fc2ブログ

幼い自分から"1つしかない青いポピーの花を摘んでいいのよ"と言われ、周りよりも自分を優先にすることを教えられたヒプノセラピー ~ヒプノ・ソウルリリーフ スカイプセッション&体験談~

インナーチャイルドの想定外の元気さに驚き、"私1人が得るべきものを手にしても何の問題もないということ"についての気づきを得たヒプノセラピーセッション

魂の解放のためのヒプノセラピーのスカイプセッションを申込まれた麻友さんはスイス在住のクライアントの方でした。麻友さんは、ヒプノセラピーの中で、幼い自分やハイヤーセルフから必要なメッセージを与えられました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ インナーチャイルド 癒し 魂の解放 体験談 感想 スイス ハイヤーセルフ 神奈川

ヒプノセラピーの中の色とりどりのポピーの花が咲いているお花畑で、幼い麻友さんは、"そこにある青い花は1つだけだから、取っていいのよ"と今の麻友さんに言いました。そして、麻友さんのハイヤーセルフからもメッセージを受けました。

"自分であることをあきらめてはけない"、"恐れるな"、"恐れることは何もない"、"すべては良い方向にしかいかない"。ヒプノセラピーで見たハイヤーセルフは"ニケ"という名前の女性的な天使の姿をしていました。

ヒプノセラピーセッション後、麻友さんからご感想を送って頂きましたので、ご紹介します。クライアントの麻友さんには貴重な体験談をシェアして頂き、ありがとうございました。これからも自分らしい楽しい人生を歩まれて行かれるようお祈りしております。

『今日はヒプノ・ソウルリリーフのヒプノセラピーセッションをありがとうございました。インナーチャイルドが1番悲しかったこと、を思い出したときは、もちろん悲しくて涙も出たのですが、セッション最後の感想は、"面白かった"、"楽しかった"です。

今までインナーチャイルドは、自分の中で一種のタブーというかあまりさわったことのない部分でした。今回のヒプノセラピーのご縁で思い切って見てみようと申し込みしたのが主な理由でした。ですので、ものすごく悲しい過去が出てきたらどうしようと思っていました。

そして、内なる子どもが傷つきまくって手負いのケモノみたいだったらどうしよう、とかちょっと不安だったのですが、ヒプノセラピーで開けてみたら、なんのことはない、元気でしたね、彼女。花畑で抱きしめて、「何も欲しくなかったけど、こうやって安心して座れる場所が欲しかった」と言われたときは またしても涙が出ました。

でもその後、岩本さんのヒプノセラピーでの誘導の前に彼女、さっさと1人で立ち上がって、「1人で大丈夫」って言ってたんです。岩本さんが「じゃあ、抱きしめている小さいあなたを・・・」とおっしゃったとき、彼女は既に私の腕の中にいなかったのです。

実は、「えっ、もうあっちにいるよ!」と焦っていた私です。今回のヒプノセラピーで1番大きな気づきは、"自分が人に与えられないこと、自分が、もしかしたら人に与えられるべきものを取ってしまっているのではないかということを怖れなくてもいい"、ということでしょうか。

世界はこれだけ豊穣なのだから、"私1人が私の得るべきものを手にしても何の問題もないということ"。"他を思いやることは大切だけれども、まず3次元の自分を大事にすること"。
先日、瞑想中に「汗水たらして得たお金しか価値がない、そうやってしかお金を得るべきでないとは思わないこと」と上の人に言われたのを思い出しました。

それと一緒に、ハイヤーセルフや未来の自分が「そのままでいい」と言ってくれたことは、この先の人生を純粋に楽しむことに、非常に役立ってくれそうです。催眠に入っているという状態をしっかり体感できたことも1人でヒプノセラピーを試している私には大変有効でした。

今回のヒプノセラピーはいろんな意味で、背中を押してもらった感じのセッションでした。そうそう、最後のエンジェルカードリーディングで出たカードは大天使ラファエルの「呼吸」でした。シンクロニシティ?に1人で笑ってしまいました。

これについてセッション中にはお話しませんでしたけれど、今読んでる本が、禅と脳について書いてあるもので、しょっちゅう呼吸、腹式呼吸、深呼吸と出てくるのです。またご縁があればお願いしたいと思います。今回のヒプノセラピーセッション、ありがとうございました。』

☆サロン開業1周年記念マンスリー・ヒプノセラピー25%OFF→ヒプノ・ソウルパートナーのご案内New!

☆ヒプノセラピー、ヒプノ・ソウルシリーズをリニューアルしました!詳しくはこちらをご覧ください。⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内New!

☆ホロスコープから人生情報を読み取り、本当のあなたについて客観的にお伝えします。                      詳しくはこちらをご覧ください。⇒ホロスコープリーディングのご案内

☆天使からあなたに今、必要な優しいメッセージをお届けします。                      詳細はこちらをご覧ください。⇒☆エンジェルカードリーディングのご案内

また、新しい一日を与えて下さり、ありがとうございます。今日も素晴らしい一日でありますように。
ヒプノセラピー スピリチュアルライフ

<過去の関連記事>
プレアデスから地球に来たことが幼少期から孤独感を持っていた原因だと気づいたヒプノセラピー ~ヒプノ・ソウルリリーフ 対面セッション&体験談(3)~
プレアデスから月に下見に来て、地球に転生してきたことを幼い自分を通して思い出したヒプノセラピー ~ヒプノ・ソウルリリーフ 対面セッション&体験談(1) ~
プレアデスから"幼い頃の辛い経験は地球の子どもたちが愛を知らないとどのようになるのかを学ぶだめだ"とメッセージを受けたヒプノセラピー ~ヒプノ・ソウルリリーフ 対面セッション&体験談(1)~
幼い自分の思いに繋がる"森の中の学校"の未来ビジョンを体感したヒプノセラピー ~ヒプノ・ソウルリリーフ スカイプセッション&体験談(2)~
"小さくて弱い人たちを護りたい"という幼い自分の思いに気づいたヒプノセラピー ~ヒプノ・ソウルリリーフ スカイプセッション&体験談(1)~

いつも応援ありがとうございます!これからもヒプノセラピーを通じてスピリチュアルな魂の世界を探求していきます!

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフインナーチャイルド癒し魂の解放体験談感想スイスハイヤーセルフ神奈川

comment

Secret

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ