fc2ブログ

アウシュヴィッツでユダヤ人の松取りを指示していた元夫の過去世

「元夫がドイツの自動車関連企業に勤務していた意味は過去世。アウシュヴィッツ。偉かった。指示をしていた。下っ端じゃない。アウシュヴィッツでユダヤ人は松取りの犠牲になっている。ユダヤ人は賢くて邪魔になる。怖かった。根絶がいい。怖がっていたのはレプの人たち。DS。人間で特に賢かったから。ついでに松も取れるから。」

光の講座の当日の夜、受講者の真佐子さんはリアルな夢を見ました。沢山の子供たちが参加しているパーティで、自分が血が滴る生肉を焼いている場面でした。ビスケットの上に赤いゼリーを塗って皆にあげようとしていました。「子供」「血」「生肉」「赤」から松取り(松果体収穫)の過去世に関係していると感じて簡易ヒプノセラピーで探っていきました。

スピリチュアルライフ アウシュヴィッツ

夜中に見たという生肉の夢は、何を意味しているのかを問うと「生肉を処理している。血が滴っているのを見せる。本当は、こうだよというものを」と答えてきました。「でも暗くない。パーティも子供たちも暗くない」と続けました。ヒプノセラピーで、暗くないのは何故なのかを質問すると「分けると闇と光だけど、知りたくて、この世をつくった。ちっとも悪いことじゃない」と言いました。

それは過去世で経験したことなのかを聞くと「人間の肉は過去世」と返ってきました。その過去世はどんな感じなのかを尋ねると「封印している。深い闇を封印している」と伝えてきました。真佐子さんは、朝に右足の膝に痒みが出てきたといいます。誰か闇の存在が光に還りたいサインだと感じました。右膝の痒みはどういうサインなのかを問うと「自分じゃ分からない」と返ってきました。

誰か光に還りたい人はいるのかを質問すると「元夫・・元夫のお父さん、お兄さん」と答えてきました。真佐子さん元夫の父親は、日本陸軍の軍人でした。真佐子さんと元夫の父親は面識があり、冷たい心を抱えていた感じを受けたといいます。ヒプノセラピーの中で、元夫の父親は、どんな気持ちなのかを聞くと「寂しい。明るくない」と言いました。元夫の父親が光に還るよう光を降ろしました。

「素直に分かって光に還っていった。感謝している」と伝えてきました。元夫の兄は、どんな人生だったのかを尋ねると「中学の時に病気で亡くなった。14歳だった。元夫は、母親からあんたが死ねば良かったと言われた」と伝えてきました。元夫の兄の魂が光に還るよう光を降ろすと「光に還ったと思う。あまり重たくなかった」と言いました。真佐子さんの元夫はドイツの自動車関連企業に勤務していました。

元夫がドイツの会社に勤めていたのは何か意味があるのかを問うと「過去世。アウシュヴィッツ」と答えてきました。アウシュヴィッツは、ドイツが第二次世界大戦中に国家を挙げて推進した人種差別による絶滅政策(ホロコースト)と強制労働により、多くの犠牲者を出したポーランドの場所にあった強制収容所です。収容者の90%がユダヤ人だったとされます。アウシュヴィッツで何をしていたのかを質問しました。

「偉かった」と返ってきました。ヒプノセラピーで、過去世の元夫は、アウシュヴィッツで指示をしていたのかを聞くと「していた。下っ端じゃない」と言いました。ドイツ軍はアウシュヴィッツ収容所でユダヤ人の松取り(松果体収穫)をしていたと感じます。アウシュヴィッツでユダヤ人は松取りの犠牲になったのかを尋ねると「なっている」と伝えてきました。どうしてナチスドイツがユダヤ人を標的にしたのかを問いました。

「賢くて邪魔になる。怖かった。根絶(ねだやし)がいい」と返ってきました。ユダヤ人たちを怖がっていたのは誰なのかを質問すると「レプの人たち。人間で特に賢かったから」と答えてきました。元夫は過去世で松利権の支配集団のDSの役割をしていたのかを聞くと「ついでに松も取れるから」と言いました。元夫のアウシュヴィッツの過去世は支配層だったのかを尋ねると「そうです。DS」と伝えてきました。

日本のインド人工作員として暗躍した2人のボースと替え玉にすり替えられたナチス・ドイツの総統ヒトラー》にありますが、ナチスドイツを率いていたヒトラーは、途中からDSによって替え玉に変えられました。その背後には、日本の支配層の八咫烏が存在していたと見ています。真佐子さんの元夫は、DSのトカゲ人間としてアウシュヴィッツで賢いユダヤ人を虐殺する闇の仕事をしていたのです。

元夫の過去世はどんな気持ちなのかを問うと「もう全てを終わりにして還りたい」と伝えてきました。真佐子さんの元夫が今世、ドイツの会社に勤めていたのは、過去世からの縁があり、カルマの解消のためだったと感じます。元夫の過去世が光に還るよう意図して光を降ろすと「バッチリです。凄い光になった」と伝えてきました。深い闇を経験した魂はより大きな輝きの光になるのです。(つづく)

【過去の関連記事】
虐げられたユダヤ人の歴史と支配の構図
古代イスラエルの過去世の統合
ユダヤ人のヒトラーを崇拝していた過去世のドイツ軍人

【お知らせ】
☆3/30新・お話会(スカイプ)開催のご案内New!
☆4/14輝く地球・光の講座(レベル2:スカイプ)」のご案内New!

☆自分を探求するためのヒント☆「自分を知るために何をするのか」のrumble動画のご案内New!
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座に「お話会」が加わりました!☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフユダヤ人アウシュヴィッツホロコーストトカゲヒトラーナチスドイツ統合DS

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L1)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(L2)
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ