子さんの中の源頼朝に光を降ろしました。

感覚的には大丈夫だと思いました。源頼朝の御魂は、2014年9月の鎌倉巡礼の旅で、光に還っていました。源頼朝の霊廟(墓)がある鎌倉の白旗神社(法華堂)に足を運び、源氏山公園の源頼朝像の所で光を降ろして、源頼朝と両親の御魂が光に統合していました。このことから、土地に留まっている亡くなった人の魂と今世、生きている人に宿る魂の両方を光に還すことが重要になると感じています。

源頼朝の御魂は、絵美子さんだけではなく、何人かの人に分けられて宿っているのです。源頼朝に限らず歴史的な人物などの御魂は、何人かの人が分け御魂として有しています。それ故に、人と土地の解放は連動しているのです。人を開くことが土地を開くことになり、土地を開くことが人を開くことになると感じます。「巻狩」という言葉自体が真実を反映しておらず、嘘の内容と伝えて来たことを示唆しています。

巻狩 - Wikipediaには『巻狩とは中世に遊興や神事祭礼や軍事訓練のために行われた狩競(かりくら)の一種である。鹿や猪などが生息する狩場を多人数で四方から取り囲み、囲いを縮めながら獲物を追いつめて射止める大規模な狩猟で「巻狩り」とも表記する』と記されています。源頼朝の巻狩で有名なのは「富士の巻狩」です。富士の巻狩については、「吾妻鑑(あずまかがみ)」に多く記述されています。

ウィキペディアには『建久4年(1193年)5月から6月にかけて、源頼朝が多くの御家人を集め駿河国富士山麓の藍沢(現在の静岡県御殿場市・裾野市一帯)・富士野(静岡県富士宮市)にて行った壮大な巻狩のことである。富士の巻狩りは「吾妻鑑」建久4年(1193年)5月8日条に「富士野藍澤の夏狩を覧んがために駿河国に赴かしめたまふ」とあり、また同年6月7日条に「駿河国より鎌倉に還向したまふ」とある。

そのため5月8日から6月7日の約1ヶ月という非常に長期に渡り行われた』と記されています。吾妻鑑は、編纂当時の権力者である北条得宗家の側からの記述であることから、権力者側にとって不都合な事は隠蔽されるのです。先住民の虐殺・松取りは、当然の事ながら偽りの記述になるという事です。富士の巻狩で有名なのは日本三大仇討ちの1つとされる「曽我兄弟の仇討ち」です。私は、これも創作であり、曽我兄弟とは先住民の人たちだと見ています。

曾我兄弟の仇討ちは、建久4年5月28日(1193年6月28日)、源頼朝が行った富士の巻狩りの際に曾我祐成と曾我時致の兄弟が父親の仇である工藤祐経を富士野にて討った事件とされます。曾我兄弟の仇討ち事件を題材とした「曽我物」と呼ばれます。能や幸若舞曲などの芸能の世界で使われることで、悲劇や美談が膨らんで行きます。現代でも小説、映画、テレビドラマ、漫画、歌謡曲、ミュージカルなどの題材にされています。

大勢の観客、高い視聴率、多くの販売部数を得るという金儲けに繋がるために嘘の話が付け加えられていくのです。工作、嘘という人間のエゴによって歴史の真実が隠蔽されて来ました。逆に言うと、歴史的な記録で悲劇や美談が盛られている話の多くは、嘘と見ていいと思います。絵美子さんには、ヒプノセラピーを通じて感じたこととして、源頼朝の巻狩の場所を調べて祈り、先住民の御魂を上げることを勧めました。絵美子さんが本来の姿になり、閉ざされた土地が開かれていくことを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
源平の戦いで日本を暗闇にして来た闇の統合
松取りのための戊辰戦争という真実を闇で覆ったロスチャイルド
悲劇の美談というエゴの闇で真実を隠蔽された二本松少年隊

<お知らせ>
☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ源頼朝巻狩富士山真実隠蔽曾我兄弟の仇討ち吾妻鑑工作

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ