fc2ブログ

トカゲ人間が子供の松取りを行う地下施設のある国営昭和記念公園

「昭和記念公園で闇の仕事をしているのは魔力を使う人。オーディンじゃないドルイドの人。地下の闇を守っている。地上は子供が集まる。地下の施設でエネルギーを取る。地下のトカゲ人間が子供の生血を吸ったり食べたりしている。トカゲ人間が凄い数いる。ウクライナ・マリウポリのアゾフスタリ製鉄所のように何層もの地下構造になっている。」

光の講座の受講者・智子さんの簡易ヒプノセラピーは続いていきます。蚊はどこから集めていたのかを聞くと「水のある所」と伝えてきました。水を汚すことをしていたのかを問うと「川とかじゃない。ため池とか」と答えてきました。蚊の幼虫のボウフラは汚れた水で生まれます。水を汚すことは、ため池やドブのような滞留する水場にすることです。

スピリチュアルライフ 国立昭和記念公園

裏カーリーから智子さんに言い残すことは何かを質問すると「ここまで闇を広げたので光にしていくことだけ」と言いました。ヒプノセラピーの中で、裏カーリーは光に還ることで良いのかを聞くと「うん。蚊たちに対して、いっぱいこき使ってごめんね」と伝えてきました。裏カーリーが光に還るよう光を降ろすと「還れたと思う。バクバクは治った」と言いました。ここで私の左目が痒くなり、智子さんに関係する闇からのサインだと感じました。

私の左目に痒みのサインが来ているが何か心あたりはあるかを尋ねると「昭和記念公園。前日に調べてワークをやろうと思ったけど、手に負えないと感じた。昔、飛行機の研究所があった」と伝えてきました。昭和記念公園をグーグルマップで観ると「立川広域防災基地」に隣接する公園でした。《秘密の地下施設の可能性を感じる立川広域防災基地》にありますが、2年前に立川広域防災基地のワークを行っていました。

立川広域防災基地に地下を意図して光を降ろすと「地下は空洞。昼間隠れていて夜に動く。トカゲかどうかわからない」と伝えられました。この場所には、旧日本陸軍の立川飛行場の跡地であり、陸上自衛隊立川駐屯地になっています。敷地内には、国立病院機構と日本赤十字社もあります。松取り・食人の闇が潜む地下施設があると感じていました。《帝都を歩く》には、『昭和記念公園の用地は滑走路西側の軍事施設がたくさん並んでいるところです。

このうち北側は陸軍航空技術研究所、南側は陸軍航空廠立川支廠という巨大な軍事施設であり、この二つの施設があったところがおおむね現在の昭和記念公園の用地となっているのです。陸軍航空技術研究所は航空関係の器材、燃料の考察・審査等や、航空関係の調査研究・試験を行うところで、陸軍航空廠立川支廠は航空関係の器材や燃料などの調達、補給、保管など、主に航空機の補修を行うところでした』と記されています。

立川広域防災基地と昭和記念公園は一体化した場所であり、実質的に、大日本帝国陸軍の松取りの闇が置かれた場所です。光の地底を松取り・食人の大きな闇で封じられたと感じます。国営昭和記念公園は、1978年に「昭和天皇御在位五十年記念事業」の一環として国土交通省の手で設備整備が始められました。「わくわくゆうぐ」など子供たちを集める広場もあり、子供をさらう仕掛けで、闇の地下と連動していると見ています。

昭和記念公園の闇の存在を探っていきました。昭和記念公園で闇の仕事をしているのは誰なのかを問うと「魔力を使う人」と返ってきました。ヒプノセラピーで、どんな姿をしている存在なのかを質問すると「オーディンじゃない。ドルイドの人」と答えてきました。どんな事に魔力を使うのかを聞くと「闇を守っている」と言いました。守っている闇とは、どんな闇なのかを尋ねると「地下。地下の闇」と伝えてきました。

闇の地下施設を守るために「結界」のように闇のエネルギーバリアを張っていると感じました。地下で何をしているのかを問うと「地上は子供が集まる。エネルギーを取る。地下の施設で」と答えてきました。地下施設で子供のエネルギーを取るということは、松取りが行われていることを示唆します。人間やトカゲが地下で子供の生血を吸ったり、食べることをしているのかを質問すると「地下のトカゲ人間がやっている」と言いました。

トカゲ人間とは人間にシェイプシフトしたトカゲのことです。支配層の人間は、トカゲ人間なのです。魔術を使うドルイドの人の方がトカゲよりも上の地位なのかを聞くと「はい」と返ってきました。ヒプノセラピーの中で、魔術を使うドルイドの人は、誰かの命令で働いていたのか、それとも自分の意志なのかを尋ねると「自分の意志。トカゲ人間が凄い数いる。何階にも重なっている地下構造になている」と伝えてきました。

トカゲ人間たちが使う何層にもなっている地下施設の構造は、ウクライナ・マリウポリのアゾフ連隊の中心拠点である「アゾフスタリ製鉄所」のニュースで開示されています。《KEISUI ART STUDIO》には、広大な地下都市の様相を呈する地下施設がリアルに図示されています。《日テレニュース》には、アゾフスタリ製鉄所の5層に重なった地下施設の模式図が示されています。現実的に、東京都立川市の昭和記念公園にも大規模地下施設が存在しているのです。(つづく)

<過去の関連記事>
日本が一番最後になる
極限的に汚いエゴ・悪魔崇拝の闇が潜む大阪とウクライナ
児童虐待・人身売買網のDS本拠地・ウクライナで戦争を隠れ蓑にして自国民を虐殺するアゾフ連隊

<お知らせ>
☆5/22輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)」のご案内New!
☆5/25ヒプノセラピスト養成講座(スカイプ)」のご案内New! 

☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフトカゲ人間地下施設子供国立昭和記念公園立川広域防災基地魔術ドルイド

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ