fc2ブログ

新しい人を育てることが今生の目的であり、とても楽しい笑える時代を作ることが魂の目的だと分かったヒプノセラピー ~画家・大竹秀明さんのスピリチュアルアートの世界~

インターネットを通じて、世の中に自分の芸術作品を広め、"豊かさ"と"愛"を受け取るよう、未来の自分からメッセージを受けたヒプノセラピーセッション

ヒプノセラピーにおいて、クライアントの大竹秀明さんは、深い催眠状態のまま、今生と最も関係の深い前世の世界へ導かれました。ヒプノセラピーの中での前世の大竹さんは、白い靴を履き、白い帽子を被り、全身白い衣装を纏い、砂漠の上に立っていました。

ヒプノセラピー スピリチュアルライフ インターネット アート 絵画作品 霊界 ビジョン 前世 豊かさ トルコ
大竹秀明作「ヒプノセラピーでの前世の自画像」

ヒプノセラピーでの彼は、"サバ"という名前の56歳のトルコ人の男性でした。サバはトルコからアフリカに旅している途中で、休憩しているところでした。ヒプノセラピーでの食事の場面では、27歳のサバの側に5歳の女の子がいました。

少女の瞳は、大竹さんが小さい頃から可愛がっていた犬のぬいぐるみの目と同じでした。ヒプノセラピーでの楽しいシーンでは、34歳のサバが広い庭とプールが付いた豪華な邸宅で椅子に座ってくつろいでいる場面でした。彼はタバコ売りのビジネスが成功して裕福な暮らしをしていました。

サバは独身で、5人くらいの子どもたちを養子として育てていました。ヒプノセラピーでの最後の場面は、82歳のサバは庭先に置かれたベッドで横たわっていました。周りは木々の緑と綺麗な花が咲いていました。側には、3人の娘たちが寄り添っていました。

"いい仕事をした"とサバは人生に対して思いました。ヒプノセラピーの中で、"人の愛し方"、"喜び"、"一人ではないこと"というメッセージが大竹さんに降りてきました。ヒプノセラピーでの中間世では、大竹さんは6歳の少年になっていました。"今度はあれだ!"と丸い赤い花を指差して叫んでいました。

ヒプノセラピーの中間世での大竹さんは、その前世での学びは"つながり"、"愛"、"広がり"だと気づきました。課題は、"救われない子どもを引き取り、育て愛を注ぐこと"、"次世代へバトンを渡すこと"だと分かりました。今生の目的は、"人を育てる。新しい人を育てること"。

そして、魂の目的は、"時代を変えること"、"とても楽しい、笑える仲間をつくり、喜びを分かち合う新しい時代を作ること"だと気づきました。
ヒプノセラピーの中で、大竹さんは、前世の自分から仕事やライフワークに関するメッセージを与えられました。

"人はいい、とてもいい。人と関るように、つながっていくように"。"愛という言葉は使うな。でも、表現しなさい!"。私はヒプノセラピーの中で、大竹さんを未来の世界に誘導していきました。未来の大竹さんはヨーロッパのスイスのアトリエで絵を描いていました。

それは今から12年後の豊かな自然の中の大きなアトリエでした。16~17歳くらいの若い女性がアシスタントとして一緒に仕事をしていました。"世界を歩いてビジョンを伝えたい"とヒプノセラピーでの未来の大竹さんは思っていました。彼は霊界や宇宙と交信し、その内容を絵で表現しているようでした。

ヒプノセラピーで1年先の未来では、大竹さんは横浜の広いアトリエに引っ越していました。未来の大竹さんは、インスピレーションに基づき、明るい色を使った輝く絵画作品を創作していました。大竹さんのアートは、インターネットから世の中にどんどん広まっていっていました。

大竹さんはヒプノセラピーの中で、未来の自分からメッセージを贈られました。"ネットに作品を出せ。ネットが一番。すぐに取り掛かれ。躊躇するな。すぐに売れる。今がその時。サポートしている!"。"豊かさがそこにある。愛がそこにある。受け取りなさい!"。

ヒプノセラピーでの大竹さんは、明らかに見えない存在とチャネリングしていました。私は大竹さんをサポートしてるスピリチュアルな存在は誰か訪ねましたが、"まだ言えない"と明らかにされませんでした。そして、ガイドは"見守ってきた。ありがとう!"と最後の言葉を残していきました。

☆「起業のためのブログ講座(1)」(6/27葉山) ~自由に自分を表現し、楽しみながら好きなことを仕事にしていくためのブログ活用法~のご案内New!
☆「第3回スピリチュアルライフセミナー ~夢や願望の実現のための潜在意識下での未来への旅とこれからの生き方についてのお話会~(6/12葉山)」のご案内New!

☆問題解決へ向けた具体的アドバイスを得るためのヒプノセラピー⇒ヒプノ・ソウルカウンセリングのモニター募集のご案内New!
☆マンスリー・ヒプノセラピー⇒ ヒプノ・ソウルパートナー(25%プライスOFF)のご案内New!

☆無料メルマガ「スピリチュアルライフ癒しの風だより」購読の登録受付中!⇒ ☆メルマガ購読・登録New!

☆ヒプノセラピー、ヒプノ・ソウルシリーズをリニューアルしました!詳しくはこちらをご覧ください。⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内New!

☆ホロスコープから人生情報を読み取り、本当のあなたについて客観的にお伝えします。                      詳しくはこちらをご覧ください。⇒ホロスコープリーディングのご案内

☆天使からあなたに今、必要な優しいメッセージをお届けします。                      詳細はこちらをご覧ください。⇒☆エンジェルカードリーディングのご案内

また、新しい一日を与えて下さり、ありがとうございます。今日も素晴らしい一日でありますように。
ヒプノセラピー スピリチュアルライフ

<過去の関連記事>
アンドロメダ星雲の離れた所から忘れてしまった愛を求めて地球に来たと分かったヒプノセラピーセッション ~画家・大竹秀明さんのスピリチュアルアートの世界~
自分のために心象風景を描き続け、新しい時代の幕開けを予見する画家・大竹秀明さんのインタビュー ~大竹秀明さんのスピリチュアルアートの世界~
スピリチュアルなメッセージを感じる絵画作品「乙女の覚醒」 ~葉山芸術祭参加企画の講演会での不思議な出逢い~

いつも応援ありがとうございます!これからもスピリチュアルな癒しと気づきの世界を探求していきます!

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフインターネットアート絵画作品霊界ビジョン前世豊かさトルコ

comment

Secret

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ