fc2ブログ

船の中でトカゲに血を抜かれて食べられた女の子

「血が怖い。採血が苦手だった。小6の時、教室で耳たぶから血を採った時に貧血で倒れた。過去世で女の子。子供だけど小学生くらい。船の中で皆で血を抜かれた。トカゲが血を食べる。1箇所じゃない。みんな怖がっている。かなりの量の血。血を抜かれて体も食べられた。生きている子供は、時間を置いて、また血を抜かれる。」

光の講座の受講者・智子さんは、東京都東大和市について調べていると夜眠れなくなったと話しました。旧日立航空機立川工場変電所の古びた建物が気になっていたといいます。旧日立航空機立川工場変電所をグーグルマップで観ると玉川上水の近くで、東大和南公園の北側に隣接している場所でした。不眠は闇の影響だと感じて簡易ヒプノセラピーで探っていきました。

スピリチュアルライフ エバーギブン

夜眠れなくなったのは何故なのかを問うと「戦争で命を失った人たちが光を求めて集まってきたから」と答えてきました。東大和市の周辺で亡くなった人たちなのかを質問すると「立川空襲で亡くなった人たち。工場で亡くなった人もいる」と言いました。立川空襲は、第二次世界大戦中の1945年4月4日に、東京都立川市で発生した、アメリカ軍・B29爆撃機による空襲です。陸軍航空工廠と立川飛行場が標的にされ、144人が亡くなったといいます。

立川空襲と工場でなくなった人たちの御魂が上がるよう意図して、旧日立航空機立川工場変電所の場所に光の柱を降ろしました。「いろんな声が聞こえた。痛かった、辛かった、怖かった」と伝えてきました。辛い気持ちなどネガティブな思いを持って亡くなると魂が闇となり地上に留まります。土地を開くためには、地上に留まっている魂を上げることが何よりも重要です。智子さんは課題に取り組んでいる時に足に痛みがありました。

足の痛みは、誰か光に還りたい人がいることなのかを聞くと「自分が戦争で足を失くしたから伝えてきた」と言いました。智子さんの戦争で足を失った過去世は光に統合していました。ヒプノセラピーの中で、他に光に還りたい人はいるのかを尋ねると「はい」と返ってきました。光に還りたい人は誰なのかを問うと「血が怖い。採血が苦手だった。小6の時、教室で耳たぶから血を採った時に貧血で倒れた。過去世かな?」と伝えてきました。

採血が苦手なのは過去世に原因があるのかを質問すると「はい」と返ってきました。どんな経験をした過去世なのかを聞くと「船の中で皆で血を抜かれた」と答えてきました。血を抜かれた目的は何かを尋ねると「血を食べる。食糧」と伝えてきました。その過去世で血を抜かれたのは、何歳くらいの時なのかを問うと「子供だけど小学生くらい」と答えてきました。男の子か、女の子かを質問すると「女の子」と返ってきました。

場所は日本なのか外国なのかを聞くと「外国かな。景色が浮かばない。閉じ込められている」と言いました。大勢の子供たちがいるのかを聞くと「沢山の子供や若い人」と伝えてきました。血を抜かれるのは体のどの部位なのかを尋ねると「1箇所じゃない。みんな怖がっている。かなりの量」と答えてきました。ヒプノセラピーで、献血の時のように針とチューブで血を抜かれるのかを問うと「そう。そのまま亡くなっちゃう子供もいる」と言いました。

抜いた血は誰が食べるのかを質問すると「爬虫類。トカゲ」と返ってきました。船の中で血を抜かれる時に爬虫類型宇宙人のトカゲ・レプタリアンを見たのかを聞くと「見ていない。暗かったから見えなかったかもしれない」と言いました。血を抜かれて最終的に、どうなったのかを尋ねると「血を抜かれて体も食べられた。生きている子供は、時間を置いて、また血を抜かれる」と伝えてきました。まさに、松取り・食人の闇の様相です。

船の中に閉じ込められて何度も血を抜かれて、最後は身体まで食べられるという、現代のアドレノクロムと子供の肉を食べる食人の生贄の闇を示唆しています。松取り・食人の隠された闇は、時代を超えて脈々と続けられた来たのです。ヒプノセラピーの中で、時代はいつ頃なのかを問うと「古い。1300年くらい」と答えてきました。船の中で血を抜かれて食べられた時は、どんな気持ちだったのかを質問しました。

「怖くて嫌だった。でも、逃げられない」と言いました。智子さんの血を抜かれて食べられた過去世の女の子が光に還るよう光を降ろすと「当時の感情が和らいだ。姉が食べる方、私が食べられる方が多い」と伝えてきました。この時、急に、私の両足が冷たくなりました。足が冷たくなるのは、亡くなった人の魂が来ている時だと経験から分かっていました。血を抜かれて食べられて亡くなった子供たちや若者たちの魂が来ていると感じました。

船の中で血を抜かれて食べられた人たちの魂が光に還るよう光を降ろすと「いい感じだと思う。沢山の子供のいろんな感情がある」と言いました。大きな光になるために深い闇を経験するとは、まさに、智子さんの血を抜かれて食べられた子供の過去世をいいます。こうした深い闇を経験した過去世を1つずつ光に統合することが大きな光の魂になることに繋がります。智子さんの中の闇が光に変わり、大きな輝きの魂となることを願っています。(おわり)

<過去の関連記事>
血液製剤をつくる日本赤十字社と放射性物質を運ぶ原燃輸送から繋がる原発に隠されたアドレノクロム施設
新しい人生という光を道を歩む転機となる闇の経験
洞窟の中で食人をしていた過去世が光に還る

<お知らせ>
☆5/7輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」のご案内New!

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ食人立川空襲アドレノクロムトカゲ過去世統合

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(L2)
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ