fc2ブログ

関ケ原で火の鳥の術で戦わせていた

「過去世で義父と剣を交差して戦っている。関ケ原。自分は西の豊臣方。義父は東の徳川方。上に赤と青があって剣がバシンとなった所。人たちを戦いに仕向けるようにした。術で戦わせている。火の鳥の姿。火山から出てきている。火のエネルギー。怒りに火をつける。火の鳥は、あーあって気持ちで天を仰いでいる。もう還る時かな。」

光の講座の受講者のすみ子さんは、前回からの変化として昼間に眠い時に幸せな感じが湧いてくると話しました。飼猫の気持ちが分かるようになったといいます。また、お風呂に入っている時に窓の外にヤモリがいるのを見たと伝えてきました。魔女の手下と感じたといいます。簡易ヒプノセラピーでヤモリとの関係を探っていきました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ ハワイ 火山

お風呂でヤモリを見たのは、どういう意味なのかを問うと「魔女の黒い帽子が出てきた」と答えてきました。すみ子さんとヤモリはどういう関係なのかを質問すると「私がトカゲだった」と返ってきました。魔女は何をしていたのかを聞くと「トカゲで使っていた」と言いました。トカゲが化けた魔女は何をしていたのかを尋ねると「術を唱えて広めている」と伝えてきました。お風呂で見たトカゲはサインなのかを問いました。

「うん」と返ってきました。過去世のトカゲはどんな気持ちなのかを質問すると「よく分からない・・もういいかな」と答えてきました。過去世のトカゲは光に還ることで良いのかを聞くと「いいよ」と言いました。過去世のトカゲが還るよう光を降ろすと「還って行ったみたい」と伝えてきました。すみ子さんは、夫の父親の義父と不仲の関係でした。自分の子を他の子と比べて小言を言うことがあるといいます。

義父は三味線の演奏はプロ級でもありました。すみ子さんと義父は過去世の因縁を引継いでいると感じました。因縁というカルマを解消するには、お互いの闇の過去世を光に統合する必要があります。ヒプノセラピーの中で、義父と不仲の関係の源流となる過去世は何をしていたのかを尋ねると「剣を交差して戦っている」と伝えてきました。場所はどこなのかを問うと「関ケ原」と返ってきました。

関ヶ原の戦いのようでした。関ヶ原の戦いは徳川の東軍と豊臣の西軍に分かれていたが、すみ子さんはどちらだったのかを質問すると「西。豊臣方」と答えてきました。義父は東の徳川方なのかを聞くと「はい」と言いました。過去世では、純粋に戦っていたのか、それとも松取りの意図をもって戦わせるようにしていたのかを尋ねると「上に赤と青があった。剣がバシンとなった所」と伝えてきました。

「戦っている人たちを仕向けるようにしていた」と続けました。誰が戦わせるようにしたのかを問うと「術で戦わせている」と返ってきました。すみ子さんの中に術を掛けて戦わせていた存在はいるのかを質問すると「いるみたい。火の鳥の姿」と答えてきました。ヒプノセラピーで、火の鳥はどこから来たのかを聞くと「火山から出てきている」と言いました。火のエネルギーを使っていたのかを尋ねました。

「そうですね。怒りに火をつける」と伝えてきました。今の火の鳥はどんな気持ちなのかを問うと「あーあって気持ちで天を仰いでいる」と答えてきました。どんな心情なのかを質問すると「もう還る時かな」と返ってきました。闇の仕事は闇を終わらせることまでが仕事なので、火の鳥は火で闇を燃やし尽くして終わらせることをすると感じます。闇を終わらせる役割もあるのかを聞きました。

「火が燃えて光が出ている感じ」と言いました。火の鳥は光に還ることで良いのかを尋ねると「はい」と伝えてきました。光に還るよう光を降ろすと「子供を連れて火種を連れて行った」と伝えてきました。ヒプノセラピーの中で、関ケ原で戦った義父の過去世はどんな気持ちなのかを問うと「凄く暗い気持ち。どんよりしている。自分の術で自分ものまれた。カラスの姿」と答えてきました。義父は八咫烏のようでした。

もしかすると、兵を戦わせて多くの松を取ることを目的にする戦術を担う軍師をしていたのかを質問すると「軍師を焚きつけている」と返ってきました。義父は八咫烏の工作員だったのかを聞くと「そんな感じ」と言いました。義父の過去世の武士のボスは誰なのかを尋ねると「徳川家に仕えるでっかいカラス」と伝えてきました。義父の過去世が還るよう光を降ろすと「重い荷を降ろして身軽になった」と伝えてきました。

「違う鳥になって飛んで行った」と続けて言いました。すみ子さんの過去世は武士で術師だったのかを問うと「そうですね」と返ってきました。敵対した義父の過去世は術師だと分かっていたのかを質問すると「分かっていた」と答えてきました。八咫烏に操られていたのかを聞くと「そうかもしれない」と言いました。光に還ることに同意したので光を降ろすと「戦っていた所が明るくなった」と伝えてきました。(つづく)

【過去の関連記事】
湿疹が知らせた茨城県ひたちなか市の甲斐源氏発祥の地と佐竹氏の末裔の秋田県知事・佐竹敬久のワーク
火の鳥の姿に変わった暗闇の役割の八咫烏
大きな変化の時を乗り越える

【お知らせ】
☆純粋さを大切にした自由でシンプルな「祈りについて」のrumble動画のご案内☆「祈りについて」のrumble動画のご案内
☆祈りを通じて光を降ろし闇を統合するための輝く地球・光の講座☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内
☆ブログ「日々の気づき」を含む4つのブログのご案内☆ブログのご案内

いつも応援ありがとうございます!これからも内なる対話を通じて真実の光をお伝えしていきます!   

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフヤモリトカゲ魔女関ヶ原の戦い軍師術師八咫烏火の鳥

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ