fc2ブログ

霊視(シッティング)リーディング ~魂の使命と今生の目的~(3)

過去生についての霊視(シッティング)リーディング
Sitting Reading about Past Lives

まず、直近の過去生について先生に尋ねてみました。

「私の直近の過去生は何でしょうか?」
-「日本の明治時代に、ロシアのサーカスの少年でした。」
「そのときは、どんな人生でしたか?」

-「当時のあなたは、何でも器用にこなすサーカス団の花形少年でした。本当は道化師役を含めた笑いをとる演技をすべきでしたが、あなたはシリアスな路線を選んだのです。」
-「サーカスからマジックの世界へと足を踏み入れて、初代の引田天功がやったような火炎からの脱出劇を行っていたのです。しかし、あるとき脱出に失敗し、大やけどを負って若くして亡くなってしまったのです。」

今生の1つ前の直近の過去生がサーカス団の少年だったということも、初めて聞きました。このときの人生も、本当は笑いがキーワードだったようです。スピリチュアルな世界と笑いとは全くことなるようですが、人間の意識を変えるのは、全ての雰囲気を和やかにする笑いが必要なのでしょう。

続いて、今生から2つ前の過去生について質問しました。

「直近の前の過去生はどんなものだったのですか?」
-「日本の江戸時代、当時の中国の明の国で、教師をしていた女性です。当時、科挙という試験がありましたので、科挙を受ける生徒を教えていました。」

別なセッションなどで自分の過去生について何度か聞いたことがありましたが、自分が女性だった過去生は初めてでした。私の場合は殆どの過去生は男性のようです。男性性と女性性のバランスをとるために、男女の選択をすると言われていますが、私の場合は女性性に偏っていたのかもしれません。

(3)守護霊、守護天使について
次に、私の守護霊と守護天使についての質問に移りました。

「私の守護霊について教えて下さい。」
-「守護霊は、父方のご先祖様です。」
「どんな方ですか?」
-「徳川吉宗の時代に三河漫才をしていた漫才師の男性です。彼の芸風がまた面白いのです。」

「何という名前でしょうか?」
-「くそ太郎です。」
「はあ?」
-「彼の持ち芸は、あんこをうんちの形にして食べるのです。」

これには、たまらず噴出してしまいました。先生も初めは真面目な面持ちで話していましたが、堪えきれずに私と一緒に爆笑してました。それにしても、私の守護霊がお笑い芸人だとは全く予想していませんでした。

「では、そのくそ太郎さんからの私に対するメッセージがあればお願いします。」
-「男は身を投げ出してこそが醍醐味である。恥も外聞もさらけ出して、笑われるのを難しがらずに強くなりなさい。」

守護霊の漫才師の芸やメッセージから、笑いには上品も下品もなく、同じ笑いだということが伝わってきました。スピリチュアルな世界や真理を追究することは、スマートさや賢さが必要と思われがちですが、全ては笑いに行き着くような気もします。きっと、いつも、くそ太郎さんが私に笑いを与えてくれ、導いてきてくれたのでしょう。(つづく)

☆ヒプノセラピー、ヒプノ・ソウルシリーズをリニューアルしました!詳しくはこちらをご覧ください。⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内New!

☆ホロスコープから人生情報を読み取り、本当のあなたについて客観的にお伝えします。                      詳しくはこちらをご覧ください。⇒ホロスコープリーディングのご案内

☆天使からあなたに今、必要な優しいメッセージをお届けします。                      詳細はこちらをご覧ください。⇒☆エンジェルカードリーディングのご案内

また、新しい一日を与えて下さり、ありがとうございます。今日も素晴らしい一日でありますように。
ヒプノセラピー スピリチュアルライフ

<過去の関連記事>
霊視リーディング ~魂の使命と今生の目的~(1)
霊視リーディング ~魂の使命と今生の目的~(2)
ヒーリング整体
スピリチュアルカウンセリング 1
セドナでのリーディングセッション

いつも応援ありがとうございます!これからも興味深いスピリチュアルな癒しを探求していきます!

theme : 自己探求
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルライフ霊視シッティングリーディング前世使命神奈川

comment

Secret

No title

くそ太郎さんの芸の話よりも、
その名前におかしくておかしくて・・・今日夢にでてきそうです(爆)

くそ太郎さんについて、丁寧な語り口で締めくくっているArchangelさんのセンスもGOODです♪

No title

ぴよたんさん、こんばんは。

「くそ太郎」と聞いたとき、どこまで本当なのか、分かりませんでした。でも、笑いは大切ですね。

くそ太郎さんまでは行かないですが、ユーモアのある内容で、笑いを誘う記事を意識して書いていきたいですね。

これからもご愛読よろしくお願いします。

No title

名前もわかるんですね

信憑性があって続きを楽しみにしてます~♪

No title

同意!

くそ太郎!その芸!

大笑いしてしまいました。

過去生って世界中を旅しているのですね。

No title

ムーンさん、こんばんは。

受け狙いかと思うような名前なので、逆に説得力がありますね。
本当にくそ太郎さんがいつもついてくれていると思うと
いつも笑顔になれます。

次回もご期待くださいね。

No title

ウランさん、初めまして!

くそ太郎は名前だけで笑いを取れますね。
笑いがキーワードということなので、いつも笑顔で周りを
和ますような笑いを意識しています。

過去生では世界中あるいは宇宙までもがその範囲です。
体験することで魂の成長になるのですね。

No title

思わずおかしくなってニヤけてしまいました^^
でも、笑いがすご~~~く大事なことだってわかります!

私の一番すきなことわざは 笑う門には福来たる です。

辛いつらい経験から学んだ真実だから^^

お笑い万歳!!(●^o^●)

No title

プリズムさん、こんばんは。
私も守護霊がお笑い芸人の方だとは思いもよりませんでした。

どんな笑いでも笑いは笑いですね。
人のエネルギーを高めて、周りをハッピーにする最高の処方箋
なのでしょう。

いつも楽しく笑っていたいですね。

No title

この日記も最高です!くそ太郎さま ありがとうございます!本当に♪(笑)おかげさまでさらにハッピーになりましたよ。

No title

思わず笑ってしまいますね。
くそ太郎さんにはとても感謝しています。ありがとうございます。
スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ