fc2ブログ

神楽坂のセルフヒーリングについてのスピリチュアルなワークショップ

神楽坂のセルフヒーリングについてのスピリチュアルなワークショップ

昨年、セルフヒーリングのワークショップに参加したことがあります。主催者の先生は私が新しい人生を歩み始めて、初めて出会ったヒーラーで、スピリチュアルな聖地、パワースポットのセドナへの旅のきっかけを作ってくれた方でもあります。 以前、受けたオーラヒーリングの際には、大天使ウリエルが見守ってくれていることや浄化のために大天使ザドキエルが側に居てくれていることも、分かりました。

場所は神楽坂のセッションルームでした。神楽坂には何度か訪れたことがありましたが、初めて来たときから、とてもいいエネルギーを感じて、お気に入りの場所でした。地下鉄の階段を上がって、地上に出てみると、とても心地よい感じがしました。少し時間があったので、赤城神社にお参りしてから、セッションルームに向かいました。

参加者は私と同世代と思われる女性の2名でした。最初に、椅子に座った状態で、基礎編セルフヒーリングのやり方を確認をして、その応用として大地と宇宙のエネルギーを身体の中で循環させて自分をヒーリングする方法を教わりました。

最初に、頭の中心に居心地の良い部屋を意識するセンタリング、地球の中心とつながるグラウンディング、オーラの引き寄せと不必要な感情や思いをバラの花に入れて爆破する解放をします。 スピリチュアルなヒーリングの場合、すべて頭の中に具体的な映像を描くイメージングを使います。

その後に、宇宙からのエネルギーを頭頂にあるクラウンチャクラから背骨を通して尾骨のルートチャクラまで流し、またクラウンチャクラまで戻して、噴水のように放出させます。大地のエネルギーを足の裏から身体に上昇させて、宇宙のエネルギーと融合させて、身体の中で循環させます。

確かに、これを実践しているととても気持ちが良くなり、眠くなる感じがしました。通常はヒーラの方などの誘導による瞑想ですが、自分で行う場合は、事前にテープなどにやり方を録音しておく必要があります。 手順を覚えていれば、自分だけでのセルフヒーリングとして活用できます。

セルフヒーリングの有効性を客観的な数値でいうと、1年間、毎日、1時間のヒーリングを行うことで、過去生の1万年分で蓄積した不必要なエネルギーを解放できるということでした。これを聞くと、自分自身のヒーリングには膨大な時間がかかるのだなと思います。

一般的な人の場合は、2万回くらい転生していると言われていますので、寿命を50年としても過去生からで100万年分ということになります。これで終わりという最終地点は無いにしても、余分な思いや感情がとれていくので、自分が変わり、自分を取り巻く環境が好転していくということでしす。

次に、引き寄せの法則の利用ということで、オーラの外側に自分の願いや望むものを書いた紙を張るという練習をしました。普通は部屋の壁などに願い事を書いた紙を貼ったりしますが、オーラに貼り付けると自分自身に引き寄せることになり、強力になるそうです。

最後に、場所の浄化方法を教えてもらいました。通常、部屋とかの浄化は、お塩やセージの葉を使ったりしますが、何も道具を必要としないで、浄化するというのです。対象とする場所をイメージして、四隅と中心からグラウンディングコードを地球の核まで伸ばします。

そして、デッサン画のようにカラーの色彩がとれてモノクロのイメージをして、宇宙から黄金のエネルギーが降り注ぐ光景を思い描くというものです。実際に、参加者2名でその場の浄化を交互にやってみました。 私がセラピスト役のとき、頭部に暖かい感じが伝わってきましたので、高次のエネルギーだと分かりました。女性の参加者の方も波動が上がったのを感じたようです。この方法は、とても簡単で、遠隔でもできるそうです。

先生が実体験を話してくれました。ある夜、自宅で寝ていると光が入ってきたのを感じ、これは変なものだと思い、寝ぼけ眼で、宇宙エネルギーの浄化を行ったところ、その光は消えてしまったということです。恐らく、低級霊がいたずらするために入ってきたようですが、高次のエネルギーを入れたために居られなくなったということです。

日常生活において、毎日、不安や恐れなどネガティブな感情を手放すことは、自分をニュートラルにして、ポジティブな心を構築していく上で、とても大切なことです。人も場所もすべて自分ひとりで浄化と癒やしを施せるセルフヒーリングは、これから時代のスピリチュアルヒーリングの主流になっていくと思います。

☆ヒプノセラピー、ヒプノ・ソウルシリーズをリニューアルしました!詳しくはこちらをご覧ください。⇒☆ヒプノセラピーセッションのご案内New!

☆ホロスコープから人生情報を読み取り、本当のあなたについて客観的にお伝えします。                      詳しくはこちらをご覧ください。⇒ホロスコープリーディングのご案内

☆天使からあなたに今、必要な優しいメッセージをお届けします。                      詳細はこちらをご覧ください。⇒☆エンジェルカードリーディングのご案内

また、新しい一日を与えて下さり、ありがとうございます。今日も素晴らしい一日でありますように。
ヒプノセラピー スピリチュアルライフ

<過去の関連記事>
ワークショップ
陰陽五行と野口整体 (1)
陰陽五行と野口整体(2)
エネルギーワーク

いつも応援ありがとうございます!これからも興味深いスピリチュアルな癒しと気づきを探求していきます!

theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : ヒプノセラピースピリチュアルワークショップセルフヒーリング神楽坂神奈川

comment

Secret

おめでとうございます!

Archangelさん、お誕生日おめでとうございます。

壮大な使命へのスタートとなる記念すべき一年になりそうですね。ブログでの報告、楽しみにしています。

新しい目標に熱心になりすぎて、
テニスへの情熱をどうぞなくさないでくださいね。Archangelさんを頼りにしているパートナーのこともお忘れなく!

ハグオより

ありがとうございます。

ハグオさん、こんばんは。
誕生日のお祝いメッセージありがとうございます。

ハグオさんをはじめ、沢山の友人や知人の方から温かい祝福の
言葉を頂き、とても嬉しく思っています。
素晴らしい方たちとご縁を頂いて本当に感謝しています。

今年は大きな変化の年になると思います。
本当の私の本当の人生の本番になる年だと感じます。
テニスも人生も楽しみながら大きな歴史を残したいですね。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

スピリチュアルライフ
ヒプノセラピーサロン「スピリチュアルライフ 統合ヒプノヒーリング 新生輝きのブログ」へのご訪問、ありがとうございます。

12年間セラピスト活動を行ってきた葉山を卒業し、豊かな自然の札幌で新しい人生のステップを踏み出しました。

日本は闇から光に向かう大きな変化を迎えています。皆さまが輝きを取り戻すために真実の光をお伝えしていきます。
統合ヒプノヒーリング
統合ヒプノヒーリングは、クライアントの方の魂が本来の輝きを取戻すためのヒプノセラピーをベースにした新しいセラピーです。

ヒプノセラピーと祈りのヒーリングを組合わせています。ヒプノセラピーで魂と対話し、純粋に祈ることで源の光を降ろし、闇を光に統合していきます。

地球の闇の基盤は「分離と支配」です。分離された闇を光に統合し本来の姿に戻ります。今は魂の修行の闇を卒業し、魂の喜びの光を味わう時です。

15年のヒプノセラピーのセラピスト経験と土地の封印解除を実践してきた11年のライトワーカー経験を統合した形の個人セッションです。

統合ヒプノヒーリングは、闇から光に移行するヒプノセラピーとヒーリングの集大成です。皆さまにとって、本来の輝きを取り戻す一助となれば幸いです。
セッションメニュー
自分の中の闇を光に統合し本来の輝く姿になるために、統合ヒプノヒーリングセッション各種メニューをご用意しております。

各種講座のご案内
輝く地球・光の講座(レベル1~3、フォローアップ)、ヒプノセラピスト養成講座、お話会の少人数制の講座は受講希望の方のご要望に応じて開催いたします。
お申込み & お問合せ先
スピリチュアルライフ

携帯:080-5065-0126
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp

お名前を明記の上、お気軽にお問い合わせください。
プロフィール

Archangel2012

Author:Archangel2012
岩本義明(いわもとよしあき)

・スピリチュアルライター
・ヒプノセラピスト
・ヒーラー
プロフィール詳細

カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
輝く地球・光の講座(L2)
純粋な祈りで光を降ろすワークのポイントをお伝えします。お一人ずつ簡易ヒプノセラピーと光のヒーリングのセッションも行います。
輝く地球・光の講座(FL)
ヒプノセラピスト養成講座
自分との対話を通じて本質への回帰と覚醒のためのヒプノセラピーを総合的に学ぶ少人数制のヒプノセラピスト養成講座です。
セルフアウェアネス
忘れていた自分を思い出すためのセッションです。生まれた環境や人生の経験には自分を知るヒントがあります。ヒントをベースにネット情報とヒプノセラピー・ヒーリングを織り交ぜて過去世を紐解いていきます。
rumble動画のご案内
Ayako Yamamotoさん企画制作のrumbleチャネル「グリーンラ」の動画「自分を知るために何をするのか」です。皆さまにとって自分を探求するための手がかりになれば幸いです。
メールフォーム
お名前を明記の上、お申込みやご質問などにお使いください。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ