fc2ブログ

霊視(シッティング)リーディング ~魂の使命と今生の目的~(4)

守護霊、守護天使についての霊視(シッティング)リーディング
Sitting Reading about Guardian Spirits and Angels

次に、私の守護天使について聞いてみました。

「私の守護天使はどんな方ですか?」
-「ギリシャ神話の芸術を司る女神ミューズです。」
「どんな感じの方ですか?」
-「とても美しい理知的な女性です。」

「名前は分かりますか?」
-「う~ん、フロンです。」
-「一般的な守護天使ですね。」
「守護天使からのメッセージはありますか?」
-「はい。『美しく生きなさい。守り追われない、スマートな生き方をしなさい。』と伝えてきています。」

守護霊が漫才師くそ太郎、守護天使がギリシャの女神フロン。スピリチュアルな世界といえども、何か対極の2人のようにも思えます。求めるものは、笑いと美しさです。ミスマッチのようでも、逆にいい組合せなのかもしれません。先生も「バランスがとれてちょうどいいのでしょうね。」とコメントしていました。

ここで、この2人がセドナでワンダさんがリーディングしたときのガイドと非常に似ていることに気がつきました。一人はテラという名前のギリシャの女神様で錬金術の先生、もう一人はブーブーという名前のチベットで超能力の先生だった男性ということでした。

テラはとても美しく、真面目な性格でスピリチュアル的には正統派の女神様ですが、ブーブーは非常にひょうきんで笑いを誘うキャラクターということでした。たぶん、今回の守護霊と守護天使はセドナのときの2人のガイドスピリットと同じだと感じています。

「今の私にとって、守護霊と守護天使ではどちらの影響が大きいですか?」
-「守護天使ですね。」

以前、テラとは瞑想中によくコンタクとしていましたので、彼女の美しく煌びやかな姿は分かっていました。お笑い路線のベースもあるのかもしれませんが、今まではスマートな生き方をしてきたと思いますので、やはり、女神様の方が力関係が強いのだなと納得しました。

(4)仕事、ライフワークについて
続いて、これからの仕事やライフワークについての質問をしました。

「これから、本格的にセラピスト活動をする予定ですが、何かアドバイスがあれば
お願いします。」
-「セラピストとしての活動はまだ早いですね。」
-「まだ、前の会社を辞めて1年ちょっとでしょう。まだまだ、いろいろな経験が必要です。」

「現在、ブログを始めていますが、これはどうでしょうか?」
-「シリアスな方向ではないですよ。あなたには、つかみが大切なのです。」
-「ブログには挿絵が必要です。あなたの顔を面白おかしく動物の顔にして、それをキャラクターにすると良いです。」

「それは、誰が言っているのですか?」
-「もう分かるでしょう。彼は言いたいことが沢山あるようです。」
「くそ太郎さんですね。」

守護霊は私にお笑い路線に進むようしきりにアドバイスしてきました。多分、今まではずっと守護天使の女神の考えに沿ってきたことにやきもきしていたのでしょう。笑いととる動物の顔のシンボルは難しいとしても、笑いをキーワドとして、コンテンツの中に何か工夫できないか検討しようと思っています。(つづく)

☆ヒプノセラピー、ヒプノ・ソウルシリーズをリニューアルしました!詳しくはこちらをご覧ください。⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内New!

☆ホロスコープから人生情報を読み取り、本当のあなたについて客観的にお伝えします。                      詳しくはこちらをご覧ください。⇒ホロスコープリーディングのご案内

☆天使からあなたに今、必要な優しいメッセージをお届けします。                      詳細はこちらをご覧ください。⇒☆エンジェルカードリーディングのご案内

また、新しい一日を与えて下さり、ありがとうございます。今日も素晴らしい一日でありますように。
ヒプノセラピー スピリチュアルライフ

<過去の関連記事>
霊視リーディング ~魂の使命と今生の目的~(1)
霊視リーディング ~魂の使命と今生の目的~(2)
霊視リーディング ~魂の使命と今生の目的~(3)
ヒーリング整体
セドナでのリーディングセッション

いつも応援ありがとうございます!これからもスピリチュアルな癒しと気づきの世界を探求していきます!

theme : 自己探求
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアル霊視シッティングリーディング守護霊守護天使神奈川

comment

Secret

No title

切ない片思い中です。

彼が、振り向いてくれません。彼のことでは、
喜びよりも悲しむことが多かった毎日。。。
そんな私は、彼に「笑顔」で接してなかったのかも。

「笑う」って大切ですよね。

このブログのArchangelさんの守護霊が
「くそ太郎」だと、その名前を目にしたとき、
「プフ・・・」って思わず笑ってしまいました。

笑顔を私にくれるブログです。
「笑い」が使命のArchangelさん。
これからも、目一杯私に「笑い」をくださいね。

彼が振り向いてくれるように「笑い」を大切にがんばりま~す♪




No title

ミューズは一人ではなくて複数いて、知性を司る女神たちですよね!

過去生って性別関係ないんですね!

No title

よしこさん、こんばんは。

いつも笑顔でいたいですね。
自分も笑い、周りも笑顔で満たされれば、きっと世界が変わります。

笑いは全てを良くして、人生を好転させる源なのかもしれません。
スピリチュアルな世界は笑いが終着点のように感じます。

よしこさんの笑顔が彼を振り向かせることができますように・・。

No title

ウランさん、こんばんは。

女神ミューズは音楽や詩を司っていたみたいですね。
それと9人姉妹のようです。

そのうちの一人がフロンだったのでしょう。
きっと目を見張るような美人なのでしょうね。

No title

くそ太郎さんは Archangelを大切に思っているのでしょう。ご自分と(くそ太郎さん) 笑いの精神を一緒に広めて 笑いの伝道師になって欲しいのでしょう。(^-^)

No title

私はいつももう一人のガイドの言うことを聞いてきましたので、
くそ太郎さんには少し悪い気がします。何しろ女神とお笑い芸人ですから、違いすぎます。美しいなかにも誰もが自然に微笑む笑いを追及したいですね。
スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ